読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

超マイナス思考だったわたしが教える、人生が前向きになるシンプルな夜の習慣。

スポンサーリンク

世の中には
プラス思考の人とマイナス思考の人がいます。

以前のわたしはまさに典型的なマイナス思考で
なにかと悪い方に考え込んでしまいがちでした。


ですがここ1年でそんな自分に変化が起こり、
たいていのことは前向きに捉えて
日々を楽しんで過ごせるようになってきました。

 

ちょっとしたことでもネガティブに考えがちだったわたしが
毎日をポジティブに過ごせるようになったのはなぜか。


その理由の1つは夜に心がけている
あるシンプルな習慣にありました。

 

【目次】

 

夜更かしはマイナス思考のはじまり

f:id:ookiminori:20170119054837j:plain

以前のわたしがネガティブな気持ちにはまり込んでしまうのは、
大体いつも夜中の時間帯でした。

 

ちょっとでも落ち込むことがあった日なんかは
鬱々とそのことについて考え込んでしまい、
気分も最悪だし、眠れないし…ということがよくありました。

 

夜中に書いた日記や手紙を
翌日の朝に読んだら破りたくなる

なんてよく聞きますが、これは本当にその通りで。

 

夜中に一人で考え事をしている自分は
必要以上に暗くて、ドロドロしていて
そんな自分に酔いしれているようなところもあり。

 

酔いにまかせて書いた文章を朝に読み返してみると
「誰だこれ?」と言ってしまうくらい、
夜中には別人のわたしが出現するのでした 笑

 

マイナス思考から脱出するには、夜に考え事をしないこと

f:id:ookiminori:20170119054908j:plain

夜更かししている人がマイナス思考に陥りやすい理由としては

  • 心のバランスを整えるセロトニンの低下
  • 疲れや眠気による思考力の低下

などもあるようです。

 

それならば、考え事は夜じゃなくて
朝にしたほうが間違いなく建設的ですよね。

 

わたしは今子育て中なので、
子どもたちと一緒に毎晩8時に寝ています。

 

人からは「そんな時間によく寝れるね」と驚かれるのですが

朝は2時過ぎから起きているので、夜8時には普通に眠くなるだけのこと。

 

だからその日一日が充実していれば
その幸せを噛み締めながらスーッと眠りにつけます。


反対に気になることがあったときは、
そのことについて頭の中で考え始める前に
「とりあえず時間だから寝てしまおう」と
布団を被って思考を強制終了させるのです。

 

朝の思考タイムは前向きな行動に繋がる

f:id:ookiminori:20170119054933j:plain

夜はさっさと寝てしまい、
早朝に目が覚めてから、改めて考え事をする。

 

それだけで、気がかりなことがあっても
休息を得てスッキリした頭で
客観的に捉えることができるようになります。

 

わたしも早く寝る習慣をつけたことで
同じ場所をグルグルと回り続ける思考のクセが減り。

 

早朝に思考タイムを設けることで
今の自分にできることについて考えて
その日のうちに具体的な行動を起こす
ということが自然と出来るようになってきました。

夜だと後は寝るしかないので
考えるだけで終わってしまいがちなんですが。


朝一番に考えると、その日の前向きな行動に
確実に繋げることができるんですね。

 

終わりに

夜になるとどうしても気持ちが落ち込んでしまう、
不安な気持ちに飲み込まれそうになる。

 

そんな自分に気づいたら、
とにかく早くパジャマに着替えて寝てしまうこと。

 

それが人生を前向きにする
とてもシンプルな夜の習慣です。


そうは言っても、
寝つきが悪くてそんなにすぐに眠れないよ

と思うのなら。

 

「すぐに眠れる」体と環境を作るためにも
まずは毎朝15分でも早く起きることから
始めてみることをオススメします♪

 

早起きのコツはこちらから

毎朝3時起きの私が教える、早起きを習慣化するための6つのコツ 

朝の思考タイムにオススメ

朝30分の早起きで頭の中をデトックスする「モーニングページ」に瞑想的効果を感じた