実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

「悔しい」という感情の中にあるもの。

スポンサーリンク

女性が後悔しない人生を歩むために、
描いた「ビジョン」の実現をサポートする


ライフデザインナビゲーターの
みのりです。

 

我が家には小1の娘と、年少さんの息子がいます。

もうすぐ4歳になる息子は最近、

テレビを見ていても
自分よりちょっと上のお兄さんキャラが
気になっている様子。


先日、
子ども達と一緒に車に乗っている時に、


息子がおもむろにこんなことを聞いてきました。

唐突すぎる、3歳息子のビックリな質問

「ねえねえ、おかあさん?

カツオ(@サザエさん)ときり丸(@忍たま乱太郎)と
◯◯(息子の名前)やったら、


一番お兄ちゃんなの、
息子よね!?」

 

あまりにも唐突すぎるその質問に、


(え? いきなり、なにその質問?

そしてなぜに、
比較対象がアニメキャラ??


と驚いて、
一瞬答えにつまったわたしの代わりに…


小1の娘がすかさずこう言い放ちました。

 

「ぜんっぜんちがうよ!!

お兄ちゃんなのは、

カツオ、きり丸、◯◯(息子)の順番!!


◯◯(息子)は
一番小さい子!!!


娘のその容赦ない一言を聞いて、

息子はまるで石になったかのように数秒間硬直し…

 

その後いきなり…

 

うわ~~~~ん(TOT)!!!

と、号泣…。


確かに…、後でGoogleさんで調べてみても、

かつお→11歳
きり丸→10歳

という結果でした。

(このたった1歳の差を勘で見極わめる娘もすごい…笑)


そして我が家の息子は、3歳…


アニメキャラといえど、
仕草や話しぶりから
明らかな年齢差があるのにも関わらず、

 

そのお兄ちゃんたちに負けたことが
そんなに悔しいの・・・・??


と、わたしは正直
ビックリしてしまったのですが…

 

「悔しい」という感情は、「なりたい未来」の宝箱

f:id:ookiminori:20180904125103j:plain

 実は最近の息子の口癖は、


「〇〇(息子の名前)、

お兄ちゃんやろ♪」

なのです。


お兄ちゃんであること。
誰よりも大きくなること。


これは同じ保育園の年長さんや、

同じクラスの春生まれの
少し大きな友達に憧れている、

秋生まれの今の息子にとって、


何よりも大事にしたい
自分自身のアイデンティティであり、

大切なビジョンだったのですね。


だからそれを姉にサクッと
否定されてしまったことや
(明らかにそれが正解だったとしても…)


自分が「小さい子認定」
されてしまったことに対して、


心から悔しがって、
周りもビックリしてしまうほど
大粒の涙を流していたのでした。


母としては、息子には申し訳ないけれど

「息子めっちゃ可愛いな~♡
めっちゃ純粋だな~♡」


と親バカ炸裂で
萌えてしまったのですけどね(笑)

 

…で、ですね。


こういうことって、子どもだけでなくて、

大人にもあることなんじゃないかな~
と思うのです。


普段はそんなに意識していなくても…

何かのふとしたきっかけで


「なんか悔しい!!!」

と猛烈に思ってしまったこと、
あなたにもありませんか?


どんなささいなことでもいいので、
そういう経験が最近なかったか、
ちょっと振り返ってみてください。

 

その「悔しい」という感情の中に…

あなた自身の「こうあるべき」という
アイデンティティや、

 

「こうありたい」というビジョン
隠れていますよ~。


そう、一見ネガティブにも思える
「悔しい!」という感情は、

 

自分の「なりたい未来」が
詰まっている宝箱

でもあるんですよね。

 

「悔しい」気持ちの代わりに出てきがちな態度とは?

とはいえ我が家の息子のように

「自分は何にでもなれる!」と信じて
常に本音だけで生きている子どもと違って…


育ってきた環境の中で
自分で作り出してしまった制限や
色んな建前の中で生きている大人たちは


「悔しい!」という感情を持つこと自体を
制限してしまう人も多いので…

 

「悔しい気持ち」に気づかないふりしている人

も多いのではないかな~


と思います。


そしてその「悔しい気持ち」の代わりに
よく出てきがちなのは…


「何かの出来事に対して、
斜めに構えて見てしまう」
ということ。


こういうの、
わたしにももちろんあるのですが…(笑)


あなたにも、身に覚えありませんか?

 

誰かが何かを楽しそうにしてるのをみて…

「ふーん…それで?」

なんて風に(笑)


なんだかやけに冷たくイジワルな目線で
見てしまいたくなるもの、こと、場面。


そんな出来事の中に、もしかするとあなたの

「なりたい未来」

というお宝ビジョンが隠されているかもしれません。


我が家の息子が

「だれよりも大きい、お兄ちゃんになる!!」


というビジョンを
特大の悔し涙で表現したように…


あなたもここ最近、もしくは数年の間に

「悔しい!」と思ったことがないか、


またはなんだか
「斜めに構えて見てしまうもの」はないか、


よかったら振り返ってみてください(*^^*)


そして次回のブログでは、

わたし自身が
「めっちゃ、悔しい!!」と思ったことと、


悔しい!の代わりに
「斜めに構えて見てたこと」
についてお話しますね♪