セラピスト・インストラクターが「売上の壁」を突破するためのたった1つのポイント

ビジョンの叶え方
ライフデザインナビゲーターの
くましろみのりです。
昨日のブログではセラピスト・サロン業・
トレーナーとして起業した方が
「売上の壁」を突破できない理由
についてお伝えしました。
今日はそんな
セラピスト・トレーナーの方が
「売上の壁」を突破する
たった1つのポイント
についてお伝えしますね!

セラピスト・トレーナーが「売上の壁」を突破するためにやりがちなこと

早速ポイントをお伝えする、その前に。
多くのセラピストやトレーナーさんが
「売上の壁」を突破したいと思った時に
一般的にやってしまいがちなこと
を先にお伝えしておきます。
それは
新たな集客ノウハウを仕入れたり、
さらなる資格を取りに行ったり
お客様から要望があった
サービスを増やしてみる…
などです。
残念ながらこれらの
「とりあえず何かを付け足してみる」
ようなやり方では、
一時的に少しは変化があったとしても
根本的に「売上の壁」を突破する
解決策にはなりえませんし、
すでにそれを試してみてそう実感している方も
いらっしゃるかもしれませんね。

セラピスト・トレーナーが「売上の壁」を突破するためのたった1つのポイントとは?

そんなセラピストさんや
トレーナーさんに私がお伝えしたい
「売上の壁」を突破するために
まず一番に押さえるべき

たった1つのポイントとは

今の延長線上の自分ではない、
まだ見ぬ自らの
未来ビジョンを
明確にすること
です。
実はこのポイントは全ての業種の
起業家さんにおいても言えることなのですが
セラピストやトレーナーを
されている方にとっては特に大事なんです!
なぜならお客様優先で
時間や場所に縛られながら
日々お仕事をされている方が多いので
仕事をする上で自分自身に
「制限をかける」ことが当たり前になっている
からです。
そしてこういった
・時間の制限
・場所の制限
に加えて、
・お金の制限
→価格を上げたら買ってもらえない
→これ以上売上を増やすのは難しい
・思考の制限
→商品やサービスを絞るのが怖い
→資格がないと選ばれない
もあり、それらが
「売上の壁」を突破できない
本質的な理由になるわけですが…
あなたがもしもそういった
「制限」を持っていた場合、
実はこれらの「制限」は全て
過去のあなたの体験を通してつくられたもの
だということにお気づきでしょうか?
「今までこの価格だったから」
「今でこんな働き方だったから」
「今までのお客様はこうだったから」
といった
過去の働き方やお客様の反応の
延長線上で物事を捉えて考えているから
働く場所や時間やお金や思考に対する
様々な制限が生まれ、
それが「売上の壁」となるのです。

時間は「未来→現在→過去」にも流れている

過去の延長線上で物事を捉えるから
「制限」が生まれる
「売上の壁」を突破できない
本質的な要因についてお伝えした上で、
ここでちょっと「時間軸」についての
大切なお話をしますね、
多くの人が、時間というものは
過去→現在→未来
の順で流れていると考えているようですが

実は、それは違います。

実は時間というのは、
未来→現在→過去
の順にも流れているのです。
驚かれる方もいらっしゃるかも
しれませんが、
これは最新の量子学の実験でも、
すでに実証されていることなんですよ^ ^
そして従来通り、過去から未来に
時間が流れていると考えていると、

人は過去や現在の自分の経験上でしか
未来を描くことができません。
また、過去の経験を元に
自分に様々な制限をくっつけてしまうので
今の日常から変化を起こして
新たな世界に足を踏み入れることを
躊躇してしまいがちです。
ですが時間が未来から現在、過去に
流れてくるとわかったとき、
今や過去の体験やそこからくる制限は
全く関係のないものになり、
自分がどのような未来を描くかによって
今現在やその現在が過ぎ去った後の
過去が変わってくる
ということに気づけると思います。
だからこそ、今目の前にある
「売上の壁」を突破するためには
今までの延長線上の考え方で
新たな集客ノウハウを仕入れたり、
新たな資格やサービスを
「とりあえず増やす」のではなく
まだ見ぬ自らの
未来ビジョンを
明確にすること
が一番のポイントですとお伝えしています。

描いた未来ビジョンを元に行動することで壁は突破できる

そしてその明確にした未来を元に
自分の仕事スタイルや
サービスの内容、価格、集客方法
などの具体策を描いて行動することで
セラピスト・トレーナーさんが
「売上の壁」を突破して
仕事もプライベートも
充実させながら豊かになる道が拓けるのです。
さて、ここまで読んでいただいて
あなたはもしかしたら
「まだ見ぬ自らの未来ビジョン」
ってなんのこと???
それってどうやって明確にするの???
と思われたかもしれません^ ^
そこで次回の記事では
「まだ見ぬ自らの未来ビジョン」
を明確にする方法
についてお伝えしますね!
お楽しみに♪

コメント