実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

池田千恵さん著『朝の余白で人生を変える』が教えてくれる、毎日を輝かせるための朝時間の使い方。

スポンサーリンク

池田千恵さんの
朝の余白で人生を変える』を読みました。

 

池田千恵さんといえば
「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』や
朝活手帳 』などを出版、発売されている
朝活の第一人者です。

 

毎朝3時頃に起きている
早起きが大好きなわたしが読んだ池田さんの新刊は
早起きしてつくる「ひとり時間」の魅力と
その活用方法をあますことなく伝えてくれる、
たくさんの人にオススメしたくなる一冊でした!

 

今日はその中でも
特にわたしがグッときた部分を紹介します。


【目次】

朝の余白は自分を甘やかす時間

f:id:ookiminori:20170209051649j:plain

早起きして朝活をしている、と聞くと
「朝から勉強を頑張ってスキルUPに励んだり、
勉強会などに参加して人脈を作る」

というイメージを持たれる方が多いと思います。

 

ですがこの本の著者の池田さんは
早起きを「自分を甘やかす時間」としても捉えられています。

 

人よりも早起きして、
誰にも何にも邪魔されない時間の余白をつくる。

その中で自分がほんとうにやりたいことをして
1日の始まりに自分を甘やかし、大切にすることで
心に余裕を持ってその日を過ごすことができる、と。

 

わたし自身も、育児と仕事の両立に悩んでいた時に
早起きを始めました。

 

朝のひとり時間にやりたいことに夢中になることで
心に余裕が生まれ、考え方の視野も広がったのです。

 

朝活は、頑張って自分を追い込むものではなくて、
自分を甘やかして、大切にするための「余白」だと考えれば
早起きに対するストイックな印象はガラリと変わりますね。

 

超早起きブロガーが教える、あなたの朝活が続かないたった1つの理由。

 

記録することで身体のリズムを見つめ直す

早起きしたいなら、手帳に睡眠時間を書くことから始める

「早起きはしたいけど、
8時間は睡眠をとらないと頭が働かないから、できない。」

 

そんな声に対して池田さんは
「適正な睡眠時間は人によってまちまちだから、
早起きを誰にでも推奨つもりはまったくない」と書かれています。

それでもその人が少しでも「早起きしたい…!」
という気持ちを持っているのであれば、

まずは手帳に睡眠時間を記録して、
自分の身体のリズムを見直してみる
ことをオススメされています。

 

毎日の記録で自分の適性睡眠リズムが分かる

私は以前は、
自分は8時間寝ないとダメな人間だと思いこんでいました。

 

ですが今では、
自分の体と頭が一番気持ちよく働くための
適性睡眠時間は6時間半だと自覚しています。

 

これは1年間早起きを続けていく中で
就寝&起床時間を毎日チェックして、
その日の体調を観察してきたことで分かったこと。

 

今のわたしにとっては幼い2人の子どもに合わせて
夜8時に寝て、翌2時半に起きるのが
アクティブに1日を過ごすための最適リズムです。


もちろん疲れているときや
夜に予定が入って就寝時間がずれこんだときなどは
6時間半睡眠では足りなくなるので


その場合は何日か睡眠時間を増やして、
起きる時間を遅らせるなどの調整をしています。

 

こんな風に、
自分の主観で睡眠時間を決めるのではなく
実際の睡眠時間とその日の体調を観察すること。

 

それによって自分にとってベストな睡眠時間や
起床時間を把握することが
早起きを習慣化する第一歩だとわたしも考えています。

 

早起きで作る「孤独時間」が人生を動かす

著者の池田さんは朝食会や勉強会など、
朝の始業前の時間を有効活用して
人と交流する「朝活の場」を主催されています。

 

ですが、あえてひとりで自分と向き合う朝活を
「アクティブ孤独」と表現され、
ひとり時間の大切さについても書かれています。

私が長年、朝の時間を大事にしていてよかったなぁ、と思うことは、一定の時間「ひとり」になれることです。

周囲が何を思っているか、ほかの人が何をやっているか、などということはわきに置いておいて、ひとりで、自分のありのままの気持ちと向き合う時間を定期定期に取れていることをありがたく思っています。

 

わたしはまさにこの
「アクティブ孤独」の時間を持つことで
自分の人生が動いてきたことを実感しています。

 

朝のひとり時間に
じぶんのやりたいことに黙々と集中したり
じぶんの考えをノートに書いて整理したり。

 

自分と向き合う時間を積み重ねてきたことで
ブログを書き続ける習慣がつき、
働き方や生き方も確実に変化していきました。

 

だからこそ、池田さんが提唱される
「アクティブ孤独」という考え方を
もっとたくさんの人に知ってもらいたい。


そしてわたし自身もこれからもっと
朝の孤独なひとり時間を楽しんでいきたいと思います。

 

終わりに

f:id:ookiminori:20170209051723j:plain

 1日を左右するのは、朝いちばんの心の「余白」。

 

毎日を輝かせるための
朝のひとり時間という「余白」の使い方を
あますことなく伝えてくれるこの本。

 

まさに「朝の余白で人生が変わった」ことを
実感しているわたしとしては

 

今まさに早起きを楽しんでいる人だけでなく
早起きすることを難しいと感じている人や
「早起きしてまで何をすればいいのか分からない」
という人にこそ読んで欲しい1冊だと思いました!

 

早起きの可能性と楽しさを教えてくれるこの本を、
わたしもこれから何度も読み返し、
朝時間を楽しみ続けることで人生を動かしていきたいです。