「私、月商7桁も稼がなくていいんです」という人が知らない起業の真実

マインド
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
起業家として継続してビジネスを成長させたいと思ったら月商30万では継続不可能。月商が全て生活費に回せる訳ではありません。
月商7桁を目指して始めることは決して強欲でも贅沢でも高望みでも夢物語でもなく起業家として当然目指すべき数字です。

自分のビジネスで月にいくらの収入を得たいか

突然ですがあなたは自分のビジネスで月にいくらの収入を得たいですか?

なぜいきなりこの質問をしたのかというと

ビジネスを始めて間もない方や
数万〜10万円くらいの月商の方の多くが
次の目標として掲げるのが月商30万〜50万だからです。

ですが私は自身の個別相談にお越し下さった方に

「女性起業家として着実に成長して長く続けていきたいのならまずは月商100万を目指しましょう」
というお話をします。

その一つの理由としては、ちょっと頑張れば届く目標ではなく

「ぶっ飛んだ目標」を立てることでより大きな成果をあげられる

ということもあるのですが、

実はもう一つ、ある重要な理由があるんです。

月商30万ではビジネスは継続不可能

メルマガの読者さんや個別相談にお越しになる方の中には

「私は月商100万円も望んでいない」
「月商30万くらい稼げればいいんです」

という方もいらっしゃるのですが…

私自身の起業経験と今まで100名以上の女性起業家さんの相談に乗ってきた経験から分かったことは

会社員や雇われる側ではなく、

起業家として継続してビジネスを成長させたいと思ったら
月商30万では継続不可能だということなんです。

雇用されている側からしたらもらえるお給料は全て自分が自由に使えるお金になりますが

起業家にとっては月商が全て生活費に回せる訳ではありません。

体験会の経費や起業家仲間との交際費、交通費ビジネスをブラッシュアップさせるための自己投資、etc…

30万の月商から経費が引かれていき20万残ったとしてもそこから税金がさらに引かれます。

なので会社員と同じような感覚で月商30万円を目指していたら、
「パートをやっていた方がまし!」
という状況になってしまい、起業を続けるのを諦め廃業してしまうのです。

月商7桁は起業したら当然目指すべき数字

実際に起業をしたもののこの状況に陥ってしまい、

起業を続けられずに諦めていく女性がほとんどなのが今の日本の現状です。

だから時間と場所に縛られて働くのではなく

本気で起業を継続させて感動体験もしながら貯蓄もしっかりとして

豊かで自由な起業&ライフスタイルを実現させたいと思うのであれば

そしてそれによってシゴトも家族も夢への挑戦もすべて諦めずに叶える生き方を叶えたいと思うのであれば

まずは月商30万、50万…

ではなく最初から

年商であれば1000万、月商であれば7桁
を目指して始めることは

決して強欲でも贅沢でも高望みでも夢物語でもなく

起業家として当然目指すべき数字なんです!

月商7桁の安定収入があるとどうなるのか?

この事実を認識した上でもまだ「まずは会社員くらい稼げればいい」と思っていると

起業した途端に、または起業を続ければ続けるほどワーキングプアに陥ってしまうので

特に会社員生活が長い方はお金に対する当たり前をアップデートすることをオススメします。

そして、じゃあ月商7桁の安定収入があると何が変わるのか、というのを

元、月商10万円(経費税金引くと真っ赤な赤字です)
のなんちゃって起業家だった私が自分自身の経験から一部お話すると…

お金に対する不安なく毎日を健やかに過ごすことができます

月商10万時代は毎月支払いに怯えていましたし、
残高が減っていく通帳を見ては不安ばかりを募らせてイライラし夫にもよく当たっていました。

今はお金の不安がなくなったことで
シゴトや家族などその時々のやりたいことに思いっきり集中し味わえるようになりました^ ^

これまでずっと我慢していた”本当はやってみたかったこと”に自己投資できます

私の場合は、旅、旅、旅!
コロナ前の2019年は国内も海外も含めて1年で30回以上飛行機に乗りました。

コロナが始まってからも月の1/3ホテル泊、読みたい本を大人買い、ダイビング挑戦、など

旅と新しい体験、人との人生の会話で毎回自分の当たり前が大きく変わる経験をしています^ ^

家族のあり方が変わります

我が家は夫が専業主夫になったことで、
お互いに感謝とリスペクトをしあえるようになり

結婚10年にして今が一番仲が良いです。

家族の人生の選択肢を増やせます

子どもたちが伸び伸びと暮らせる街や庭付き一軒家への引っ越し、

子どもの習い事サポートも夫が主夫なのでバッチリ!

子ども達の未来の可能性と感性を育む
感動体験にも惜しみなくお金を使います!

月商7桁で体験できた涙が出るほどの感動

もちろん起業する前、会社員時代に月収24万円のお給料をもらっていた時代も、
そこそこ普通に生活はできていました。

だけどそれは「使える範囲内でできること」だけをやっていたから。

何を買うのもコスパ重視だったし自分が好きなものにお金を使うなんて発想もありませんでした。

海外旅行なんて20代の頃に行ったきり、10年以上前の話でパスポートなんてとっくに切れてた。

そんな私が3年半前に今の起業で月商7桁の収入を得られるようになって

パスポートを作り直し、小さな子ども達を夫に託してハワイに起業家合宿に行った時。

海辺のレストランで水平線に沈むダイナミックな夕日をみて思わず涙が出るほど感動し

家族や自分の関わる人にもこの感動を手渡したい!!!
と強く強く思ったんです。

月商7桁を手に入れる女性をもっと増やしたい

それから私は心踊ること、感動することにもっともっとお金を使いたい!
ワクワクするお金を循環させる人になりたい!

と思うようになりましたし

「夢を叶える道具」として豊かさを手に入れる女性をもっと増やしたい!

という想いで門下生のビジネスプロデュースと月商7桁到達のナビゲートをしてきました。

この経験や当たり前の変化は会社員時代のお給料では絶対に体験できなかったことです。

知らないことはイメージできない。

だからこそ、今の自分の当たり前ではなくてもこんな世界があるんだということを

もっと多くの女性に知ってほしいなと思います。

本当に叶えたい夢を叶えるために

月商7桁は決して高望みな数字でも夢物語な数字でもなんでもなく

女性が起業で夢を叶えたいと思うなら

シゴトも家族も夢への挑戦もぜんぶ叶えたいと思うなら

当然目指すべき数字です。

「私はそんなに稼がなくていいんです」

という女性よりも

自分と家族と関わる人の夢を叶えるために月商7桁を目指したい!

という方がご相談に来られると
私もがぜん張りきってその方の想いを叶えるためのご提案をさせていただきます^ ^

月商100万円、月商7桁という数字だけをみて

今の自分の当たり前や自分の周りにいる人の常識を基準に

「そんなの無理でしょ」とか「怪しい・・・」とはなからジャッジするのではなく

自分の本当に叶えたい夢を叶えるために「お金という道具」がどれくらいあるといいのか?

を考えた上で目標を立てて動いていきましょうね!

▼起業で夢を叶える!メールマガジン▼
【今だけ無料特典】
月商7桁を安定させて家族時間を生み出す
オンリーワンビジネス個別相談会
マインド
Life Design Flag