「現状維持の人生は 干からびる」私が起業しシゴトをやる理由

▼画像クリックで小冊子プレゼント!
地方だから勝てるオリジナルビジネスの創り方

地方発オンライン女性起業の専門家
ライフデザインナビゲーターの
くましろみのりです。

8月ももう半ばですね!

8月初日の早朝は
全国各地の起業家30人が
オンラインで集結し、

特別なプロジェクトに向けての
キックオフミーティングを
実施しました!

そのミーティングの場では
ちょうど1年前に私が
100人以上の起業家の前で
プレゼンした発表動画が流れました。

発表している地方女性起業家

 

20分ほどのプレゼンの中で
1年前の私が話したことは

「私がシゴトをやる理由」。

今回あらためて見返してみても
同じことが言える
と感じたので、ご紹介しますね!

「現状維持の人生は 干からびる」これが、私のシゴトをやる理由!

1年たった今、
改めて発表内容を見返してみても
同じことが言えます。

私がシゴトをやる理由、
それは

現状維持の人生は
干からびるから。

私は今年で40歳の
節目を迎えるのですが

これまでの人生を
何度振り返ってみても自分が

なんだか停滞しているな・・・
人生が、毎日がつまらない・・・
朝、起きるのがしんどい・・・

と思うときはいつだって
現状維持に甘んじて
受け身のスタンスで生きている
時だったんです。

今の自分の生き方、働き方、
最高とは言えないし不満もあるけど
そこそこ悪くはないし
まあ、こんなもんでしょ。

と、自分の人生をなんとか
肯定して今の現状で
満足しようと試みて

だけど心の奥底では!
「いや、本当はもっと何か
できるんじゃないの?私」
と問いかけてる。

そんな相反する感情を持ちながら
いつもと変わらない日常を過ごす
日々は
私に強烈な停滞感をもたらしました。

起業は挑戦し成長を続けることで、自分も周りも豊かに幸せにできる世界

毎日がつまらない・・・
朝、起きるのもめんどくさい・・・

そんな停滞の極みのような状況から
脱出するための苦肉の策として
始めたことが

未知の世界に挑戦すること

だったんです。

今でこそ
「あれもしたい!」
「これもしたい!」と
たくさんの夢を持っている私ですが

最初は夢なんて明確なものは
持っていませんでした。

とにかく

「この退屈で停滞感に満ちた
人生をとにかく変えたい!」

「このまま人として
干からびたまま
一生を終えるのは嫌だ!」

という一心で、
正社員という
一見安定してみえる道を手放して
起業への一歩を踏み出し、

その後も何度も何度も
新しい世界への挑戦、

「できない」を「出来た!」に
変える挑戦を続けてきたんです。

「起業」という道は
現状維持とは正反対で

常に挑戦し変化成長を
続ける人こそが選ばれて
自分も周りも
豊かに幸せにできる世界です。

だからこそ、良かった。

変化することや
新しいことに挑戦することって
怖いじゃないですか?

できれば怖いことは避けたい、
それが人間の「本能」
というものですよね。

だけどそれでも「えいや!」
と勇気を出して
起業の世界に飛び込んでみたら

周りの人も自分と同じように
「怖さ」と直面しながらも
えいやっ!と挑戦を続けることで
人生を大きく変えてきた人たち
ばかりだったんです。

 

※私の起業ストーリーにご興味もっていただけたら
▼こちらもぜひご覧くださいね▼
地方在住2児の母が起業して2年。働き方と生き方はどう変わったのか?

 

周りに同じように挑戦を続けている人たちが
いるということは
私にとってとても大きな
勇気になりましたし、

仲間の挑戦する姿に
刺激を受けることで
怖くても新たな挑戦を続ける覚悟を
育てることが出来ました。

そして変化する怖さから逃げずに
日々挑戦することを自分自身の
行動指針とすることで

自分自身の人生も
関わる門下生の人生も
驚くほどに変わっていったんです。

1年前の自分と今の自分を比べると
ビジネスの成果も、年収も
ライフスタイルの自由度も
格段に大きく成長しています。

だけど1年前の自分から発せられた
力強いメッセージに
私は改めて勇気をもらいました。

現状維持の人生は干からびる。

 

あなたも「もっと何かできるはず」と思っているなら、それが挑戦のタイミングです!

あなたがもし、
「最近の自分は停滞しているな…」
と感じていたとしたら

それは今の自分の当たり前から
抜け出すタイミングがきているという
サインです^ ^

きっと今の状況に満足しようと
思いながらも

心のどこかでは
「もっと何かできるんじゃないか」
と思っているのではないでしょうか?

あなたの
その想いは勘違いではなく真実です。

今、感じている停滞感は
自分の未来の可能性に対する
期待感の裏返し。

かの有名な
ヘレン・ケラーは言いました。

「人生はどちらかです。
勇気を持って進むか、
棒にふるか」

私も、言いたい。

今の変化のタイミングを逃さずに
新しい世界に挑戦できる人こそが

停滞感を軽く飛び越えて
自分の人生を自分で自由に
デザインできる人になる!

停滞感を感じているなら
それに人生ごと
飲み込まれてしまう前に

変化成長できる挑戦の場に
自分を連れて行ってあげましょうね!

個別相談の募集など、最新情報はメルマガで配信しています!
下のフォームからご登録ください^^

コメント