読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

1歳と4歳の寝かしつけ。寝付きの悪い子どもがすぐに寝る、我が家の快眠スイッチは「ペットボトル温灸」。

ミニマルな子育て
スポンサーリンク

我が家には4歳と1歳の子どもがいます。

 

親子で早寝早起きをしているので
毎晩8時前には子ども達と一緒に寝室に行くのですが…。

 

毎朝3時起きなので
夜は眠くてたまらないわたしとは対照的に
子ども達は寝つくまでに時間がかかっていました。

 

でも、寝る前の儀式としてあることを再開したことで
寝かしつけがグッとスムーズになったのです。

 

ペットボトル温灸で快眠スイッチON

f:id:ookiminori:20160915050445j:image

このブログで今まで何度も登場している
ペットボトル温灸

 

去年の冬は、家族みんな虜になっていました。

ペットボトル温灸って知ってる?寒い冬、寝る前に使うと幸せになれるよ。

 

夜の気温が下がってきたこともあり
最近また、寝る前にこのペットボトル温灸を使うように。

 

子ども達を1人ずつ布団に寝かせて
腰や足などを軽くマッサージをした後に
足の裏にペットボトル温灸を当てます。

 

かかとの真ん中には
「失眠」という不眠に効くツボがあるそう。

 

なのでツボも含めて足の裏全体に
ペットボトル温灸を(火傷しないように)つけたり離したり。

 

温灸を当てているときの子ども達の顔を見ていると
目がとろ~んとしてくるのが分かります。

 

そのうち目をこすりだしたり、あくびが出てきたら
子どもの体が寝る体制に入った証拠。

 

足の裏がじんわりと温かくなったのを確かめて、終了です。

 

まるで魔法?子どもがあっという間に寝てしまう

寝る前にペットボトル温灸をするようになってから
子どもの寝つきがビックリするほど良くなりました。

 

少し前までは布団の上でドタバタと遊ぶ子ども達に
「早く寝なさいよ~」と何度も声をかけながら
わたしが一番先に夢の世界に旅立っていたのですが。

 

今ではおやすみーと電気を消した後まもなく
2人の寝息が先に聞こえてくるように。


以前のように起き上がって遊びまわることはなくなり
2人とも横になったままスーッと眠れるようになりました。

 

親子のスキンシップも増える

子ども達はこのペットボトル温灸が大好きで
わたしが「あったかいのするよ~」と声をかけると
喜んで寝室にやってきます。

 

温灸自体はもちろん
温灸前のマッサージで体に触ってあげるのも
子どもにとってはとても嬉しいみたい。

 

二人とも我が先にと布団にダイブしてくるので
可愛いなぁとわたしの気持ちもホッコリします^  ^

 

バタバタした1日の最後に
親子でゆっくりと触れ合う時間を持つことで
子どもも安心して眠りにつくことができるのかもしれません。

 

親子のスキンシップを増やしつつ
快眠スイッチをONにしてくれるペットボトル温灸。

 

今年の秋冬もフルに活用していきたいと思います♪

安心のペットボトル温灸

 

安心のペットボトル温灸