『頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書』は生産性を上げたいブロガーも読むべき本!

ブログ

早起き&朝活研究家のみのりです。

Webライター&セミナー講師の吉見夏実さんが書かれた『頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書』を読みました。

この本はクラウドソーシング(インターネットを活用して不特定多数の人々に仕事を外注するサービス)を使って、Webライターとして収入を増やしたい人に向けて書かれた本です。

ですが、ブロガーのわたしが読んでも目からウロコの、まさに「Webライティングで収入を得たい」全ての人に役に立つ本だと感じました。

今日はこの本の中から、ブロガーのわたしが特に刺激を受けた「生産性を高める」ためのノウハウについて感想を書きます。

【目次】 

「早く書く&原稿(記事)の質を上げる習慣」を身につけたい!

f:id:ookiminori:20170830161230j:plain

Webライティングにおけるノウハウや考え方がこれでもかと詰め込まれている本書ですが、ブロガーのわたしにとって特に勉強になったのは、第3章の【稼げる人がやっている、「早く書く/原稿の質を上げる」習慣】でした。

その中でも特にこれからの自分の課題だと感じた部分について感想を紹介します。

執筆ペースを把握している人は仕事が早い

これ、本当にそうだなぁと思うのですが、わたし自身は自分の執筆ペースの把握がまだまだ甘すぎると痛感しています。

ライターさんと比べて、ブロガーには締め切りが存在しないことも1つの要因とは思うのですが、どうしても時間に対するシビアさに欠けている部分があるな…と、この章を読んで思いました。

1記事書くのに全部で何分…という大雑把な形ではなく

「記事構成」「執筆」「画像編集」「推敲」などの工程にそれぞれどのくらい時間がかかっているのか、細かいところまで把握出来ていません。

記事によって執筆ペースに差が出てしまうのも、安定して記事を書けない要因の1つだと思うので、本書でも紹介されていたツールを活用して、しっかりと執筆ペースを把握していこうと思います。

スマホ✕スキマ時間でほとんどの仕事はできる

記事作成の工程のうち、スマホで出来る作業ってこんなにあるんだ!と驚きました。

「チリも積もれば山となる」と言うように、小さな細切れの時間をどれだけ有効活用できるかで、生産性に大きな違いが出て来るのだなぁ、と心から納得。

そしてわたしはまだまだ、スキマ時間もスマホも上手く有効活用出来ていないなと反省しました。

特に、使い慣れたPCがある在宅時しか記事作成が進まない…という思い込み自体を変えていかないとなぁと。

場所にとらわれず、スキマ時間をもっと有効活用出来るように、家の中でも少しずつスマホを使っての作業に慣れていきたいと思います。

ひとまずスマホにて、しばらく放置していたEvernoteの整理&再活用と、画像編集のためのアプリを色々と試しているところです。

集中力を高める方法をたくさん持っておく

集中力がなかなか続かないことが昔からの悩みであるわたしにとって、この部分もとても勉強になりました。

本書では吉見さんが実際に実践している方法も紹介されていますが、「集中力を高めるために、なんでも試してみる」というのも大切だなと強く感じました。

人によって集中力を高めるための条件はそれぞれ違うと思うので、貪欲に色んな方法を試して、自分の性質にあった方法を確立させるのが一番良いですよね。

ちなみに今現在のわたしにとって、集中力が高まる条件は以下の通りです。

きっとまだまだ自分に合った方法があるはずだと思うので、これから貪欲に色々と試していきたいです。

『頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書』は、ブロガーも読むべし!

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書』は、これからWebライターとして収入を得たい人だけでなく、生産性を上げたいブロガーにも超オススメです!

