実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

自分自身を「最大の味方」にして、描いたビジョンを叶えるために大切なこと。

ライフデザインナビゲーターのみのりです。

自分が描いたビジョンの実現を邪魔する
一番の敵は「自分」である。

前回はそのことについてお伝えしました。

あなたのビジョンの実現を邪魔する、「最大の敵」とは?


では、現時点では最大の敵である
自分自身と仲良くなって、

自分を「最大の味方」にするために
大切なことはなんなのか?


今日はそのことについてお話していきますね!

 

 ビジョンを叶えたければ、「今」の自分をまず認めよう

f:id:ookiminori:20180818060054j:plain

自分が「こうなるといいな」
「こう出来たら最高だな」と
思い描いた未来のビジョン。

それに対して間髪いれずに
「そんなの無理だよ、できるわけないよ」
その夢を潰しにかかってくる、
ドリームキラーの自分。

そんな自分と仲良くなって、
自分自身を味方につけるために大切なのは…

「今、そのままのあなた自身」を
まるごと受け止めて、認めてあげることです。


「え~、それが出来ないから困ってるんだよ」
とあなたは思いますか?

でも誰だって、自分以外の他人と
良い関係性を築くときには、
このシンプルな法則を使っていると思いませんか?

あなたが自分以外の家族やパートナー、
友人、同僚、仲間と
深い信頼関係を築いているのであれば、

それは相手のそのままを受け止めて
認めてあげた上で、

相手の良いところ、素敵なところ、
自分が感謝しているところを
日頃から伝えられているからではないでしょうか?

 

他人を大切にするのと同じように、自分自身も大切に扱おう

たとえば子どもだって、
親が子どもの悪いところばかりに目を向けたり
上から命令や支持ばかりしていたら
スネてわざと困る行動を起こすけど、

子どものありのままを認めて、
彼らの良いところを見つけて褒めるようにしてみたら…

こちらが驚くほど素直に自発的に
行動してくれるようになります。


子どもだけでなく、
パートナーや家族、仕事仲間などに対しても
そんな経験はありませんか?

これは決して、
「自分と他者との人間関係における話」
だけではありません。

自分自身に対しても、同じことが言えるんです。

生まれてから二十歳になるまでに
10万回以上もの否定的な言葉を聞いて育ってきた
わたし達は…

その後も24時間四六時中一緒にいる自分から、
ずーーーーっと否定的な言葉を聞かされ続けます。

そう、親に叱られてばかりの子どもと同じで、
あなたの内側にいる自分は、スネているんです。

自分が認められていない
今のありのままの自分を受けとめてもらえない
自分を大切にされていない

そんな風に感じる相手と
深い信頼感を持つことなんてできませんし、
むしろ不信感ばかり感じてしまいますよね?

そうして結果的に、
自分の内側であなたのビジョンを
ことごとく否定するドリームキラーになるのです。

 

だから、自分自身と仲良くなって
ビジョンを実現するための
「最大の味方」にするためには…

あなたが他人に対してそうあるように、
自分自身のことも大切に扱ってあげること。

あなたの今の思い、感じていること、
それを否定することなくそのまま受け止めてあげる。

そして「今」の自分の良いところや素敵なところ、
自分自身に対して感謝できるところを
できるだけたくさん見つけて味わってみる。

「今」の自分をしっかりと認めてあげると、
自分自身との信頼関係はしっかりと築かれていきます。

その信頼関係の土台を築きつつ、
「さらにこうなればもっと最高だな~」という
ワクワクするビジョンに向かって行動していけば…

それまでは否定的だった敵の自分が
自分にとって一番身近で力強い存在となり

「あなたならきっとできるよ!

「どうしたらそれが叶うか一緒に考えよう!」


と、あなたのビジョン実現を心から信じて、
力強く応援してくれるようになりますよ^  ^

 

思い描いた「最高の未来」を「今、この瞬間」から叶えていく

f:id:ookiminori:20180819110128j:plain

最大の敵である自分と握手をして、
最大の味方に変え、
「最高の未来」を実現するために大切なこと。

それは、
「今」の自分自身を認めて大切にしてあげること。

 
そうやって

描いた「未来のビジョン」を
「今、この瞬間」を大切にしながら叶えていくこと


それがビジョン実現のための一番の近道だと
わたしは考えています。

これからその具体的方法をブログだけでなく
セミナーやグループコンサルなどでお伝えし
実践的なビジョン実現をサポートしていきますね♪