実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

快眠&早起きの鍵は、就寝後の90分にあり!?『スタンフォード式 最高の睡眠』に学ぶ、睡眠の黄金ルールとは。

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。

早起きを制するには、睡眠を制すべし! 

というわけで
スタンフォード式 最高の睡眠』という本を読みました。

 

今日はこの本の中から
わたしにとって目からウロコ!だった、 
快眠&スッキリ早起きするために欠かせない
睡眠における「黄金の90分」ルールについて紹介します。

 

【目次】

「スタンフォード式 最高の睡眠」への鍵は、眠りについてからの最初の90分!

f:id:ookiminori:20170726170447j:plain

「睡眠の種類は大きく2つに分かれている」
と言うのは、誰しも一度は聞いたことがあると思います。

  • ノンレム睡眠(脳も体も眠っている睡眠)
  • レム睡眠(脳は起きていて体は眠っている睡眠)

この「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」が明け方くらいまでに4、5回くり返し現れ、明け方になるとレム睡眠の出現時間が長くなるのが通常の睡眠パターンだ。この浅くて長い明け方のレム睡眠時に目覚めるのが、自然な流れである。

引用:スタンフォード式 最高の睡眠

 

人間が寝ついたあと、
すぐに訪れるのは約90分の深いノンレム睡眠なのだそう。

f:id:ookiminori:20170728042021j:plain

本書によると、眠りについた直後に訪れる、
最初の90分間の深いノンレム睡眠こそが、
最高の睡眠を得るための鍵なんだとか!

「睡眠時間で一番大事なのはいつ?」と聞かれれば、それはやはり「最初の90分」。

肝心なのは最初のもっとも深いノンレム睡眠に無事たどり着くこと。

引用:スタンフォード式 最高の睡眠

 

寝ついてすぐの90分間が
その日の睡眠の質を決定づけているなんて…

確かにわたしの生活をふり返ってみても
寝つきのタイミングが上手く行かなかったときは


その後眠れたとしても朝が起きづらく、
日中も眠気が起こったりして

スッキリした感じがしないことが多くありました。

睡眠の質を高めて、すっきり早起きするには、
寝付いてからの黄金の90分を死守することが大事!
なんですね。

 

スタンフォード式:最高の睡眠を手に入れる「黄金の90分」の3つのメリット

f:id:ookiminori:20170728043431j:plain

本書によると、
最初の90分間のノンレム睡眠によって

得られるメリットは3つあります。

 

メリット①寝ているだけで「自律神経」が整う

入眠して眠りが深まっていくとき、交感神経の活動が弱まり、副交感神経優位になる。「活動時は交感神経、休息時は副交感神経」という自律神経の役割後退がスムーズに進むと、脳も体もリラックスし、しっかり休息をとることができる。

引用:スタンフォード式 最高の睡眠

自律神経が乱れるとよく見られる不調の中には
頭痛、ストレス、疲労感、イライラ、肩こり、冷え性
などがあるそうです。

 

起きている状態から副交感神経優位に切り替わる、
最初の90分間のノンレム睡眠をしっかりとることで
自律神経からくる不調を緩和してくれるんですね!

メリット②グロースホルモンが分泌する

 「グロースホルモン(成長ホルモン)」とは、
子どもの成長に関与するだけでなく、
大人の細胞の増殖や正常な代謝を促進させる働きをするホルモンのこと。

このホルモンが最も多く分泌されるのも、
最初のノンレム睡眠が訪れたときなんだそうです。

仮に5時間睡眠で起きなくてはならなくても、最初の90分をしっかりと眠れば、好き無くともグロースホルモンの全体量はさほど変わらずにすむのだ。

引用:スタンフォード式 最高の睡眠

 

睡眠時間をしっかりとれないときも、
最初の90分を死守することで、短時間睡眠による
ダメージを減らすことが出来るんですね。

 

メリット③「脳のコンディション」が良くなる

質の良い眠りには、ノンレム睡眠だけでなく、レム睡眠も欠かせない。
たとえばうつ病患者には最初の深いノンレム睡眠が十分でなく、レム睡眠もとても早く出現する(従来より、うつ治療として「レム睡眠断眠法」もある)。

引用:スタンフォード式 最高の睡眠

 

うつ病や統合失調症の方などは
最初の90分睡眠が乱れているというデータから

眠りの始めの90分ノンレム睡眠には、
脳のコンディションを整える働きがある、
と考えられるとのこと。

 

悩みや心配事があると寝つきが悪くなり、
朝もなかなか起きれなくなるのも、
科学的に言えばこの90分間のノンレム睡眠の乱れ
大きく関係しているのかもしれませんね。

 

「最高の睡眠」を手に入れて、快眠&朝すっきり目覚めよう!

f:id:ookiminori:20170726170617j:plain

 (いつものシンプル付箋が途中で在庫切れするほど、学びの多い本でした!)

 

『スタンフォード式 最高の睡眠』に学ぶ、
快眠&早起きにかかせない睡眠の黄金ルールは…

眠りに入った最初の90分のノンレム睡眠を死守すること!

 

わたしもこれからは
入眠環境を整えて寝つきを良くすることを
より意識していこうと思いました!


この本には他にも、

  • 睡眠クオリティを上げる3つの「体温スイッチ」
  • 睡眠レベルをさらに高める「スタンフォード覚醒戦略」
  • 世界のトップがやっている超一流の仮眠術

などなど…


知らなかった!と驚き、
かつすぐに始められる実践的睡眠メソッド
たくさん紹介されていましたよ。

 

睡眠の質を上げて、朝すっきり目覚めたい!
というあなたは、
ぜひチェックしてみてください♪

 

 こんな記事も書いています。
親子で最高の睡眠を得るために、子育て中のパパママが寝る前に心がけたい5つのこと。
「夏の暑さで睡眠不足」な人必見!熱帯夜でも快眠するための3つのコツを実践してみた結果は…? 

「悩みや心配事があると朝早く起きられない…」そんな時のわたしの対処法は?