目標設定や振り返りが苦手な人に教えたい、頑張りいらずの目標達成法。

ビジョンの叶え方
<連載>地方在住2児の主婦が月商10万→月商7桁の起業家になるまでの軌跡!画像をクリック▼
起業ストーリー

ビジョンを描くだけで
時間と場所に縛られない人生を創る

ライフデザインナビゲーターの
くましろみのりです。
前回の記事では
2020年の目標を最速で達成するための
5つのポイントについてお伝えしました!
<公開>最速で目標達成する人だけが知っている、年始の目標の立て方。

その中の1つ目のポイント
「少し頑張れば達成する目標は立てない」
について、

「前年比110%ではなく
前年比10倍を目指そう!」

ということを私はいつも
お話ししていますが…

そうするとこんな声も聞こえてくるのです。

目標設定にジレンマを抱えている人の目標に対する「思い込み」

壮大な目標を立てたとしても
自分の思い通りに行かなかった時

達成できてない自分を
責めてしまってしんどい。

 

大きな目標を立てても
達成できなかった時に
自分に失望するのが嫌で

立てた目標の振り返りを
しなくなってしまったり、

有言実行できそうな目標しか
立てられない…

 

あなたも目標設定に対して
このようなジレンマを抱えていませんか?

実はこんなジレンマを
抱えやすい人にはある共通点があります。

それは
「目標は達成するために立てるもの」
だと思い込んでいるということ。

目標を立てるのは、「今、何をするか」を明確にするため

…え???

目標は達成するために
立てるものですよね???

と不可思議に
思われたかもしれませんが

実は目標設定には
「立てた目標を達成する」
以前の目的があるのです!

それは何かというと…

「目標を立てる」とは

自分の目指す未来ゴールを
実現するために

“今、何をするか”を
明確にするためにあるもの。

つまり目標を立てるということは

将来、ここに行きたいから、
「今」これをする、という
「今」に影響を与えること

なのです。

さらに、目標によって
なりたい未来を実現するために
「今」やるべきこと、

いわゆる行動計画を立てた場合。

その「計画」を立てる目的は
なんなのかというと、

これまた
「計画を計画どおりに実行する」
ためではなくて…

計画を立てることで、
現実とのズレを作るため

なのです。

目標が計画通りに達成できないのは「成長と学び」のチャンス

多くの人が目標や
それを達成するための計画を立てる時

その計画通りに目標を
達成できないことや
それによって自分を責めて
自信を無くしてしまうことを恐れて

目標&計画を立てたり
振り返ることを避けてしまうのですが

そもそも計画がなければ、
現実のズレには気づけないので、
立てた目標と現実との
ギャップを測ることができませんし

 

ギャップを測ることができなければ、
ズレを修正することもできないから
目標の達成には近づけないのです。

そういう意味で目標を立てる目的は
「その目標を達成すること」ではなく

目標と現実のズレという事実を通して

「今自分が学ぶべきこと、
やるべきことは何か」
を知り

その都度行動計画の軌道修正を
行いながら進んでいくことなのです。
目標と現実のズレを確認して、
ギャップを埋めたい部分があれば
そのための計画を新たに立てればいいし、

場合によっては

「そもそもこれって、本当に
心から実現させたい目標ではなかったな」

と気づくこともあるかもしれません。
そんな時は思い切って
その目標自体を手放してしまえば、

そこにかけていたエネルギーは他の
「本当に実現したい目標」のために
注ぐことが出来るようになります。
こういった視点で目標について
捉えることができた時、

目標と立てた計画に対して
思うように進んでいないという現実のズレは、

「自分をより深く知り、成長と
新たな学びを促すためのチャンス」

に変わるのです。

今と未来のギャップを埋めるために「今」やることに集中しよう


立てた目標を「達成する」ことばかりに
意識をフォーカスしてしまうから
計画通りに進まないとツラくなる。

それ以前に

「目標と現実ギャップを
埋めるために計画は存在する」

という事実を知っている人は

目標や行動計画を立てることも、
それを振り返ることも
もっとラクに楽しんで行えるようになるし

そうすることで、


頑張って目標達成しなければ!

と必要以上に意気込んで
でも具体的な計画はなく
気合いだけの体当たりを卒業して
自分が本当に実現したい
目標の実現に自然と近づいていき

結果的に最速で
目標を達成しているのです。

 

目標を立てるのは
未来にそれを達成するため以前に

未来を見据えた「今」この時点から
やることを明確にするため。

達成できない未来を恐れて
縮こまってしまったり

目標を達成できなかった過去の自分を
責めてガッカリするのではなく

自分が心から最高だと思う
未来を何度でも思いっきり思い描いて

その未来とのギャップを
埋めるために何をすべきか?

という
「今」に常に集中して計画を立て
着実に進んでいくことができれば

あなたが立てた目標や叶えたい未来は
どんどん叶っていきますよ。

目標の立て方と共に、
この捉え方もぜひ参考にして
2020年の計画を立ててみてくださいね^ ^

コメント