実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

ビジョンを叶えるための起業に必要なのは、◯◯と◯◯のバランスです。

ライフデザインナビゲーターの
みのりです。

女性が描いた「最高の未来」を元に、
時間と場所に縛られない
自分だけのシゴトを創り出し、
描いたビジョンを叶えていく


そのためにまず何よりも大切なのは
「最高の未来ビジョン」を描ききることなのですが…

 

描いたそれを元に自分だけのシゴトを
創り出していくために必要となってくるものもあります。

ビジョンを叶える起業に必要なのは、右脳と左脳のバランス

f:id:ookiminori:20181023095843j:plain

描いたビジョンを元に
自分だけのシゴトを創り出していくために
必要となるもの。

それは、「お客様に選ばれる唯一無二のシゴト」
を創るための「仕組み」と「型」の部分


自分自身が描いたビジョンを叶えるための起業には、


「最高の未来を描く」という
右脳的なイメージ力


「お客様に選ばれるシゴトの仕組みと型をつくる」
という左脳的な論理的思考力が必要です。


そう、右脳と左脳のバランスを
上手にとることで


描いたビジョンをシゴトによって叶えることが
可能になるんですね^ ^

もちろん人によって差はありますが
一般的に女性の場合、
右脳が発達している人が多く


男性よりも想像力やイメージ力、
直感に長けていると言われています。


そして男性は一般的には
左脳が発達している人が多く、


論理的に考えたり、分析をしたり、
仕組みを組み立てたりすることに
長けていると言われています。

 

そういった一般論から考えてみると、

「ビジョンを描く」というのは
女性に向いている行為だといえますね。

 

そしてその後の実際に行動に移していく部分
(=仕組みや型を創る)ということに関しては、


苦手意識を持っている女性が
多いのではないでしょうか?

 

「ビジョン」と「行動」が揃って初めて人生は変わる

実際にわたし自身が今までセッションなどで
お話を聞いてきた女性たちの中には

以下のようなお悩みをお餅の方がとても多かったです。

夢を思い描くとワクワクするけれど、

いざそれを実行に移そうとしても、
何からどう始めたらいいのかさっぱりわからない

その時の思いつきで色んなことをしているから

自分が一体なにをしたいのか、

周りに何をしている人なのか分かってもらえない

心がときめくものに手当たり次第飛びついて、
結局どれも中途半端に終わり、

何かを習得してプロになるというところまで至らない


『ああ、そう、
これはまさに私のことだわ…』

 

と思ったあなたに、
ドイツの時間管理の専門家、
ローター・J・ザイヴァートの
こんな言葉をご紹介します。

行動を伴わないビジョンは、
たんなる夢。

ビジョンのない行動は、
だだの暇つぶし。

ビジョンと行動がそろって、
はじめて人生を変えられる

そう、
ビジョンと具体的な行動は2つ揃って初めて
人生が劇的に変わっていくものなんですよね。

 

…な~んて偉そうなことを
書いているわたしですが…


かくいうわたしも
以前はビジョンばかり思い描いて

 

実際にどんなふうに行動したら
それが叶えられるのかさっぱりわからず…


たくさんの情報の海をさまよい続ける迷い人
でした!

 

こんな未来を叶えたい!という夢だけはあるけれど


現実の自分はその夢からは
あまりにも遠いところにいて


「これって本当に叶えられるのかな…(泣)」


と、心が挫けそうになる日々を
過ごしていました。



そしてわたし自身、そんな経験があるからこそ


女性が持つ右脳的な「ビジョンを描く力」を
最大限に活かしつつ、

 

左脳的な「仕組み」「型」の力を
上手く活用することで

 

女性が一度きりの人生を
後悔なく自由に生きるための
実践的サポートがしたい!!

 

と強く思うようになり。


それから様々な研究と実践を経て
今のこの活動をしています。

 


というわけで、今日あなたに
何よりも知って頂きたいことは…


ビジョンを叶えるための起業
において必要なのは、

 

右脳と左脳をバランス良く使って
「ビジョン」と「行動」の
両輪を回しつづけること!


そして特に

「仕組みづくり」
「分析」
「型をつくる」

などの言葉にアレルギー反応を起こしてしまう
以前のわたしのような女性にこそ、

 

起業やビジネスにおいて上手くいく

ごくシンプルな「仕組み」と「型」を習得することで…

 

自分の持つイメージ力や
想像力やワクワクするひらめきが


最大発揮出来るようになるのだ
ということを


これからのメルマガやブログでの発信で
知っていただきたいと思います!


それではまた♪