夢は仲間と応援しあうことで叶う。11人の仲間と「世界一ふざけた夢の叶え方」を実践してきた話。

ワクワクする生き方
\オンライン無料個別相談会、残枠わずかです!/
“3月後半無料個別相談会

早起き&朝活研究家のみのりです。

先週末の3連休は、東京に行っていました。

今回の旅の目的は、1年間を通して参加していた勉強会の最終セミナーを受講することと、主宰している朝活女子サロンの関東オフ会開催のため。

今年の8月からご縁があって繋がった朝活女子仲間のうち、11人の方と直にお会いすることができ、とっても温かくてワクワクする時間を過ごしてきましたよ♪

今日はそんなサロン仲間とのオフ会でやってみた、「世界一ふざけた夢の叶え方」についてレポートします。

【目次】

オフ会昼の部は「癒し宿ナナホシ」でアットホームなひと時に

f:id:ookiminori:20171107044056j:plain

今回のオフ会は、参加者の都合に合わせて昼の部と夜の部に分かれて開催しました。

昼の部ではお子さん連れで参加するメンバーも数人いたので、サロンメンバーでもあるナナホシさんが、快くご自宅を提供して下さいました!

実はナナホシさん宅、オフ会会場としてだけではなく、わたしが東京にいる間の癒し宿としてもお世話になりました…

ええ、自分でも驚きの、まさかの展開です…(笑)

でも娘ちゃんたちも懐いてくれて、とっても楽しかった~♪

オープンで温かいナナホシさんご夫婦、本当にお世話になりました!

「世界一ふざけた夢の叶え方」をみんなでやってみた

f:id:ookiminori:20171107044107j:plain
サロンメンバーのまこさんの義理のご実家(ガーベラ農家さん)から送って頂いたお花達にも癒やされました♪

おしゃれなケータリングでひとしきりご飯とおしゃべりを楽しんだあとは、わたしが事前に提案していたワークをみんなでやることに。

そのワークの元ネタはこの本です。

コピーライターのひすいこたろうさんとその仲間が、まだまだそこまで売れっ子じゃない時代に仲間と一緒に夢を叶えていった方法について書かれているこの本。

定期的に仲間で集まって1年後の夢を紙に書き、「お前なら出来る!」と応援し合ったことで、それぞれの夢がどんどん実現していった。

という話を読んだわたしは…

「朝活女子サロンのメンバーとこれをやってみたら、一体どうなるんだろう??」

というワクワクと好奇心を抑えきれなくなったんですよね。

とはいえ、「画用紙に夢を書いて、あなたなら出来る!と応援し合う」なんて、かなり、いやそうとう前のめり感あるし(笑)、みんなからどん引きされたらどうしよう…

という不安ももちろんあったわけですが…

やってみたら自分でもビックリするほど盛り上がって、みんなの夢がどんどんクリアになっていくじゃないですか!!

そのみんなの様子を見て、思いきってやってみて良かった~!!!と心から思ったのでした。

仲間からのフィードバックで、本当にやりたいことが明確になっていく

とは言ってもはじめは参加者のほとんどが、「用意された画用紙にすぐ書く!」というところまではビジョンを固めて来てませんでした。

そこで一人ずつに、「実現することを想像したら、正直怖いけどワクワクすること」について、まだボンヤリしている部分もひっくるめて語ってもらうことに。

そしてそれに対してわたしや他のメンバーからの「きっと出来るよ!」「あなたのこういうところが素敵だし、凄いと思ってる」といったフィードバックを伝えました。

オンラインサロンで毎朝交流しあって、朝活を応援しあっているメンバーだからこそ、顔をあわせるのは初めてであっても、それぞれの素晴らしいところが分かるんですよね^  ^

1人ひとりの話とフィードバックを繰り返す内に、会場はわきあいあいとしたオフ会から、さながらオープンセッションのような雰囲気に変わっていき…

そしてみんなからのフィードバックを受けとったメンバーの一人ひとりに、目を輝かせる瞬間が訪れたのです。

自分以外の他者からの、客観的で前向きなフィードバックを受け取ること。

それによって自分1人で考えていた時の「こんなこと出来たら最高だけど、自分には出来る自信がない…」というマイナス感情によってぼやけてしまっていた夢が…

「そう!そういうことがやりたかったんです!」「怖いけど、私はやっぱりこれをやりたい!」

というように、どんどんクリアになっていきました。

そんな風に1人ひとりが本当に望んでいることの輪郭がハッキリしていく様子を目の当たりにして、わたしはというと…

ひたすら鳥肌が立ち続けていて、ゾワゾワして大変でした(笑)

そして「みんなが書いた夢はきっと叶うなぁ」と思いました。

それは決して「叶ったらいいなぁ」とかいうレベルではなくて。

「朝になったら太陽が登る」のと同じくらいの当たり前な感覚で、1人ひとりがそれぞれの夢を叶えている光景が、はっきりとまぶたの裏に浮かんだのでした。

渋谷のイタリアンバルでも「世界一ふざけた夢の叶え方」を実践

f:id:ookiminori:20171107044127j:plain

東京オフ会の夜の部は、わたしを含むお昼の部から参加の3人と、夜の部のみ参加の3人の計6人で開催しました。

これまたおしゃれな雰囲気の渋谷のイタリアンバルで、お肉を頬張りつつ、初対面とは思えない打ち解け具合でたくさんおしゃべり&大爆笑。

そしてもちろん、夜の部参加のメンバーとも、夢を画用紙に書いて応援し合うワークをやってきましたよ♪

夜の部に参加した3人のメンバーが書いてくれた夢もとっても素敵で、またまたその夢を叶えている1人ひとりの姿がイメージでくっきりと浮かんできて…

大好きな人たちの素晴らしい才能と輝く夢に触れて、鳥肌で体中のゾワゾワが止まらない、ワクワクと興奮に満ちた1日となりました。

仲間が夢を語る姿を見て、わたしの中に生まれた夢

みんなの夢がどんどんクリアになって、それに向けて1人ひとりのエネルギーが高まっていくのを感じた、この「世界一ふざけた夢の叶え方」

実はワークをしようと提案したわたし自身が、自分がこれから画用紙に書くことを何にも決めないままで、その場にいたのでした(笑)

でも昼の部のオープンセッションで、みんなの目が輝いていくその姿を見た後に、最後の最後で自分自身も画用紙と向き合って、出てきた言葉がありました。

そんなわたし自身の夢については、話せば長くなるのでまた次回に続きます…(笑)

「世界一ふざけた夢の叶え方」、興味のある方はぜひ読んで、大好きな仲間と一緒にやってみてほしいです。超オススメ。

ちなみにAudible (オーディブル)に初登録したら、1ヵ月無料(Amazonプライム会員なら3ヵ月無料)にてこの本の朗読版が聴けますよ♪(2017年11/7現在)

www.audible.co.jp

コメント