読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

共働き主婦の悩めるご飯作りに。週末の「つくおき」で自分時間が作れます。

スポンサーリンク

1ヶ月ほど前から急に夫の仕事が忙しくなり
平日は夜9時~午前様の帰宅になりました。

 

我が家には5歳と2歳の子どもがいますが
平日はわたしが一人で家事と育児を全て担当しています。

 

在宅とはいえども、
朝から夕方までフルタイムで働きつつの家事育児。
毎日が結構ハードです。

 

ですが今は夫も頑張っている時期なので、
できるだけ仕事に集中できるように応援したい。

 

そこで、ここ最近お休みしていた
ある習慣を復活させてみることにしました。

 

週末の「つくりおき」で平日の自分時間を確保する

f:id:ookiminori:20170316021142j:plain

わたしが復活させた習慣は
週末のおかずの作り置き、「つくおき」です。

 

料理が苦手な主婦、卒業? 週に一度の「つくおき」でレシピのレパートリーがどんどん増えています。 

 

元々は料理が苦手なわたしでも
ラクにレシピを増やせるようにと始めた「つくおき」ですが…

 

今の我が家のように、
日々のタイムスケジュールが詰まっているときこそ
「つくおき」は真価を発揮する。


そのことをしみじみと実感しました。

 

今回は先週末の夕方にその日の夕飯作りと並行して
3品の常備菜を作っただけ。

 

それでも今週の前半はこのつくおきに助けられて
仕事中に「今日のご飯何にしよう…?」なんて
余計な悩み事に時間をとられずにすみました。

 

主婦が在宅で仕事をしていると、
仕事中にも家事の段取りが気になったりして
ONとOFFのメリハリがつきにくのが難点。

 

ですがその中でも毎日欠かせない料理に関して
「つくおき」を取り入れることで


安心してその日の仕事に集中したり、
読書など自分を深めるための自分時間を作ることができるのです。

 

お気に入りは何度も作ってレシピを習得

f:id:ookiminori:20170316021156j:plain

今回の「つくおき」で初めて挑戦した、
豚こまのカリカリ焼き。

もっとつくおき 』という本に載っていたレシピです。


簡単にできるのに、
これがものすごく美味しい!

 

使っているのは豚こまなのに、
わたしが大好きな鶏皮と錯覚してしまうほど
パリッとした感触と香ばしい味なのです。

 

子どもが食いつくのはもちろん、
大人のおつまみにもピッタリ!

 

この本のレシピはどれも美味しいのですが
特に気に入ったものは何度もリピートして
レシピを覚えてしまうようにしています。

 

そうすることで、より早く効率的に
家族に美味しい料理を作ってあげれるように、
と思っています。

 

終わりに

わたしは料理は得意ではないですが
食べることは大の得意です♪

 

だから
料理は作ってすぐ食べるのが美味しい!
という人の気持ちもすごくよく分かります。

 

それでも
夫婦共働きでまとまった時間がとれなかったり
未来のために自分の時間を優先したいとき。

そんな時の自分にとって
「時間の余白」をプレゼントしてくれる

作り置きという習慣は、
とても力強い暮らしのサポーターなのです。

 

今のわたしはまさにその時期なので
この習慣を改めて大切にしていきたい。

 

これからも自宅で過ごす週末には作り置きをして
慌ただしい平日にも心に余裕をもって過ごせるよう
暮らしを整えていきたいです♪

 

★暮らしをラクに整えるコツはこちらにも(トラコミュ)

もっと心地いい暮らしがしたい!

☆簡単お料理レシピ☆パン料理・晩御飯 

時短家事の工夫 

暮らしの見直し 

家事が楽しくなるモノ・工夫 

シンプルで豊かな暮らし