読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

おふみさん著『ミニマリストの部屋づくり』は、「幸せを感じる瞬間」を増やしたい人に読んで欲しい本。

スポンサーリンク

大人気ブログ「ミニマリスト日和」のおふみさんの新刊、
ミニマリストの部屋づくり』が発売になりました。

 

なんと今回、
おふみさんよりこの新刊をプレゼントして頂いたので
さっそく読んでわたしが得た感動をお伝えしますね!

「モノは少なく、でもほっこりと落ち着く」部屋づくり

ミニマリストの部屋づくり

おふみさんブログの大ファンで
前作『服を減らせば、おしゃれになる』をバイブルとして
おしゃれ修行に励んでいるわたしですが


今回の新刊はおふみさん流
「スッキリだけど、ほっこり落ち着く部屋づくり」
がテーマ。

 

「ミニマリスト」と聞くと
なんにもない部屋で修行僧のように暮らす
無機質なイメージをもたれる方も多いのかもしれません。

 

でもおふみさんの考える「ミニマリスト」とは

  • 自分にとっての適量がどれくらいなのか探りながら暮らしている人
  • かつ、モノが多いより少ない方が、心地いいと感じる人


モノの数をただ減らせば満たされるわけじゃない。

 

最小限のモノでミニマルに暮らしながらも
自分らしさを大切にして、
そこにいるだけでほっこりする空間を作りたい。

ミニマリストの部屋づくり 裏表紙

そう考える人のために
今日からすぐに真似できる具体的アイデア
4つのテーマごとにたくさん詰まっている本でした。

 

すぐに行動したくなるアイデアが満載

本の中の全てのページは
おふみさん描き下ろしのカラーイラストで彩られていて
実用的なアイデアをとても分かりやすく伝えてくれます。

f:id:ookiminori:20161003123519j:image

おふみさんの本は
可愛らしいイラストを見ているだけでも楽しくて
何度も読み返したくなるのが魅力。

 f:id:ookiminori:20161003123529j:image

でも今回の本は特に内容が濃く、
読み進めている途中で部屋の見直しをしたくなってくる
まさしく行動に移すための背中を押してくれる本でした。

 

断捨離でモノをだいぶ減らしたつもりのわたしでしたが
モノの手放し方&選び方の章を読んで
もう一段階深いところでモノと向き合える気がしています。

 

また、最小限のモノで暮らしながらも
「自分らしい部屋にするために、飾るコツ」など


センスが乏しいわたしでもこれならすぐにできる!
とワクワクするアイデアがいくつもあったので
早速1つずつ実践してみようと思います^  ^

「幸せだな」と思える瞬間を増やすために、読んで欲しい本

この本の最初の方で、
おふみさんがこんなことを書かれています。

生活のなかで、自分が
「ああ、幸せだな」と思える瞬間を増やすために
モノを少なくするのです。

最初に目にしたこの言葉が忘れられなくて
胸に刻みながら読んだこの本。

 

読み終わったわたしはこの本を
新しい生活を始めるために引越し準備中の姉にも
どうしても読んで欲しい!という気持ちに駆られ。

 

すぐさまAmazonで同じ本を購入して
姉のところに送りました。

 

これからはモノは少なくていいから
自分のお気に入りのものだけに囲まれて暮らしたい。

 

そう言っていた姉にとってこの本は
きっと新しい暮らしのなかで
「幸せを感じる瞬間」を増やすための大きなヒントになる!

わたしはそう確信しています。

 

終わりに

f:id:ookiminori:20161003123544j:image

「少ないモノでスッキリ。でもほっこり落ち着く部屋」
って理想ではあるけれど、それってどうやるの??

 

姉やわたしと同じように、そう思っているあなたにも
ぜひ手にとって読んでみて欲しい。

この本は
具体的なやり方を示してくれるだけでなく
寄り添いながら一緒に前に進んでくれます。

手元に置いて、何度も読み返しつつ実践することで
スッキリとほっこりを兼ね備えた
自分にとって心地よい空間を手に入れることが出来るはず。

 

おふみさん
本当に素敵な本をありがとうございました!