実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

慌ただしい月曜日も自分ペースで過ごしたい。心の余裕を作るコツは週末の習慣にありました。

スポンサーリンク

主婦にとって月曜日は特に慌ただしい日。

 

週末は子どもも家にいるし

家族でお出かけすることも多いので

どうしても家事が後回しになってしまいます。

 

少し前までのわたしは

月曜日は溜まった家事をリセットしようと

バタバタと余裕なく動き回っていました。 

 

でも最近は時間の使い方を見なおしたことで

月曜の朝からスッキリと1週間のスタートをきれるように。

 

その1つが

週末の夕方に常備菜を作ることでした。

 

【目次】

日曜日の夕方は常備菜作り

お出かけ好きな我が家ですが

「予定を詰め込みすぎない」ことを常に意識しています。

【参考記事】

子持ちミニマリストの週末の過ごし方。予定7割で作る「時間の余白」が心地よい。 

 

なので、朝早くから遠出したとしても

昼の15~16時以降は自宅に帰ってのんびりタイム。

 

そんな日曜日の夕方、

夫と子ども達がリビングで過ごしている間に

夕食の準備と平行して常備菜を作るようにしています。

f:id:ookiminori:20160711043633j:image 

1、2日先のおかずの準備があるだけで

慌ただしい月曜日の家事がグッと楽になるのです。

 

道具と知識をフルに活用する

常備菜作りの心強い味方はiwakiパック&レンジセット

 

 

【参考記事】

【時間と食費のミニマム化】常備菜作りとお気に入りの保存容器。 

 

優秀なキッチンツールのおかげで

料理が得意ではないわたしでもラクに楽しく

常備菜づくりを習慣にできています。

 

そしてこの本で時短料理の基本を勉強中。

時短料理についての考え方の基本や心構えについて

とてもわかりやすく合理的にまとめてあります。

 

今までなんとなく自己流でやってきた料理も

この本を読んで基本を学び直すことで

より美味しく、より効率的に作れるようになってきました。

 

月曜日のわたしに心の余裕をプレゼント

月曜日は一週間の始まり。

 

たまった家事や雑務はできるだけ早くリセットして

すっきりとした気持ちで一日のスタートをきりたい。

 

そんなわたしにとって日曜日の常備菜作りは

月曜日のじぶんに心の余裕をプレゼントするための

大切な習慣です。

 

月曜日に感じるせわしなさのまま

一週間をバタバタと駆け抜けてしまわないためにも。

 

時間の使い方をもっと工夫して

自分らしいペースで毎日を過ごしていきたいです。