実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

暮らしをシンプルにすることで、閉じ込めていた「本当の感情」に出会えた話。

スポンサーリンク

わたしは1年ちょっと前に会社員を辞めて
今は主婦業をしながら
ブロガー&ライターとして活動しています。

 

先日、以前働いていた会社のある部署の近くを
偶然通る機会がありました。

 

会社員時代、転勤でいくつか異動した部署の中でも
人間関係がとことん上手く行かなかった
わたしにとって苦~い思い出がある場所。

 

今のわたしがその場所に立ってみたら、
一体どんなことを思うのだろう?

そんな好奇心がムクムクと沸いてきたので
あえて立ち寄ってみることにしたのです。

 

【目次】

過去の辛い感情を追体験することの意味

f:id:ookiminori:20170426055127j:plain

嫌な思い出がある場所にあえて立ち寄るなんて
なんて悪趣味な…!


なんて思われるかもしれませんね(笑)

 

でもわたしは、以前出会った精神科医の先生から
こんなことを教えてもらったのです。

ストレスを感じた場所に行くと、
当時の嫌な感情が蘇ってくる。

でもそれは「あれはもう終わったことなんだ」と
自分自身で認識して、自分を癒すために大切なこと。

参照:つらい感情は心の内側に押し込まないで。体と心で感じることが癒しになるという話。 

 
わたしは4年前に感じたストレスを癒すために、
あえてその場所の前に立ってみることにしたのでした。

 

1年前の自分との違いに驚愕

久しぶりに前の職場の前に立ってみてどうだったか?

正直、自分でもとまどってしまうほどに…


死ぬほど気分が悪くなりました(笑)

 

当時の閉鎖的でギスギスした職場の雰囲気を思い出して
孤独で辛い感情が蘇ってくるだけでなく、

そんな負の感情が体の中に
グワーッと駆け巡り、思わず吐き気をもよおしてしまうほど。

 

え?当時のわたしはそんなにもストレスを感じてたの!?

と驚きながら、フラフラになった足で
とにかく逃げるようにその場を離れました。

 

驚くのも無理はありません。

 

なぜなら実は1年前、仕事を辞める少し前にも
わたしは同じ場所を通りかかったことがあるのです。

 

だけどその時は、特に何も感じなかったのに…!

 

その時は「感情を追体験する」方法を
まだ知らなかったこともあるけれど

今思うと、1年前にその場所を訪れたわたしは
自分の感情にフタをした状態だったのでしょう。

 

その頃はまだ自分よりも
会社や上司など、他者の価値観を優先して生きていたから。

 

本当の自分の感情が、他人の価値観によって
無意識に閉じ込められていたんですね。

だから、トラウマの場所を目の前にしても
何の感情も出てこなかった、というわけなのです。

 

シンプルライフが「感情」を開放してくれた

f:id:ookiminori:20170426055330j:plain

同じ場所に立ったのに
1年前に何も感じなかった自分と、
今回嵐のような激しい感情を追体験した自分。

その違いはどこにあったのかと考えてみると


身の回りの暮らし、そして仕事や働き方を整理して
よりシンプルな生き方をするようになった。

 

そこに尽きると思います。

 

暮らしを整え、仕事を整え、生き方を整え。
自分の本当にやりたいことや
好きなこと、モノ以外を手放していく過程の中で


会社や社会を軸にした他者の価値観ではなく
自分自身が本当に大切にしたい価値観が何かが
少しずつはっきりとしてきたから。


だからこそ今回は、あの場所で働いていた時に
自分が持っていた本当の感情を感じることができた。


そして、あの場所で仕事をしていた時のわたしは
本来の自分らしさとは対極にあったんだなぁと。

 

やっと今、身にしみてわかったのでした。

 

終わりに

その後、急いでその場を離れたわたしは
歩き続けながら自分に向かって話しかけました。

 

大丈夫。
今のわたしは自分の好きなことを大切にして
毎日ワクワクしながら過ごしているよ。

 

そうすると、それまで感じていた気持ち悪さが
少しずつスーッと引いていき…

 

改めて、自分が今こうやって
好きなことを軸に暮らしていられることに対する
感謝の気持ちが心の底から沸いてきました。

 

かなり刺激の強い追体験ではありましたが(笑)
今回あの場所に行ってみて、本当に良かったと思います。

 

暮らしを整えてシンプルに生きることは
ワクワクの感情だけでなく、
本当の自分を再確認するために必要な感情にも
出会わせてくれるんですね。

 

きっとこれからまだまだ、
閉じ込めている感情が出てくる気がしますが(笑)

1つずつ向き合うことで自分を癒やし、
より自分らしい人生の道を歩んでいきたい。

 

そんな風に思っています^  ^