【実践①】 私がサレ妻(サレンダード・ワイフ)になるために「やめてみた」7つのこと

家族&夫婦関係
▼2020年の目標を立てる前に知っておきたいこと▼
“12月電子小冊子ダウンロード”

少し前から、サレンダード・ワイフを始めました。

「脱!夫をコントロールする妻」宣言。サレンダード・ワイフ始めました。

毎回「サレンダード・ワイフ」と書くと長いので、
これからこのブログでは今後は略して「サレ妻」と表記しようと思います。

さて、いざサレ妻になり、夫をコントロールしようとするのをやめようと思った時に何から始めるか。

まずはそれまでの自分が夫に対してどんな態度をとっていたのかを知ることかな、と思いました。

【目次】

 サレ妻とは対極の「いやな女の7つの習慣」とは

f:id:ookiminori:20160104045600j:plain

サレ妻を実践するために欠かせないこの本、
サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる 」。

この本文中にあった、サレ妻とは対極にある「いやな女の7つの習慣」を読めば、自分がどんなイヤな態度を夫にとってきたのかが良く分かります。

「いやな女の7つの習慣」

①彼のかわりにしゃべり、決定を下すこと。

②非難の言葉は飲み込むものの、それはどうかしらね、という顔をすること。

③無邪気を装った質問を投げかけ、あきらかに反対していることを伝えること。

④自分が彼の立場だったらどうするかを説明し、彼が私の希望通りにしてくれることを期待すること。

⑤頼まれてもいないのに、次から次へとアドバイスすること。

⑥彼が運転しているときに、大げさに驚いて見せること。

⑦彼が買ってきてくれたレタスを見て、しかめっつらをすること。

うーん、なるほど。私、この全てをやったことありますね(白目)。

「イヤな女の習慣」を網羅するってある意味スゴイかもw

特に①と②と⑤は日常的にやってしまっていた気がします、はい。

「いやな女」を1日だけやめてみた

ならまずはそれを1日だけやめてみようと思いまして。

これからずーっとって考えるとハードルが高いけど、とりあえず1日だけならなんとか頑張れるんじゃないかな、とうことで。

具体的に何をやめてみたのか、
そしてその結果どうなったかのを振り返りたいと思います。

1.「夫の決定に口をはさむ」のをやめた

どうやめたのか?

1日サレ妻を実践したのは私が平日休みの日でした。

下の子が前日熱を出して保育園をお休みしていて、その日の朝も熱は下がっているものの大事をとって休ませるべきか、保育園につれていくのか迷うところではありました。

その日、夫と私は所用で出かける予定を入れていて、下の子が保育園を休むとなると、その予定をキャンセルしないといけない状況でした。

いつもなら、私が「今日はやっぱり休ませる」と決めるところなんですが、あえて今回は口を出さず、夫に決定を任せることに。

夫に「どうする?保育園。大丈夫そうだから今日は行かせようと思うんだけど」と聞かれたので、ここぞとばかりにサレ妻実践!

「うん、あなたがそう思うならそうしよう!」と答えました。

結果、どうなったか?

夫の意見を尊重して保育園に連れて行ったことで、結果的に下の子は途中熱が上がるなんてこともなく、一日保育園で元気に過ごしてきてくれました。

おかげで、所用とはいえ数年ぶりに夫と二人でドライブデートをすることが出来ました

2.「夫の運転中、道を教える」のをやめた

どうやめたのか?

子どもを保育園に送り届けた後、夫の運転する車に乗って1時間ほどドライブしました。

私の夫は超絶方向音痴です。

行き慣れている道ならまだなんとか大丈夫ですが、初めての場所になると、ナビがないとたどり着けません。いや、ナビがあっても迷うこともしばしば。

今回行ったのも初めての場所でした。

いつもなら私がチャチャっとナビの目的地を設定したり、「ナビはこう出てるけどこっちからのが多分早いよ」なんて道順に口出しをしたりするのですが…。

今回はただ助手席に座ることだけ集中してみました。

結果、どうなったか?

