実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

「悩みや心配事があると朝早く起きられない…」そんな時のわたしの対処法は?

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。

今日は、早起きをしたいのに
悩みや心配事がストレスになって朝起きられない時の
わたしの対処法について紹介します。

 

【目次】

心配事が悩みがあると、朝起きられない

f:id:ookiminori:20170722115111j:plain

読者の方から、こんなご質問を頂きました。

私も早起きをしたいと思い、努力してみましたが、なかなか続きません。特に悩みや考え事があると、目が覚めても体が重くて起き上がれないということがあります。

みのりさんは悩みなどが早起きに影響したことはありませんか?
もしあれば、それはどのように乗り越えましたか?また、起きるための工夫などあれば、ぜひ教えてください。

 

悩みが早起きに影響すること…
わたしももちろん、ありますよ~!

 

日々の暮らしの悩みや心配事を抱えていると、
朝も起きる気力が出てこなくなってしまうことは
一般的によくあることだと思います。

早起きに一番いいのはストレスを溜めずに
毎日ゴキゲン♪に暮らすことなんでしょうが…
それも難しいですよね。

 

その人の悩みの深刻さや生活環境によって
対処方法は当然違ってくるというのを踏まえた上で

わたしが悩みや考え事で朝起きれなくなった時、
個人的にどう対処しているのかについて書きます。

 

朝起きられない時は、無理して起きない!

悩みや心配事が続いて
朝も体が重くて早く起きられなくなった時、
わたしはいつもどうするかというと…

早く起きようとするのをやめます(笑)

わたしの場合、
悩みや考え事に頭が支配されている時って、
「こうしないと、ああしないと…でも…」
という感じで

「~しないといけない」的な思考

入り込んでしまっていることが多いです。

でも、ただでさえ悩んでることについて
「~しないとダメなのに…」なんて考えているのに

さらに「早起きしないとダメだ」なんて考えてしまったら
余計にストレスを溜め込んでしまって

あれもこれもできない自分はダメだ…
という自己嫌悪の沼にはまりこんでしまいがち。

だから、朝早く起きられないなぁと思った時、
その理由が悩みや心配事によるものだと分かったら

わたしは無理に起きようとするのをやめて、
日常生活に支障が出ない時間まで
好きなだけゴロゴロしたり二度寝することにしています。

 

早起きは、暮らしをより良くするための1つの手段

f:id:ookiminori:20170722154120j:plain

普段わたしは、早起きや朝活っていいですよ~!
と、その良さをブログで発信していますが…

早起きや朝活することが「目的」なのではなく、
暮らしをより良くするための1つの手段だと考えています。


だからわたしにとっては
早起きした事実よりもそこで出来た朝時間を使って
なにをやるのか、が一番大事。


早起きして取り組んでいる間は
悩みや心配事を忘れるくらい夢中になれる!

というものがあるなら
自然と早起きは出来ると思うし、

夢中になる気力すらも今はないなぁ、という状態なら、
またエネルギーが自分に戻ってくるまで、
しっかり充電すればいいと思っています。

 

だから悩み事を抱えていて、
朝起きられない状態になったときは、
無理して早く起きないようにしているんです。

むしろ、普段よりたくさん寝ます。

悩みがあるときって
睡眠も浅くなっていることが結構多いです。

なのでいつもより少し長めに睡眠時間をとることで
体の疲れがとれて気分も自然と上向きになってくることが
わたしの場合は結構あるんですよ^  ^

 

おわりに

まとめると、
悩みや心配事で朝早く起きれないときのわたしの対処法は…

無理して起きない。
むしろいつもより多めに寝るのもあり!

そんなユルくていいの?
と思われたかもしれませんが(笑)

わたし個人の今までの経験からいうなら、
これが元の生活リズムに戻す一番の近道でした。

そして実は他にも
早起きを手放している間に
いつもより意識してやるようにしていること
がいくつかあります。

…が、長くなるのでそれについては
次回の記事で紹介させていただきますね。

 

【追記:記事更新しました】
「悩みや心配事で、朝起きられない」。そんな時、早起きの代わりにわたしがする4つのこと。