読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

続けたいことはあえて多くやらない。「物足りなさ」を味わうくらいがちょうどいい。

スポンサーリンク

思考をスッキリさせて、行動力をアップさせたい。

 

そう思って始めた「1日10分断捨離」

 

そんなわたしは元々片付けや問題解決などで
空間や物事ををより良くすることが大好物。


なので1日10分断捨離をやってみただけで、
これを一気に進めてスッキリしたい!
という気持ちがムクムクと。

 

だけど今はあえて
その気持ちに乗っからないと決めています。

【目次】

習慣化したいから、あえて多くやらない

 

いつものわたしならば、
「もっとこれを続けたい、進めたい!」と思うと
その勢いに乗っかって一気に物事に手をつけてしまうところ。

 

モノと向き合う習慣が今まで全くなくて、
断捨離に弾みをつけたい!という人なら
この方法は効果的だと思います。

 

でも今回のわたしの目的は
ただ家の中を片づけてスッキリさせたいというだけではなく、



断捨離を通して思考をスッキリさせ、
行動力のある自分になりたいから。

 

モノを減らして空間をスッキリさせるのは、
正直1日あれば可能です。

 

だけどそれだと一時的に気分がスッキリするだけで
断捨離への気持ちもそこで冷めてしまうから
翌日からはジワジワとまたモノが増えていくことに。

 

空間はたった1日でも変化するけれど
人の思考や行動を本当の意味で変えていくには
ある程度継続したプロセスが必要。

 

それが今回あえて多くやりすぎない
「1日10分断捨離」を始めた理由です。

 

「物足りなさを感じる」くらいがむしろ良い

例えば友達や知り合いと会うときだって、
時間をたっぷり使ってお互いの近況や
関心のある話題などをぜーんぶ語り尽くしてしまうよりも。

 

お話する時間が足りなくて、
もっとあの人と話をしたかったな~!と
惜しみながらお別れした方が、
次に会うのが断然楽しみになりますよね?

 

何かを習慣化して体に覚えさせる時もそれと同じ。


最初は「もっと続けたかったな…」と
物足りなさを感じるくらいの方が、
明日にまたそれをやれることへのワクワク感が持続するのです。

 

これって何も片付けだけではなくて
早起きやランニング、読書などの習慣化にも使えること。

  • まずはいつもより10分だけ早く起きてみる
  • ウエアに着替えて5分だけ歩くことから始める
  • 1日3ページだけ本を読む 


これは『30日で人生を変える 「続ける」習慣
という習慣術の本でも紹介されている、
「ベイビーステップ」という方法なんです。

 

最初は地面すれすれまでハードルを下げておいて
物足りなさをバネにじわじわ~っとハードルを上げていく。

 

そうすることで挫折を感じることなく
楽しんで習慣を身につけることが出来るんですね。

 

おわりに

というわけで、楽しさを感じたら
いつも一気に進めてしまいたくなるわたしですが
しばらくは1日10分だけ断捨離を続けたいと思います。

 

断捨離はモノの管理という負担を減らして
行動力を高めるためのツールであって、
それ自体が目的なわけではないですしね。

 

実際に朝一番に時間を決めて断捨離することで、
気になっていた片付けについて
それ以降はモヤモヤと考えずにすんでいます。

気持ちが切り替わることで、
他の行動へのとりかかりが早くなっているのを感じていますよ~。

 

この調子で、「物足りなさ」を上手く使って
身の回りも思考もスッキリとさせていきたいです♪