夫は私から場所を聞いて、自分でナビをセットしました。

そのナビに従って目的地までなんなくたどり着き、最後駐車場に入れるところでちょっとだけ迷ったけど、結果的には予定していた時間ぴったりに目的地に着きました

3.「夫に意見を聞かれて答える」のをやめた

どうやめたのか?

目的地に着くまで、夫は自信満々に運転してましたが、最後の駐車場を探すところになると「どこの駐車場がいいかな」と私に意見を求めてきました。

いつもなら、「そこ右に曲がったらありそうよ」とか「ここら辺のパーキングにとめた方がいいんじゃない」とか言うんですけどね。

今回は「うーん、どこがいいかなぁ。」と答えただけ。

結果、どうなったか?

夫は自分で駐車場を探して、目的地のすぐ近くに空いているパーキングを見つけて駐車しました。

私は「運転ありがとう!すぐ近くに駐車してくれて助かった~」とお礼を言って降りました。

4.「夫のミスを責める」のをやめた

どうやめたのか?

地下の駐車場に車を止めた私たちは、地上へ上がるエレベーターまで歩いていき、エレベーターのボタンを押しました。

エレベーターが私たちのいる階に降りてくるまでに時間がかかり、やっと来た!と思った瞬間に夫が「携帯を車に忘れた!」と。

他にもエレベーター待ちの方がいらっしゃったので、私たちは一度エレベーターを見送ることに。

いつもなら「え~、このタイミングで〰?」って口にしてもしなくても、そんな顔をしてしまっていたと思います。

でもその日の私はサレ妻。

笑顔で「待ってるから取りに行っておいで~」と言えました。

結果、どうなったか?

夫が車まで携帯を取りに行って戻ってきた瞬間に、次のエレベーターが到着しました。「タイミングよかったね!」と言いあいながら無事上階に上がることが出来ました。

と、4つ目まで書いたところで時間がきたので、残りの3つについてはまた明日更新しますね。

サレ妻、興味ある方はまた読んでくれると嬉しいです。

【追記】続きの記事更新しました!

【実践②】私がサレ妻(サレンダード・ワイフ)になるために「やめてみた」7つのこと 

「サレンダード・ワイフ」についてはこの本を読めば全てわかります!

愛され妻になろう!当ブログの「サレンダード・ワイフ実践記」記事まとめ 

コメント

  1. Camellia-c より:

    はじめまして。みのりさんの状況と似ているので、私も「サレ妻」になる!って宣言したくなったのですが、物凄い抵抗感。
    口出ししたくなるし、決意したみのりさんの様にサラリと感謝の言葉が出て来ない。他の人には言えるのに〜。
    みのりさんは、抵抗感をどう乗り越えたのでしょう?どうやって、こんなに上手にサレ妻になれたのでしょう?
    私も今朝やってみようとしたのですが、これは言ってはいけない、こんな風に言わなきゃいけないって分かっても出来ずに、無口、無表情になっております。

  2. ookiminori より:

    あかつばきさん
    コメントありがとうございます。
    抵抗感、ありますよね~!
    私もこの本を4年以上前に手に入れてから、今まで何度かかやってみたんですけど、どれも一日ともたずに挫折してました。
    それでも今回「今こそサレ妻」になる!と決めて今のところ挫折せずに続いてるのはなんでかって考えると、下の2つのことが大きいかなって思います。
    ①夫が会社を辞めた今が、夫や私にとって人生の転機だと私が思っていること
    ②私自身の「セルフケア」を十分に行えていて、心に余裕があること
    特に②については、本にも詳しく書いてあるんですけど、サレ妻になろうと思ったらまずは自分自身がやりたいことをする時間を持って、いい気分でいようってことです。
    自分一人が犠牲になってるって思うと、人に優しくなんてできませんものね。
    私も今までそれでサレ妻を断念してきました。
    そこらへんについてもこれからボチボチ書いていこうと思うので、良かったらまた読みに来てくださいね!