読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

あふれ出すくやし涙は、自分の人生を生きている証になる。

スポンサーリンク

恥ずかしい話をしますが
今年の初めにわたしは甲子園球児も顔負けの
盛大な悔し涙を流しました。

 

「くやしい」という気持ちをこんなにも全身で味わって
肩を震わせて泣いたのは、一体いつぶりだろう?

 

正直思い出せません。

 

そのくらい、くやし涙は
最近までのわたしには縁遠いものでした。

 

【目次】

 

「学びたい」という想いが叶わなかった

f:id:ookiminori:20170121041223j:plain

わたしはこの1年間、
ブログを通して色んな人と出会う中で
もっと自分を磨くために生き方や仕事について勉強したい、
と思うようになりました。

 

この人から学びたい!と思う方と
幸運にも出会えたということもあり
定期的な学びの場に自分を置きたいと強く願ったのですが。


学費面や、子どもが小さい今の家庭状況を考えると
今はまだそれを実現するタイミングではない
という結論に至りました。

 

正直いうと、
少し前の自分なら受講を考えもしなかったほど
今のわたしにとってハードルの高いことだったので
今回の結果には自分自身が一番納得しているのです。

 

だけど、現実を越えてでも「学びたい!」と
強く前向きに思った自分の想いが
叶わなかったことが、ただただ悔しくて。

 

自分でも驚き、とまどってしまうほどの悔し涙が
後から後から溢れてくるのでした。

 

悔しさは、自分と正面から向き合った証

f:id:ookiminori:20170121041253j:plain

思えばわたしは小さなころから
「学ぶ」ということが大好きでした。

 

学生時代はもちろん社会人になってからも、
色んな場で新しい人との出会いや体験を通して
知識や気づきを得ること。

そしてそれを元に新しいことに挑戦したり
得た気づきを周りの人と分かち合うことが
時間を忘れて没頭するほど大好きだったのです。

 

ですが結婚して子どもを産み
家庭と仕事の両立に奮闘するようになってからは
慌ただしい一日をなんとかやり過ごすだけの毎日に。


「自分のための学び」を人生から追い出した。

そんな時期がしばらく続きました。

でも、だからこそ。
今回の出来事はただ悔しいだけでなく
自分自身と改めて向き合う時間を作れたこと。


そして
自分の人生を動かすための「やりたいこと」と
真正面から向き合えた証拠でもあるなぁ
と、泣きながら思ったのです。

 

くやし涙が教えてくれる、生きているという実感

f:id:ookiminori:20170121041342j:plain

この年になって
くやし涙でこんなにも全身を震わせるなんて
わたし自身、今までまったく想像していませんでした。

 

くやしくて涙が止まらないのだけど、
その一方で。

 

ああ、ちゃんと自分の人生を生きてるなぁという
実感のこもった嬉しさが
心の底からフワァーとこみあげてきたのでした。

 

わたしはこの悔しさと嬉しさが入り混じった
不思議な感情を糧にして
これからもっと前に進んでいける気がします。

 

終わりに

たった1年間でも、
その気になりさえすれば自分と周りの環境は大きく変わる。
そのことをわたしは知っています。

 

だから1年後の今頃には今よりもっと
自分自身がやりたい!と思うことを
シンプルに実行できる自分になっていたい。


そう思うと気が引き締まるとともに
心がワクワクしてくるのを感じます。

 

もちろん、学ぶことを諦めたわけでもなくて
今の自分が最大限学べるフィールドに
今年もドキドキしながら飛び込みにいきます。

 

あの時のくやし涙があったから、今がある。

 

将来振り返った時にそう思えるように
今のわたしにできることを、
毎日コツコツと積み重ねていきたいです。