実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

持ち庭よりも、徒歩1分の公園。「どこに住むか」を自由に選べる賃貸暮らしの楽しみ方。

スポンサーリンク

暮らしをミニマムにすることで
生き方の自由度を高めたい。

 

そう思った私と夫は少し前まで
家賃という固定費削減のために
賃貸アパートを引っ越すつもりでいました。

 

ですが最近夫婦で出した結論は
「まだしばらく、ここにいよう。」

 

理由はいくつかありますが
その中でも大きな理由の1つは
我が家から徒歩1分の場所にある「公園」です。

家族みんなが大好きな、芝生公園。

f:id:ookiminori:20160412140419j:image

今住んでるアパートから徒歩1分の芝生公園。

 

この公園のことが、私も夫も子ども達も
家族みんな好きすぎるんです。

 

特に、入院していた息子が先月末に一時退院して
家族が久しぶりに揃ったこともあり

 

晴れた日に家族みんなで歩いて公園に行き
だだっ広い芝生でボール遊びをしたり、自転車乗りをしたり。

 

そんな何気ないひとときが
こんなにも家族みんなを笑顔にしてくれるんだ
夫婦ともに身にしみて実感しています。

 

持ち庭に憧れたこともあったけど。好きな公園の近くに住む幸せ。

わたしは数年前まで
持ち家、持ち庭がある生活に憧れていました。

 

庭があれば子どもを好きなように遊ばせたり
家族みんなでバーベキューなんかも出来るなぁ
なんて夢見たりもしましたが

 

今は、持ち庭よりも
住まいのすぐ近くにステキな公園があることを
心から嬉しく思っています。

 

f:id:ookiminori:20160412140447j:image

遊具もほとんど置いていない
ただひたすらに広い芝生公園だけど
その広さと、開けた視界がとっても気持ちいいんです。

 

4歳の娘にとっては
この公園はまさに庭のようなもので
自由自在に駆けまわって遊びます。

 

歩くのがだいぶ早くなった1歳の息子も
芝生を踏みしめながらニコニコと
自分の足で歩くことを楽しんでいます。

 

サッカー大好きな夫と
子ども二人が無邪気にボールを蹴り合っているのを
ベンチに座って眺めているのが
わたしの癒やしの時間。

 

元々今のアパートを選んだ一番大きな理由も
この公園がすぐそばにあることでしたが

 

その選択に間違いはなかった
と今では強く思っています。

 

家賃は今の我が家にとっては安くはないけれど
先日改めて家計シュミレーションをしたことで

 

他の固定費もまだまだ削減できるし
引っ越しをしなくても
我が家の家計はプラスに向かうことを再確認できました。

 

▼参考記事

1年間書き続けた家計簿が、我が家のお金の未来は明るいと教えてくれた。 - 実り多き人生

 

なので今のわたし達家族にとって
大好きな場所があるこのアパートに


これからしばらくの間も住み続けよう
という決断ができました。

 

「どんな家にすむか」よりも「どこに住むか」

賃貸暮らしはライフスタイルによって
住みたい場所を気軽に変えられるところが一番の魅力です。

 

もちろん将来はどうなるかは分からないけど。

 

少なくとも今の我が家にとっては
「どんな家に住むか」よりも「どこに住むか」
のほうが大切なんだということを

 

今回の「引っ越ししない」という決断で
改めて感じることができました。

 

 

子どもがもっと大きくなれば
きっと私たちは住む場所を変えると思います。

 

その時々の家族にとって最適な環境がある場所に
気軽に移動できる暮らし。

 

そんな賃貸暮らしを
わたしはとても気に入っています。