読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

ペンは1本あればいい。モノを減らすことで頭の中がシンプルに、楽になりました。

スポンサーリンク

10年以上続けていた会社員生活をやめて
半年以上が経ちました。

 

この半年で自分が変わったな、と思えたのは
持っているボールペンの数を改めて確認したときでした。

ペンを何本も持っていた会社員時代

会社員として仕事をしていた頃、
わたしはたくさんのボールペンを所有していました。

 

仕事がデスクワークではなかったこともあり
色んな場所で作業をするたびに
ペンを置き忘れてしまうことが多かったのです。

 

メモを取りたい!と思った時に
ペンがないと仕事に支障をきたしてしまう。

 

だから仕事用のバッグには
予備のボールペンをいくつも入れていました。

 

当時のわたしは、
ペンの置き忘れ自体をなくすことなんて考えもせず
どうせ無くなるなら多めに用意しておけばいい。

 

そう、本気で思っていたのです。

 

今持っているペンはたった1つ

今わたしが使っているボールペンはたった1つ。

 f:id:ookiminori:20160811053641j:image

三菱鉛筆 多色ボールペン ジェットストリーム 0.5mm 3色です。

 

2016年の手帳を使い始めた去年の12月から
同じボールペンを芯だけ変えつつ使い続けています。

もちろん今は自宅で仕事をしているので
ペンを持ち運ぶことが減ったということも
ペンを無くさない大きな理由の1つではあります。

 

それでも部屋を移動したり
出先にノート類を持って行くことも多々ある中で


いつもの1本だけを持ち運び
使い終わったら元の場所に戻す。

 

そんな当たり前のことが出来るようになったことが
わたしにとっての大きな進化だなぁと思うのです。

 

モノを減らすと頭の中がシンプルになる

1つのペンを長く愛用できるようになったのは
身の回りのモノと向き合って
本当に必要なモノ以外を手放してきたから。

 

バッグにいくつもペンを入れていたときは
無くなっても予備があるから、という気持ちが
モノに対する軽視を生んでいたのだと思います。

 

同時に、わたしが当時抱えていた
「頭の中がとっちらかっていて、1つのことに集中できない」
という課題。

 

これに対して「ペンを増やす」というような
即物的な応急処置ばかり考えて
課題の本質を見極めることから逃げていた気がします。

 

モノを減らしたことで
わたしの頭の中はどんどんシンプルに
どんどん楽になってきました。

 

これからは 
頭の中のシンプル化で得た集中力を使って
より心地よい暮らしをデザインしていきたい。

 

会社員時代より
断然ワクワクしながら毎日を過ごしています^ ^