【売れない商品3つの特徴】成功したいひとり起業家さんはチェック必須!

▼画像クリックで小冊子プレゼント!
地方だから勝てるオリジナルビジネスの創り方

地方発オンライン女性起業の専門家
ライフデザインナビゲーターの
くましろみのりです。

 

私のプログラムでは
生徒さんの経験とスキルとビジョンを
掛け合わせた唯一無二の商品

こちらから売り込むことなく
お客様から「買いたいです!」と
お願いされる女性起業家になるための

ビジネスの創り方と広め方と
仕組みの創り方、

そしてお願いされる
起業家になるためのあり方について
トータルナビゲートしています。

 

自分の商品を
お客様に提供していく中で
多くの起業家さんが共通して
悩んでいることがあります。

それは、

「どうしたら自分の商品の価値が
お客様に伝わるのだろう?」

ということ。

自分がこれまで培ってきた経験にも
それなりに自信はある

こんな人や社会のお役に立ちたい!
という想いがある

そんな人の役に立つために
自分なりに講座やセラピーを
やってはいるものの

肝心のお客様に
なかなか来てもらえない…

同業の起業家さんの中に
埋もれてしまっている気がする…

とお悩みの方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回はそんな方のために、
お客様に選ばれるような
差別化がどうやったらできるのか
お伝えします!

 

 

お客様から選ばれるためにやりがちな「やってはいけないこと」

売上が上がらず疲れた女性起業家

毎日集客を頑張ってるのに
お客様から
お願いしてもらえず

「その他大勢」から
抜け出せない…

こういったお悩みが
長期化すると多くの起業家さんが
以下のような行動を起こし始めます。

  • 競合と差別化するために
    価格を下げなければと思ってしまう
  • 競合と差別化するために
    いろんな価値をくっつけようとする
  • 競合と差別化するために
    過剰サービスやフォローをしてしまう
  • 競合と差別化するために
    新しい資格を取得し始める

 

上記のようなことは私自身も
起業初期にやったことなのですが…

これらの行動は残念ながら

根本的な悩みの解決には
なりません。

むしろ不安感から
こういった行動を続けることで

自分の時間や体力がどんどんと
消費されていき、
その割に収入が全く上がらないという

自己犠牲ビジネス
になってしまい、
起業を続けること自体が
難しくなってしまいます。

 

「じゃあ一体どうすればいいの??」

という声が聞こえてきそうですが

実は上記のお悩みを
解決するためには

ある特定の条件

というものがあるんです。

 

多くの人がこれを知らないままに
自分流でなんとなく
商品を売ろうとしているので

他の起業家さんと同じような
打ち出し方や施策しか思いつかず

結果的にその他大勢の中に
埋もれてしまっています。

 

選ばれる起業家になるためのポイントは「商品コンセプト」にあり

選ばれる女性起業家になるには商品コンセプトが重要

それでは、どうしたら
自分を犠牲にするやり方ではなく

他と比較されることなく
一目でお客様から
「あなただからお願いしたい!」
と選んでもらえるようになるのか?

その一番大事な答えは

「商品コンセプト」

にあります。

 

「コンセプト」と言う言葉を
辞書で調べると

「概念、
全体を通した基本的な考え方」
という意味が出てきますが

私がビジネス創造において
「コンセプト」という言葉を
使うときは以下のような意味で
お伝えしています。

============

そのビジネスや
コンテンツの価値を
一瞬で伝える言葉

============

世の中において
たくさんの人から支持されている
ヒットしている商品は
コンセプトがとても優れています。

例えば、
吸引力の高さで大人気の掃除機
ダイソンのコンセプトは

吸引力の落ちない
ただ一つの掃除機

ですし、

みんな大好き
スターバックスのコンセプトは

家庭でもなく
職場でもない
第3の空間
〜サードプレイス〜

です。

ダイソンが他の掃除機と明確に
違うところは

「“使い続けると吸引力が落ちる”
という今までの掃除機の
根本的な問題を解決した」

という部分であり、

スターバックスはコーヒーを
売っているのではなく

「家庭や会社で求められる
“役割”としての自分ではなく
ありのままの自分でくつろげる
癒しの空間」

を提供することで

今までの「コーヒーを飲む」
喫茶店の常識を大きく覆しました。

 

 

 

売れる商品はすべて「お客様のお悩みを解決」している

売れる商品の条件

このように、

そのビジネスや
コンテンツの価値を
一瞬で伝える言葉

としてのコンセプトを持っている商品=コンテンツは

なぜ同業他社に埋もれることなく
NO1になれるのかというと…

そのコンテンツが

1)誰に対して
2)どんな悩みを
3)どのように解決するのか

というのが一瞬でわかるように
なっているからです。

ビジネスの本質というのは、
「お客様の問題を解決すること」
です。

先に挙げた大企業だけでなく
ひとり起業家においても、

いえむしろ、大企業と比べて
知名度もなく資本もない
ひとり起業家だからこそ!