参考までに、本書の目次は以下の通り。

第1章 あなたがWebライターとして稼げていない「5つの要因」

第2章 稼げる人がやっている、「クライアントが求める原稿を作る」習慣

第3章 稼げる人がやっている、「早く書く/原稿の質を上げる」習慣

第4章 稼げる人がやっている、「受けるべき仕事、避けるべき仕事を見分ける」習慣

第5章 稼げる人がやっている、「ライターとしての評価を上げる」習慣

第6章 稼げる人がやっている、「次につなげる活動をする」習慣

今回わたしが紹介したのは第3章のほんの一部なのですが、それ以外にもブロガーにとって即使えるノウハウが満載です!

ちなみにわたしは第2章、第5章あたりにも付箋をベタベタと貼りまくってましたよ。

また超太っ腹なことに、監修者の染谷昌利さんと著者の吉見夏実さんのブログにて、ページの都合で本に入りきれなかった部分をPDF特典として無料で配布されています。

#Webライター本 本日発売開始!特典PDFファイルと、出版記念セミナーの案内もあります | 染谷昌利公式ブログ

ついに発売!Webライター本の特典PDF配布と今後のセミナー予定 | YOSHIMINATSUMI.COM

こちらには本書には入っていないライティングについての実践的なノウハウが書かれていて、個人的にとても勉強になりました!

Webライターのための指南書だと思ってブロガーがスルーするには、あまりにももったいなさすぎるこの本。

Webライティングで収入を増やしたいと思っている人は、特典PDFと合わせてぜひ読んでみてくださいね。

コメント

  1. けえこ より:

    度々みのりさんのブログにお邪魔しては色々と参考にさせていただいていますが、今回のスマホ+スキマ時間で生産性を上げるというのには賛成できません。そういった時間は世界をじっくり観たりとか、他人とのふれあいや繋がりに使うべき時間であって、スキマ時間にスマホにぞっこんでそんなパッチワークみたいな制作をしてもやっつけ仕事はできるかもしれないけれどいい仕事にはならないと思います。私もそんなノマド仕事に憧れて軽いノートブックやら、iPadやら、スマホのアプリなんかであちこちで場所を選ばず色々やろうと思いましたがそんな細切れの集約で『良い』仕事ができるわけないんです。端から見てもそういう忙しそうな人には邪魔しちゃ悪いからと声をかけづらいと思います。
    みのりさんの今までのようにPCの前に座ってじっくりやる、というスタイルでいいのではないですか?今日の記事はなんだか読んでて息がつまるような気がしたのでコメントさせていただきました。

  2. ookiminori より:

    けえこさん
    コメントありがとうございます!
    けえこさんのご意見、とても勉強になりました。
    そうですね、たしかにスキマ時間にスマホばかり見て切り貼りで仕事をしても、良い仕事には繋がりにくいかもしれません。
    けえこさんが実際に体験されて実感されたお気持ちもとても共感できますし、そういった経験をお持ちだからこそ、この記事で息のつまるような気持ちになられたのもよく分かります。
    わたし自身はけえこさんと同じように、世界をじっくり見ることや、家族や人との触れ合いの時間をとても大切にしたいと考えています。
    ただそれはわたしにとっての「スキマ時間にすること」という認識ではなく、朝のひとり時間も含めて、もっと日常的に意識していることなのだと、けえこさんのコメントを読んで改めて感じました。
    わたしが考えている「スキマ時間とスマホの活用」とは、仕事をする上で考えたり文章を書いて伝えること以外の、事務的作業の効率化を図ることです。
    そしてそれをすることで、上に書いた自分が本当に大切にしたい時間を、もっと生み出せるようになると考えています。
    そのことについて記事内できちんと補足したりお伝えすることができず、いつもブログを読んで下さっている読者の方に矛盾を感じさせてしまったのは、ひとえにわたしの力不足によるものだなぁと痛感しています。
    けえこさんのご意見のおかげで、改めて自身の大切にしたい部分と、情報発信する上での課題を認識することができ、とても勉強になりましたので、この学びを活かしてこれからも一歩いっぽ成長していきたいと思います^ ^
    貴重なご意見、本当にありがとうございます!