実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

今日からすぐ始められる!睡眠の技術本『SLEEP』に学ぶ、熟睡体質になるための3つのコツ。

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。

早起きを制するには睡眠を制すべし!

というわけで、最高の脳と身体をつくるための、睡眠の技術について書かれた本、『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』を読みました。

 

少し前に読んだ『スタンフォード式 最高の睡眠』も、睡眠の質を高めるための目からウロコの知識満載だったのですが… 

今回読んだこの本もとても濃い内容で、驚くべき睡眠知識が網羅的にぎっしりと詰め込まれていました。

その中でも特にわたしがポン!と膝打ちするほど驚き&納得した、睡眠の質を上げるための重要な3つのポイントについて今日は紹介します。

 

【目次】

1.「午後10時の元気」は睡眠のために使う 

f:id:ookiminori:20170819145851j:plain

本によると、人間の身体は午後10時頃になると代謝エネルギーが増加し、そのために「元気が回復した」と感じることがあるとのこと。

こんな経験はないだろうか?仕事を終えた午後6時か7時はクタクタで、ベッドに入ってぐっすり眠るのが待ち遠しい。ところが10時頃になると、ぱっちりと目が冴えて何かしたくなる…

早寝早起き生活を始める以前の私にも、もちろんこういった経験はあるわけですが、実はそのエネルギーは本来、睡眠をとっている間に体内で必要なメンテンスに使われるものなのだそうです。

 

そのエネルギーを夜更かししてSNSやテレビ鑑賞など、身体の外で使おうとすれば…


体内の機能が大きく損なわれてしまい、その後睡眠をとろうとしてもなかなか寝付けないし、眠ったところで疲れがとれない…という悪循環に陥ってしまうのです。

 

巷でもよく聞く「午後10時~午前2時までは睡眠のゴールデンタイム」という言葉には、こういうハッキリとした理由があったんですね。

だからやっぱり睡眠の質を高めてスッキリと目覚めたければ、午後10時までにはベッドに入ることが大事!なわけです。

 

2.睡眠のための運動は午前中&筋力トレーニングが良い

f:id:ookiminori:20170819155657j:plain

適度な運動が睡眠の質を高めることはもちろん知っていましたが、実は運動する時間や内容も睡眠の質に大きく関係してくるようです。

 

運動する時間帯でいうと、睡眠には午前中の運動が一番効果的なのだそうです。

 

人間が眠りにつきやすいのは、体深部の温度が通常よりも下がった時であるため、眠る前に体温を上げてしまう夜の運動はオススメ出来ないとのこと。

 

逆に午前中に運動をすると、夜はスムーズに体温が下がっていくだけでなく、眠りの質に関連するホルモンが正常に分泌する手助けをするので、快眠できる身体になっていくのです。

 

そしてその運動内容も、睡眠の質を高めるホルモンを活性化させてくれる、筋力トレーニングやウエイトトレーニングが効果的とのこと。

 

わたしにとって、筋トレは今まで出来るだけ避けてきた分野の1つですが…


シェイプアップだけなく睡眠にも効くとあれば、そうもいっていられません(笑)

無理なくできる範囲で、毎日の朝活に少しずつ取り入れていきたいなと思います。

 

3.「アーシング」で熟睡体質になる

f:id:ookiminori:20170819150024j:plain

「アーシング」とは、人間が露出した肌を地面に触れされること

 

裸足で土や砂、芝生の上に立つ、寝転がる…

 

ただそれだけで、血液の状態が改善したり、ストレスが軽減するという効果があることが最近の研究のデータから分かったそうです。

 

そしてやはりアーシングには睡眠に影響を及ぼすホルモンの分泌を正常にする効果もあるそうで、熟睡したいなら自然に触れること、特に地面に足をつけることが大切だと本書では説かれています。

 

この内容を読んで、先日行った海水浴旅行の日に、家族揃ってぐっすりと熟睡出来たことを思い出し…

毎日保育園で裸足になって土&泥遊びをしている我が家の子ども達が毎晩気持ちよく眠れていることにも、なるぼど~!と大きく合点がいったのでした。

 

わたしもたまに散歩の際に、公園の芝生の上を裸足で歩くことがありますが、これからはもっと積極的に地面に直に触れる機会を作っていこうと思います。

 

まとめ

睡眠の技術本『SLEEP』に学ぶ、眠りの質を高めるために今すぐ実践すべき3つのポイントは…

 

  1. 「午後10時の元気」は睡眠のために使う
  2. 睡眠のための運動は午前中&筋力トレーニングが吉
  3. 「アーシング」で眠りの質が上がる

今回取り上げた睡眠のコツ以外にも、

  • カフェインの門限は午後2時
  • 快眠をもたらす最高の飲酒方法
  • 睡眠のためのマインドフルネス入門
  • 睡眠に最適な室温
  • 快眠をもたらす最強の栄養素…

などなど、

本当にこれでもか!というほど睡眠の質を高めるための技術がびっしりと詰め込まれている、読み応えある1冊でした。

 

睡眠の質を上げて、毎朝スッキリと早起き出来るようになりたい。

 

あなたがそんな思いを持っているのなら、ぜひこの本を読んで、学んだ技術をその日から実践してみることをオススメします。

 

わたしもこの記事で紹介したポイントをこれからしっかりと実行し、より早起きと朝活を楽しめる脳と身体作りを進めていきたいです!