実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

「掃除が苦手で…」と言ってる人が掃除好きになる方法は、掃除より先にモノを捨てること。

スポンサーリンク

わたしは掃除が苦手です。

いえ、正確には苦手でした。

 

今は毎日の掃除が苦ではありません。

それはなぜかというと
部屋においてあるモノが減ったから。

 

モノが減ると
掃除の苦手意識なんて消えてしまうんです。

床にモノがないだけで、掃除が苦手ではなくなる

もともと
床には直接モノを置かないように気をつけていましたが

 

最近断捨離を本格的に始めてからは
さらに徹底するようになりました。

 

子どもがおもちゃでリビングを散らかしても
戻す場所を決めているのでサッと元通り。

 

▼参考記事

【おもちゃの収納】1歳児が散らかしても気にならない!ストレスフリーな我が家のおもちゃ棚公開。 - 実り多き人生

 f:id:ookiminori:20160405154502j:image

リビングの基本形をこの状態にしておくと
掃除機がけなんてあっという間に終わります。

 

モノを置かなければ、拭き掃除だって一瞬

テーブルの上も使っていない時は何も置かない。

f:id:ookiminori:20160405150242j:image

モノがなければ
拭き掃除も一瞬で終わります。

 

今までは
「掃除しよう!」と思い立つと
床やテーブルの上にあるものをまず整理して…
というところから始めないといけなかったけど

 

すぐ、掃除機!

すぐ、拭き掃除!

 

と事前の準備なしに
ダイレクトで「掃除」に入れることがこんなにも
掃除への苦手意識、ハードルの高さを変えるんだ

と今まさに実感中です。

 

掃除を好きになる方法は、モノを減らすこと

これは本当に
私自身もそうだったのでいえることですが

 

私の実家や、知人を見ていても思うのは

「掃除が苦手な人の家はモノが多すぎる」

ということ。

 

掃除をうまく出来るようになりたい
と思うなら
まずはモノを減らせばいいんです。

 

いらないモノを捨てて本当にいるモノだけを
必要な場所にきちんと収納できれば
掃除なんて苦じゃなくなります。

 

それどころかむしろ
掃除が好きになってしまう人もいると思います。

超がつくほどズボラーなわたしも
今では掃除が好きになってしまいました。

 

そしてそんな
掃除が行き届いた空間と
そこで過ごす時間が前よりも好きになる。

 

わたしは断捨離を進めるごとに
今住んでいる家と
そこで過ごす時間を大切に思えるようになりました。

 

少し前までは引っ越しを考えていましたが
今では
せっかくキレイに心地よくなったこの家に
まだしばらく住んでいたいなぁと思っているほど。

 

 

だから、もっと家を心地良くしたい。
でも私は掃除が苦手で…という人は

 

騙されたと思って掃除より先に

モノを捨てることに集中してみてください。

 

そうすればいつの間にか

掃除が苦手どころか

ハナウタまじりに掃除している自分に気づくはず。

 

いらないモノを捨て続けることで
「掃除が苦手な私」から「掃除が好きな私」に

進化していく気持ちよさを、一緒に味わいましょう!