実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

執着を手放すと、必要なものがベストな形でやってくる。

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。

 

いつも朝3~4時に起きて、ウキウキと朝活を楽しんでいるわたしですが、今日は久々に起き抜けから調子が悪い日でした。

 

いつもならそこで頑張って体も気持ちも立て直そうとしてしまうのですが…

最近は自分の体の声や直感に従うことにしてるので、朝活からペースを緩めることに。

 

そんな中でちょっとした気づきを得ることができたので、シェアしますね。

体調不良と息子のケガで、今日は「休む日」だと決めた

 

夜中からものすごい雨と雷で何度も目が覚めてしまい、さらに気圧の変化に弱いわたしの体に偏頭痛がやってきて。

 

今日はきっとペースを落としてゆっくりした方がいい日なのだと、体が教えてくれているのを感じました。

ですが実は数日後に、初めてのリアルでのミニワークショップ開催が控えていて。

 

そのためのスライドづくりやワークの構成を考えないといけないし、ゆっくり休む余裕なんてないのかも…
なんて不安が頭の中にいすわっていました。

 

そんな中、子ども達を保育園に連れて行こうとしていたら、なんと息子が階段ですっ転んでおでこを打ってしまい。

 

息子はわーっと泣いた後、すぐにケロッと元気になったのですが…

おでこが少し腫れていて、打ったのが頭部ということもあり、大事をとって息子を休ませ、病院に連れていくことにしたのでした。

 

「なんとかなる」と思って手放すと、アイデアが降りてくる

f:id:ookiminori:20180305135043j:plain

写真は昨日出先で立ち寄り参拝した、山の上にある神社からみた景色。澄んだ空気が心地よかった。

 

そんなこんなで、午前中いっぱいは病院に行ったり息子のお世話をしながら過ごしていました。

 

息子の頭のレントゲンを撮ってもらいましたが、今のところ特に問題はないとのことで、本人も元気そうだったのでホッとひと安心。

 

母を独り占めできて嬉しそうな息子の顔を見るのがわたしも嬉しくて、2人でのんびりと過ごしていました。

 

そして朝の段階では「ワークショップの準備、どうしよう…」と思っていたわたしですが…

息子を病院に連れて行くと決めた時点で、「そっちはなんとかなるでしょ」と不安な気持ちをパッと手放しました。

 

すると、とっても不思議~なことに。

 

家に帰ってから、息子の様子を見つつ洗濯物を干している時に、急にひらめいたんです。

 

今度のワークショップで、「こんなワークを参加者さんとやってみたらいいかもしれない」というナイスなアイデアが!

 

そこで降りてきたひらめきによって、ワークショップの構成とイメージが自分の頭の中で9割がた完成したので、それまで感じていた不安は一気に吹き飛びました。

 

こういうことって、実はわたしは今までに何度も体験しているんですよね。

 

何か1つのことに対して、不安になったり焦っている時はなにも良いアイデアを思いつかないのに…

 

一旦それについて考えることを手放した後に、フッと良いアイデアや解決策が浮かんできたり、今の自分に必要な情報を目にしたりする。

 

今日のアイデアは、わたしが自分の体調不良と息子のケガをきっかけに「休む」ことを選択し、不安に思う気持ちを一時的に手放したからこそ、ひらめいたのだなぁと感じています。

 

「物事への執着を手放すと、その時に必要なものがベストな形でやってくる」というこの現象は、毎回どこからどんな形でやってくるかは分かりません。

 

だけどそれがやってきた時には目の前の景色が変わったかのようにパッと物事がクリアになるので、毎回「おもしろいな~」と思っています(笑)

 

おわりに

ペースを緩めると決めて、休むことへの不安な気持ちを手放してみたら。

逆にベストなアイデアが浮かんで、何にもしてないのに物事が進んだよ~

という小話でした。

 

息子はただ今お昼寝中ですが、大好きな犬のぬいぐるみを抱いてすやすや眠っている姿がもう可愛いくてたまりません。

 

そんな可愛すぎる息子とこの後ものんびりと過ごしつつ、ゆる~く活動を進めていこうと思います。

 

では!