読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

【無印おすすめ】「扉につけるフック」で三角コーナーいらずのすっきりしたキッチンに。

スポンサーリンク

我が家のキッチンでは三角コーナーを使ってません。

 

今の家に引っ越してきてからずっと

無印のステンレス扉につけるフックを使って

一時的な生ごみ入れを作っています。

シンプルなのにキッチンで大活躍の「扉につけるフック」

f:id:ookiminori:20160430112852j:image
 
シンク下の収納扉にいつもセットしています。
シンプルでスリムなフックなので、悪目立ちしません。
 
f:id:ookiminori:20160430112900j:image
料理するときはこのように
袋をかけて、生ゴミ入れとして使います。
 
使い終わったら生ごみの入った袋を外して
ゴミ箱にポイするだけ!
 
料理をするとき以外はフックには袋をかけないので
見た目もゴチャゴチャすることなく
いつもスッキリとしたシンク周りを保てます。
 

持ち手がないポリ袋でも安定して引っ掛けられる

f:id:ookiminori:20160430114514j:image 
生ゴミ入れに使う袋はスーパーのレジ袋がメインですが
マイバッグで買い物をすることが多い我が家は
レジ袋のストックがないときは透明ポリ袋を使います。
 
この「扉につけるフック」は
引っ掛ける部分がスクエア型で広いので
持ち手がなく薄手のポリ袋でも穴を開けずに
安定して引っ掛けられるところが特に気に入っています。
 

まとめ

  •  「無印扉につけるフック」で三角コーナーいらずのすっきりキッチンに。
  • どんな袋でも安定して掛けられるので使い勝手良し!
 

生ゴミ入れとしてだけでなく

キッチンの手拭きタオルを引っ掛けて使ってもGood!

これ1つあれば、他にも色んな用途で活躍してくれますよ~。

 

キッチン周りをすっきりさせたい方は

お近くの無印でぜひチェックしてみてくださいね^ ^

 

☆こちらの記事もよく読まれています
【無印良品】毎日の料理に使うのは3つだけ!ミニマリストの溺愛キッチンツール公開。 - 実り多き人生