自分の商品=コンテンツは

1)誰の
2)どんな問題を
3)どう解決するのか?

というコンセプトを
本当に必要としているお客様に
明確に伝えることができなければ

同じような分野で起業している
その他大勢の起業家から抜け出すこと
はできないのです。

ひとり起業家のあなたにも
ちょっと振り返って頂きたいのですが

あなたが今
提供している商品は
上記の1)2)3)を
明確に伝えることが
できていますでしょうか?

 

もし今現在
同業の起業家と差別化できてない、

自分なりに頑張って発信してる
つもりでも集客が上手くいかない

と思っているとしたら

もしかしたら無意識のうちに
ダイソンやスターバックスのような
「売れる商品」とは
真逆の打ち出し方

をやってしまって
いるかもしれません。

 

売上に伸び悩むひとり起業家がつくりがちな、売れない商品の3つの特徴

起業家が成功するための3つの条件

売れる商品とは対照的な
真逆の打ち出し方

売れない商品の3つの特徴

をお伝えしますね。

 

ここに当てはまってしまっていると
どんなに素晴らしい内容を
提供していたとしても

お客様にその商品の価値を
わかってもらうことが難しい
ので

結果的に他の起業家さんや
他の商品と一緒くたにされて
埋もれてしまいます。

 

もしかして自分の商品も…
と思った方は

今の自分自身の商品が
当てはまってしまっていないか、
ぜひチェックしてくださいね!

それでは早速参りましょう!

 

どんなに中身が素晴らしくても「売れない商品」3つの特徴チェック!

 

1)その商品のスペックや要素ばかりを押してしまう

商品の良さを伝える時に

「こんな良い材料を使っています」
とか
「こんな特色があります!」
とか
「今なら入会金無料です!」
とか

自分の商品のスペックや
特徴ばかりを並び立てていませんか?

自分が提供する商品の要素や
内容を伝えている時、

その主語は全て
「私」になっています。

「私はこんなことをやっています!」
というのは
お客様からしたら
実は全く関係ないことです。

お客様が知りたいのはあくまで
「その商品を買ったら
自分がどうなれるのか?」
なので

自分の話ではなく
お客様目線で話をしなければ
選んでもらうことはおろか

興味を持ってもらうことも
できません。

 

2)「こんなことにも使えます」をやたらとアピールする

できるだけたくさんのお客様に
買ってもらいたいと思うあまり

一つの商品に対して

「こんなことにも使えます」

「こんな人向けの商品ですが
それ以外の人にも有効です」

と間口を広げようとしてしまう
起業家さんがいます。

 

ですがこれは結果的には
誰にとっても
「自分のための商品じゃない」
と思われる結果を創ってしまいます。

 

万人に向けた商品は尖らないので
誰の心にも刺さらないのです。

 

「あれもできるけどこれもできます」
とたくさんの有効ポイントを
伝えれば伝えるほど

「絶対に必要な商品ではない」
ということを
お客様に印象付けてしまうので

結果的に「なくてもいい」
と思わせてしまいます。

 

3)ニーズやウォンツで考えてしまう

なんでも手に入る今の時代、
人が生きていく上での基本的ニーズ
すでに満たされてしまっています。

「空腹を満たしたい」と思ったら
近くのコンビニでもレストランでも
ウーバーイーツでも

そのニーズに応えている人が
ごまんといるのが現代社会です。

ニーズはあるものの、
それをすぐに満たせる手段を
持っている人がたくさんいる分野で

お客様のニーズを満たそうと
一生懸命頑張ったとしても
スルーされてしまうのが落ちです。

同時にウォンツ(欲求)を
満たすことを考えるのも
あまり有効ではありません。

ウォンツというのは
「必要不可欠じゃないけど、
こんなことができたらいいなぁ」
という欲求です。

必ずしも必要なものではなくて、
満たされなくても特に問題ない欲求

これを満たします!
というような打ち出し方で
商品を創ったり
発信をしてしまうと

お客様からの
「絶対これを買いたい!」
を引き出すことが
とても難しくなりますし

商品の価値よりも価格の安さで
買うか買わないかを決められて
しまうことになってしまいます。

 


 

以上、
売上の上がらない起業家さんが
気づかないうちにやってしまいがちな

「売れない商品3つの特徴」
についてお伝えしました!

 

あなたの商品に
もし当てはまるものがあったとしたら

そこをしっかりと改善することで
その他大勢から抜け出して
お客様からお願いされる状態を
創りやすくなりますよ!

次回はこの
「売れない3つの特徴」のをいき、

他にはない魅力的なコンセプトを
打ち出したことで

地方に住みながら、
オンラインでの自宅起業スタイルで
全国各地のお客様から選ばれ
成果を出している
私の生徒さんの事例を紹介します!

具体的なビジネス成功事例から
あなたがその他大勢からいち早く
抜け出すためのヒントを
手に入れてくださいね!

 

コメント