実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

あなたのビジョンの実現を邪魔する、「最大の敵」とは?

スポンサーリンク

ライフデザインナビゲーターのみのりです。

もっと自分らしく生きたい!

もっと自由に、自分の好きなことをして
毎日をワクワクしながら過ごしたい!

 

そんな風にあなたが思ったとき。

そのビジョンの実現を邪魔する最大の敵、
いわゆる「ドリームキラー」は
誰だと思いますか?

「そんなの無理だよ」

「夢物語だ」

「もっと現実を見ろ」

と言ってくる、
親やパートナー、友人や同僚たち。

もちろん彼らもあなたにとっての
ドリームキラーです。

だけど実はもっともっと身近なところに、
あなたにとっての最大の敵がいるのです。

自分にとっての最大の敵は、自分

f:id:ookiminori:20180818060001j:plain

実は自分のビジョンを叶える上で、
一番の敵になるのは「自分」です。

わたし達が生まれて今この瞬間まで、
誰よりも一番長く一緒にいるのは…
「自分」、ですよね?

そんな「自分」であるわたし達は一般的に
生まれてから二十歳になるまでの間に、

周りからの否定的な言葉を
10万回以上も聞いて育つ
といいます。

「ダメだ」

「あなたには無理よ」

「それはしちゃダメ」

「君には向いていない」

「なんでこんなこともできないの」…

大人になるまでの間に、それだけの数
自分に対する否定的な言葉を聞いて育ったら、

当たり前ですが、
それが自分自身を見る上での
基準になってしまいます。

むしろ自分に対して
常にポジティブな見方をできている方が
不思議ですよね。

だからどんなに見かけは
ポジティブに見える人でも…

実は自分でも気づかないうちに、日常的に
自分に対して否定的な言葉を投げかけていることが
多いのです。

「わたしには無理だ、できるわけがない」

「夢なんてかなうハズがない」

「自分にはなにも変えられない」


他人に言われる以上に、
毎日24時間ずーーーーっとそばにいる
自分自身から言われ続ける否定的な言葉は

あなたに「それが真実だ」と
完璧に思い込ませるのに

十分すぎるほどの威力を持っています。

 

さらにこの世界は、
「自分の考えていることが現実化する」
ようにつくられています。

 
「思考は現実化する」、ですね。

だから自分が「真実だ」と思い込んだ
自分への否定的な見方を

親やパートナー、友人や同僚たちなど
自分以外の他人の口を通してさらに耳にすることで、

「ほらね、これはやっぱり真実だ」

「やっぱり私には無理なんだ」と…

その思い込みを
より硬く強いものにしていってしまうのです。

 

だから、
自分のビジョンを叶えたいと思った時に
あなたにとって一番の敵となるのは…

他の誰でもない、
「あなた自身」
なんですね。



ん?…ということは?

逆に言うとどうなると思いますか?

そう、あなたのビジョンの実現を邪魔する
「最大の敵」が自分自身であるのなら…

自分自身さえ手なづけて
味方にしてしまえば

敵はいなくなったも同然!(笑)


…なのですが、

「いやいや、それが一番難しいんだって!」
とあなたは思うかもしれませんね^  ^

 

もちろん、わたしも以前はそう思っていました。

誰よりも自分のことをジャッジして、
自分の描いたビジョンに対しても
「そんなのできるわけないよ」
と頭から否定し…

実現するための一歩を踏み出す前から
その夢をことごとく潰す、
まさにドリームクラッシャーでした。

だけどそんな
自分の最大の敵である自分と仲良くなって、

敵どころか自分自身を
「自分にとっての最大の味方」にするための方法は
実はちゃんとあるんです!

最大の敵である自分が、最大の味方になり、
望む未来に向かってサクサクっと進んでいくために
大切なこと。

それについて、
次回の記事でおつたえしますね!

▼自分の望む「最高の未来」を明確にする、ビジョンワークセミナー
もうすぐ募集終了です。ピンと来た方はぜひ♪