実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

『服を減らせば、おしゃれになる』を読んで、おしゃれ迷子な私がすぐに実践したい3つのこと。

スポンサーリンク
ブログ「ミニマリスト日和」を運営されている
おふみさん(id:mount-hayashi)の最新刊

服を減らせば、おしゃれになる』を読みました。

f:id:ookiminori:20160331040934j:image

おふみさんがブログで描かれるイラストは

おふみさんが

選んでそばにおいているモノへの「愛情」がにじみ出ていて、

わたしをいつもホッコリとした気持ちにさせてくれます。

 

そんなおふみさんの

素敵なイラストと手書き文章が満載のファッション本は、

眺めるだけでも心がときめくのはもちろん、

 

本の帯に書いてあるとおり

クローゼットの中の服が正直イマイチなものばかりなわたしにも

 

「これならわたしでもすぐに実践できそう、やってみよう!」

と思えるヒントをたくさんもらえました。

 

今日はその中から、

特に「これぞ!」と思ったものを3つ紹介します。

 

【目次】

 

1.自分の定番アイテムを、少数精鋭で持つ 

これを着ておけばOK、という自分の定番アイテムを少数精鋭で持って、くり返し着る。

おしゃれもほどほど楽しみながらヘビーユースし、傷んだらトレンドを意識したシルエットにアップデートしながらそのときの自分に合う形のものに買い替える。

 

おふみさんはそう言って

おふみさんが定期的に買い換えてでも持ち続けたい

定番アイテムを紹介してくれています。

 

なるほどなぁ。

そもそもわたしに「これさえ着ておけばOK」

なんて服はあっただろうか?

 

…いや、ない。(ガーン)

 

その時その時で

自分がビビッときた服を後先考えずに買ってしまうから

一回着倒したらそれで終わり、なことばかり。

 

特に出産してからは

変わってきてしまった体型に合うものが見つけられなくて。

 

何を着てもシックリこない 。

→ いつの間にか着なくなる。

→また新しい服を買う。

の繰り返しでした。

 

自分に合う定番アイテムを知ってさえいれば

ほどほどに流行を意識しながらも、同じものを着続けていけるから

服に対する迷いもなくなるんだろうな。

 

でもそんな自分にとっての定番アイテムを

どうすれば見つけられるんだろう?

 

2.自分の「強み」「弱み」を知る

「強み」「弱み」を知ることで、自分のスタイルを確立する

1人ひとり、体のパーツの中で強みとなる「見せるべきパーツ」があります。

その強みパーツを出して、隠すべきところは隠したり、鎖骨を見せるとキレイ、お尻を隠すと着痩せして見える、とか。 

 

 おふみさんは

「強み」「弱み」を把握して自分のスタイルを確立させたい

と書かれていて、

その具体例としてPerfumeを挙げられています。

 

のっちならショートパンツで黒のワンレンボブ、美しい脚という出すべきところを出して、シンプルな髪型で顔の美しさが際立ちます。

おお! たしかに!

 

自分の「強み」「弱み」を知ることで

自分を一番魅力的に見せてくれる定番アイテムを見つけられる。

 

まずは

今の自分の体ともっと向き合わなきゃなぁ

と思いました。

 

「骨格診断」や「カラー診断」で自分に似合う服を知る 

おふみさんは本の中で

「骨格診断」「カラー診断」

自分に合う服の形や素材、色を見つけたと書かれていました。

 

わたしは20代の頃に受けたカラー診断で

自分のカラーが「オータム」だということは知っていたけど

 

元々好きな色だった

「緑色が自分には似合う」ということだけインプットして

オータムの人に合う他の色は

ほとんど意識しないまま、ここまできてしまいました…。

 

だから困ったときはとりあえず緑に頼りがちで

気を抜くと緑だらけのコーデで

自然と一体化してしまいそうになります(笑)

 

緑以外にも似合うカラーを把握して

「自分が好きなだけじゃなくて、自分に似合う服」

を厳選して持てるようになりたいなぁ。

 

「骨格診断」も、とても気になります。

骨格診断®とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則 

 

自分の定番アイテムを少数精鋭で持ち

おしゃれ迷子から脱出するためには

まず「自分の体」にもっと目を向けることか大事だと感じました。

  

3.流行を知る

 「"THE 定番"ばかりではなく、流行のシルエットも取り入れて楽しみたい」

 

流行を知るための情報収集についても

おすすめのサイトやアプリがいくつか紹介されていました。

 

気になる雑誌をいくつか読んでみても

自分にとって「これ素敵!&わたしにもできそう」

と思えるコーデをほとんど見つけられないわたし。

 

でもアプリを使えばピンポイントで

おしゃれピープルのアイテムの着こなしを勉強できる!

 

さらに自分が持ってる服の活用法もわかるので

コーデの幅が広がりそう。

 

わたしは田舎に住んでいるし

おしゃれさんが集まる都会まで出る機会はあまりないため

 

アプリで見つけた「すてきなコーデ」を

なぜ良いと思ったのかを分析しながら勉強して

自分の服の活用に活かそうと思います。

 

終わりに

本に書かれてあった中で、特に印象的だった言葉。

最近思うのは、人生における「美を意識する時間」が長い方がいいな、ということ。

 

わたしは逆に長いこと「美を意識しないで」というか

「気にはなるけど見ないふりして」

過ごしてきたような気がします。

 

出産太りしてしまった

自分の今の体型が好きでないこともあるけれど

 

「もう、おしゃれを気にする歳じゃないし…」

なんて自分で自分に言い訳して

「美しくなること」を半ばあきらめていたんじゃないかな。

 

でも、暮らしを整えはじめて

「すっきりした空間の美しさ」を感じ取れるようになると

 

わたしがいる空間だけじゃない、

そこにいる「わたし自身」も美しくありたい。

 

少しずつそう思えるようになってきました。

 

おふみさんの本は、

そんなわたしの背中を優しくそっと押してくれるものでした。

 

まずは改めて全身鏡の前に立ち、

自分の体と向き合うことからはじめよう。

 

そしてこれから買う服も

その場のインスピレーションだけで突っ走るのではなくて

 

自分の「強み」「弱み」を把握した上で

わたしをいちばん魅力的に見せてくれるもの

じっくりと選んでいきたいです。

 

 

おしゃれは好きだけど

クローゼットにあるのはなんだかイマイチな服ばかり…。

 

そんなおしゃれ迷子なあなたにこそ

この本はオススメです!

 こちらの記事も合わせてどうぞ
おふみさん著『ミニマリストの部屋づくり』は、「幸せを感じる瞬間」を増やしたい人に読んで欲しい本。