激動のこの1年で収入が増えた女性起業家の特徴とは?

▼画像クリックで小冊子プレゼント!
地方だから勝てるオリジナルビジネスの創り方

ライフデザインナビゲーターの
くましろみのりです。

新型コロナウィルスによる
緊急事態宣言が続いています。
一年たってもまだなお続くこの状況に
疲れている方も多いと思います。

今回は、コロナで激動のこの1年でも
成功を収めている女性起業家さんの特徴を
お伝えします!

あなたは起業家なのに「時間をお金に変える働き方」をしていませんか?

都心部ではテレワークが
日常化する会社が増えている中で

テレワークの見える化のための
さまざまなシステムが
開発&普及されているそうです。

中には社員がきちんと自宅で
サボらず働いているか疑心暗鬼になり

返信を5分以内に強要したり
今日した仕事を分単位で報告させたり
する上司も出てきて

社員のストレスが増幅している
とのこと・・・

chris-montgomery-smgTvepind4-unsplash.jpg

私はこういう話を聞くといつも
「時間」をお金に換えて働くことの
不毛さと古臭さを感じてしまいます。

私自身も5年前までは会社員を
していましたが

出退勤はタイムカードで管理され、
まさに自分の時間をお金に換える
働き方をしていました。

当時は自分の周りの人は
みんな一様にその働き方だったので
疑問に思うこともなかったのですが

子どもを出産してから
時間をお金に換える働き方の限界
にぶち当たりました。

年中無休、24時間営業の
サービス業に従事しているのに

子どもがいることによって
他の男性社員と同じように
夕方以降や日曜祝日、年末年始に
勤務することができない私は

決まった時間でしか働けないから
他のスタッフの模範にならない

という理由で管理職から降りて
時短勤務にならざるを得ず、
お給料は半分以下に減りました。

仕事へのやる気はあるし
もっと自分の可能性に
挑戦してみたい気持ちも
収入を増やしたい思いもあった。

だけど当時の会社が求める働き方と
子どもがいる私のライフスタイルでは
これ以上のキャリアも収入も
望めないことに気づき

会社を退職して
新たな道を模索しはじめました。

お金に変えるべきなのは「時間」ではなく「価値」なんです

会社を退職した後、
私は在宅でオンラインでの
ネット起業をしました。

当時はひとりでノウハウもなく
一旦はあわや廃業の危機にも見舞われました。

しかしその後
今のビジネスの師に出会うことができ
辿り着いたのが

時間をお金に換える従来の
働き方ではなく

「価値」をお金に換える働き方
です。

long-truong-xHmM0x0l3oo-unsplash.jpg

 

激動のこの1年で成功している女性起業家の特徴

去年から始まったコロナによって
時間をお金に換える働き方を
している人はシゴトも収入も減り

どんどん苦しい状況に
追い詰められています。

時間をお金に換えている人は
会社員だけではなく

低単価のメニューをたくさん抱える
サロンオーナーさんや

1回1時間数千〜数万円の単発講座や
セッションを行っている講師業、
セラピストなどのひとり女性起業家も
同じです。

逆にこういった
時間を切り売りする働き方ではなく

自分でつくりあげた「価値」
お金に換えることのできた女性起業家は

このコロナ禍の1年間で
飛躍的に収入が増えています。

そしてそれだけでなく
時間や場所に縛られる
堅苦しい働き方から抜け出して

選択肢のある自由な働き方や
ライフスタイルを実現しています。

テレワーク3 (1).jpg

あなたはどっち?「時間」と「価値」のどちらをお金に変えていますか?

あなたの今の働き方は
どちらでしょうか?

もし、まだ時間をお金に換える
働き方をしているなと
感じるのであれば

一刻も早く、
今の状況から抜け出して

価値をお金に換える働き方に
シフトすることをオススメします。

世の中の変化にいち早く気づいて
即働き方をシフトできた人は
すでに大きな結果を創っていますが

コロナ流行から1年以上経って
ビジネスのあり方やり方が
大きく変わり

生活面では
いまだに様々な制限のなかで
過ごさざるを得ない状況の中で

ひとり起業家が時間を切り売りする
働き方でこれ以降生き残るのは
非常に困難です。

時間ではなく
「価値」をお金に変える方法
についてもっと知りたい!という方は

最新情報をメルマガで配信していますので
下のフォームからご登録くださいね。

コメント