実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

意外なほどみんなやっていない、「最高の未来」を叶えるために何より大切なこと。

今年最後の「無料個別相談会」、限定枠で実施します!

ライフデザインナビゲーターの
みのりです。

わたしは一昨日から昨日まで
福岡から飛行機に乗って横浜に行っていました。


わたしの師が月1回開催されている
チーム講義に参加し、ビジネスや
起業家としてのあり方について学ぶためです。

わたしは毎年初めに
「叶えたいことリスト100」
というものを作っているのですが、

 

今年書いたリストの中の1つに、
「月1回以上は学びや出張の旅に出たい」
というものがありました。

 

「思い描いていた未来」が実現するとき

わたしは6歳児と3歳児の
母親でもあり、夫は会社員なので、


平日は基本的に
ワンオペ家事育児をしています。

 
上の叶えたいリストを書いた
今年のはじめの頃は、


「月に1回旅にでる」ことに心から憧れつつも…

 

・子どもをどうするのか
・旅費はどうするのか
・学びにいっても結果に繋がらないとムダでは?

 

という3つの制限
自分自身にかけている状況でした。


でもとにかく
「そうなったら最高だ!」と思えるビジョンを
まずは手帳に描いておいたのです。

 

ですが、それから10ヶ月経った今、
ふと振り返ってみたら…

 

今年の夏から毎月飛行機に乗って
学びの旅に出かけている自分がいました。

 

そして毎月旅に出る度に、じぶんの中にある

 

「人生はこんなものだろう」
「わたしはこんなものだろう」


という自分の中の常識
(=当たり前)が…

 

ガラガラと大きな音を立てて
崩れ落ちていく
のを体感しています。

 

それくらい、毎月旅に出て
学びの場に身をおくことは、


わたしにとっては
怖いけど最高にワクワクして、

 

そして自分自身の意識を確実に
アップデートできる
とても貴重な体験なんです。

 

さらに素晴らしい起業家の先輩方と
同じ空間を共有しお話を聞くことで


視野がぐっと広がると同時に、
自分のセルフイメージも少しずつ変わり、


学んだことを即シゴトに生かすことも
できるようになってきました。

 
最初に叶えたいリストを書いた当初は
自分の中で感じていた
「3つの制限(子ども、お金、どうせムダ)」も…

 

自身が学びを実践して結果をだしつつ、


夫や家族に自分のビジョンや
そのために今していることを話して
心から応援とサポートをしてもらうことで


制限を超えるための体制が少しずつ
整っていき…


今ではもう、
なんとも思わなくなり
純粋に旅を楽しめるようになりました^  ^

 

ビジョンは今の延長線上からではなく「最高の未来」から逆算する

f:id:ookiminori:20181010124039j:plain

特に小さいお子さんを子育て中の女性は


「やりたいことはあるけれど
まだ子どもが小さいから…」

 

以前のわたしと同じように
自分自身の行動に制限をかけてしまう人
多いと思います。

 
でも、だからといって自分の心の中にある
「動きたい!」
「こんなことをやりたい!」という望みに


最初からフタをして
なかったことにしてしまうのは、
とてももったいないことです。


でもそういう人って
実はすごく多いのですよね。

 
今の状況にどんなに制限があるように見えても、

「ビジョンを描くこと」は、誰でも自由にできます。

 
そして、この世界は
「思考は現実化する」ように創られています。


「そこそこの未来」ばかりを
思い描いていたら、「そこそこの未来」が。

 

「最悪の未来」ばかりを思い描いていたら、
「最悪の未来」があなたのもとにやってくる。

 

そんな仕組みになっているのです。

 
だからこそ、
そこそこでも最悪でもない
「最高の未来」を実現したいと思ったら


意外なほどみんながやっていない
シンプルかつ大切なことをする必要
があります。

それは、制限ありきの
「今」の延長線上だけを見て
未来を描くのではなく…

 

制限も思い込みもとっぱらった
「自分の最高の未来」を思い描き

 

そこから逆算して


「今」できることを
1つずつ行動に移していくこと。

 
そうすれば、その思い描いた
「最高の未来」が現実化していくのです。

 

そしてそれこそがわたしが
ライフデザインナビゲーターという
自分のシゴトを通して
この時代を生きる女性に伝えたい、

 
今この瞬間から、
思い描いたビジョンを叶えていく方法です。

 

「一度きりの人生を
後悔せずに楽しんで生きたい!」と思ったら…


ぜひ、
「今の延長線上」ではない
「最高の未来」を思い描くことから
始めてみてくださいね!