人生を劇的に変えるための夢(ビジョン)設定に欠かせない、2つの相反する感情とは。

ビジョンの叶え方

ライフデザインナビゲーターの
くましろみのりです。

突然ですがあなたは、
「自分の人生、こうなったら最高だなぁ…!」

 

と心から思える、
ぶっ飛んだ最高の未来ビジョン
を持っていますか?

もしあるとしたら、
そのことを思い浮かべた時、

あなたの中にはどんな感情が
沸き起こってくるでしょうか?

『うん、ワクワクするなぁ♪』

そういったポジティブな感情のみ
感じているとしたら…

もしかしたらその未来は
ぶっ飛んだ未来ビジョンではなく…

「今の延長線上」にある想定内のもの
収まってしまっているかもしれません。

人生を劇的に変えるための夢(ビジョン)設定の鍵は、「ワクワク」と「恐れ」

f:id:ookiminori:20190103000408j:plain
先日、私の6ヶ月間ビジネス創造
プログラムに参加中の門下生さんと
個別相談をしていたときのこと。

彼女には個別相談の前に自分自身の
「最高の10年後のビジョン」
ワークを通して描いてもらっていたのですが…

この未来を叶えた自分を
イメージすると心からワクワクもするけれど…

正直逃げ出したくなるほど
怖い気持ちにもなるんです。

と、素直な気持ちを話してくれました。

私はそんな彼女に対して、

「大丈夫、それでいいんです。
とっても順調ですよ^ ^

とお伝えしました。

逃げ出したくなるほどに
怖さを感じてしまう。

そんな一見ネガティブに思える状況においてなぜ、
「とっても順調」だと言い切れるかというと…

人が今の自分の延長線上から
未来の自分を切り離して

本当に自分が心から望む
「これが叶ったら最高だ!」と思える
ぶっ飛んだ未来ビジョンを描いた時は、

最高にワクワクする、楽しいという
ポジティブな感情だけでなく、

「怖い」という感情も
同時に沸き起こるもの

だからです。

「恐れ」は行動を起こし続けることで薄れるもの

人間は元々
「変化したくない生き物」です。

それは、自分にとって慣れ親しんだ
居心地の良いところに留まろうとする、
恒常性という性質を持っているから。

そして、
大きく変化することに対して、
「恐れ」という感情を抱くように
本能的にプログラミングされています。

そんな中で私たちが、
自分の今いる場所の延長線上とは関係ない

「ぶっ飛んだ最高の未来ビジョン」
を描いてそれを叶えようと思ったら…

心の底からワクワクする感情が
湧き上がってくるのと同時に、

今すぐ踵を返してその場から
逃げ去ってしまいたい…!

そんな気持ちにもなって当然なのです。

そしてここからが何より大切なのですが…

そんな「怖い」と
感じることから目を背けずに、
それを叶えていくための
具体的なダンドリまで描ききり、

それを元に
行動を起こし続けることで
「恐れ」は次第に薄れていきます。

そしてあなたの目の前の現実は着実に
今の延長線上ではない、

自分の描く「最高の未来ビジョン」に
近づいていくのです。

逆に描いたビジョンが変化の怖さを伴わない
想定範囲内のものだとしたら、

恐れを感じずに安心して
毎日を過ごすことはできますが、

そこへ向かうためのダンドリも、
実際の行動も全て
今の延長線上にしかならないので

結果的に、

「あれ?私なりに色々と
やったつもりでいたけれど、
思ったよりも現実が変わってない…」

ということになってしまうのです。

人生を劇的に変化させたいなら、2つの感情を同時に感じる夢(ビジョン)を描こう

2019年こそ、今の退屈な人生を
劇的に変えて後悔なく生きたい!!

そう思うあなたが
自分にとっての「最高の未来」を
描く上で大事にしてほしいチェックポイントは、

ただ単に「ワクワクする」かどうか
だけではなく、

そこに「恐れ」も感じるかどうか
なのです。

2019年の目標やビジョンを
これから描こうとしている方も
いらっしゃると思いますが、

そんな時にはぜひ
「ワクワクと恐れを同時に感じるほど
ぶっ飛んだ最高の未来」

を意識して、描いてみてくださいね!

コメント