実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

夏の冷えが気になる時はコレ。冷え対策&眠りの質をグッと高める簡単な方法とは?

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。

わたしは在宅で仕事をしているので、
今の季節は日中常にエアコンを除湿にして稼働させています。

冷房ではなく除湿といえども
ずっと涼しい部屋の中にいると困るのが、体の冷え。
特に足元が冷たーくなって、浮腫んでくるんですよね。

 

わたしはそんな冷えを改善するために、
暮らしの中に足湯を取り入れています。

 

【目次】

夏こそ足湯で足元から温めよう

f:id:ookiminori:20170804050926j:plain

わたしが足湯を始めたきっかけは
去年ブロガーのみうさんの本、
ヨガとシンプルライフ 』を読んだこと。

日々の暮らしにヨガを生かす。「ヨガとシンプルライフ」からすぐに取り入れたいこと3つ。

(なんと、ちょうど1年前の今日の記事でした…!)


今年も最近になってまた始めた足湯ですが、
これって部屋の中でも簡単に出来るからすごく便利。

用意するのは
両足が入るくらいの大きさのバケツ。

そこに39~42℃くらいの、
自分が心地よいと思える熱さのお湯を入れて
お湯が覚めるまで足をつけておくだけ。
(足拭き用タオルの準備も忘れずに!)

 

部屋の中の冷たい空気にさらされて
冷たくなっていた足が、
足湯から上がった頃にはホカホカと温まっています♪

 

その後涼しい素材のレッグウォーマーなどを履けば、
体は涼しさを感じつつ、足元は温められるので良い感じ。

足元が温まると気分もポカポカしてきて
ちょっぴり温泉気分になれるのもいいですね。

エアコンを消した途端に
蒸し蒸しサウナ地獄になってしまう今の時期にこそ
手軽に出来る体メンテンナンス法だと思います^  ^

シャワー時に足湯を使うと眠りの質が高まる

f:id:ookiminori:20170804051000j:plain

部屋の中で過ごしつつ、
手軽に温泉気分に浸れる足湯ですが…

眠る前に湯船にゆっくり浸かる時間がないときも、
そんな時も眠りの質を高めるための
力強いサポーターとなってくれます。

快眠&早起きの鍵は、就寝後の90分にあり!?『スタンフォード式 最高の睡眠』に学ぶ、睡眠の黄金ルールとは。


わたしもつい最近
シャワーを浴びつつ足を熱めの足湯に入れておく
という入浴法を試してみましたが…

普通にシャワーだけ浴びた時と比べて、
体の温まり具合がぜんぜん違う!

足元が一気に温まると、
入浴後にそこから冷えていくのも感じるので
その体温の低下が眠りを誘うんですよね。

結果的に、ただシャワーを浴びる時よりも
寝つきがよくなって眠りの質が高まる、
というのを実感しました!

 

おわりに

夏の冷房対策に、眠りの質を高めるために
足湯はかなり使える技だと思います。

 
最近クーラーによる冷えが気になる…
暑いから毎日シャワーだけで済ませてしまう…

そんなあなたは、
お家にあるバケツとお湯ですぐに出来る足湯を
ぜひ試してみてくださいね♪