実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

「ほんのひと手間」が家事をラクに楽しくする。ズボラなわたしが洗濯物を干す前にしている3つのこと。

スポンサーリンク

我が家は洗濯を毎日する派です。

 

まとめてやるよりもその方が
ずっとラクに楽しんでやれるから。

わたしが苦手な洗濯を毎日する理由。「やるかやらないか」悩むのをやめると毎日がラクになる。

 

そして家事の中でも一番苦手な洗濯物を
さらにラクで楽しいものにするために。

 

洗濯物を干す前の段階で
ほんのひと手間を3つ加えることにしています。

 

①子ども服の襟元ボタンは洗濯前に留めておく

干された子ども服

小さな子ども服についている襟元のスナップボタン。

きっとマメな方は洗濯機に入れる前に
当たり前のようにこのボタンを留めていると思いますが…。

 

ズボラなわたしは以前は全く気にしていませんでした。

 

それをあえて今やっているのは
服の型くずれを防ぐため、だけではありません。
理由は後で説明しますね。

 

②服の種類別に洗濯機からカゴに移す

洗濯機から洗い終わった衣類を出す時には
手当たり次第にカゴに入れるのではなく
服の種類別に分けて取り出しています

 

最初はシーツやタオルをかごに入れ、
その上にパンツや靴下など、ハンガーにかけないもの、
そして最後にハンガーにかける服…など。

 

賃貸の我が家が洗濯物を干す場所はベランダですが
服の種類によって干す場所が決まっています。

 

なので服を種類別に分けるということは
干す場所別に分けるということを意味します。

 

③カゴに入れる前に服を軽く振る

洗濯した服を種類別にカゴに入れる時は
一つひとつを両手で持って空中でパタパタと軽く振り、
シワをあらかた伸ばしてから入れます。

 

 

「ひと手間」は一番時間がかかる作業を気持ちよく終えるため

洗濯物と青空

上で紹介した3つのひと手間を
ズボラなわたしがあえてやる理由。

 

それは

洗濯の中でも一番時間がかかる「干す」という作業を
一気に気持ちよくやってしまいたいから。

 

干している最中に

  • スナップボタンを留める
  • 干す場所別に服をより分ける
  • クチャクチャに縮まった衣類を伸ばす

などの細かな作業が横入りしてくると
「洗濯物をカゴから取って、干す」という
一定のリズムが狂って気分がもたついてくるのです。

 

わたしは洗濯という家事は苦手ですが
ベランダに一斉に干された洗濯物を
青空と一緒に眺めるのは好き。

 

だからその景色を早く見て達成感を味わうためにも
「干す」ときはその作業だけに集中できるよう
事前のひと手間を惜しまないようになりました。

 

ほんのひと手間が、結果的に家事をラクに楽しくする

以前は何も考えずにボーッと洗濯を干していたので
干し終えるまでに時間がかかってイライラしていました。

 

だけどこのひと手間を加えたことで
干す作業はわたしにとって
好きな家事ベスト3に入るほど楽しいものに。

   

きっと世のスーパー主婦の方々は
当たり前のようにこれをこなされているんだと思いますが…。

ズボラで面倒くさがりなわたしでも
最初のほんのひと手間が家事をラクで楽しいものにする
ということが少しずつ実感できるようになってきましたよ^  ^

 

主婦にとって家事は毎日のことだからこそ
少しでもラクに楽しんでやれる方法を探したい。


だからこれからも
かけれるひと手間は惜しまないでいこうと思います。