実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

「モーニングページ」で感じた7つの効果。2年間飽きずに続けている理由を公開します。

早起き&朝活研究家のみのりです。

わたしは「モーニングページ」というものを朝の日課としています。

 

前回は、モーニングページについての紹介と、2年間続けているわたし流のやり方について紹介しました。 

「モーニングページ」を2年間続けているわたしのやり方。ユルく楽しく継続するためのコツを紹介します。

 

今回はそのモーニングページを続けることで、わたしが実感している効果について紹介します。

 

あくまでもわたし個人が日々の暮らしの中で色んな学びや気づきを同時に得つつ感じた効果なので、全ての人に当てはまるとはいえませんが…

2年間も続けているのはなぜ?と聞かれることもあったので、改めてなぜ飽きずに毎日続けているのか(=どんな効果を感じているのか)についてまとめてみました。

 

「モーニングページ」って聞いたことあるけど、いったい何が良いの?

始めたばかりだけど、特に何も変化を感じない…

 

そんな風に思っている方の参考になれば嬉しいです♪

 

【目次】

モーニングページでわたしが感じた7つの効果

f:id:ookiminori:20180122051141j:plain

わたしが2年間モーニングページを続けてきて感じている効果をまとめると、以下の7つです。

  1. 頭の中がスッキリと目覚める
  2. 瞑想のように「今ここ」に集中することができる
  3. ネガティブな感情を整理して、癒やすことが出来る
  4. うつうつした気持ちを引きずらなくなる
  5. 自分が今すべきことが分かるようになる
  6. 過去のモーニングページに勇気をもらえる
  7. 直感が冴えてくる

 1から順に詳しく書いていきますね。

 

効果①頭の中がスッキリと目覚める

これが一番分かりやすい効果だと思いますが…

 

朝起きて出来るだけ早くモーニングページに取り組むこと。

 

そうすることで、ぼんやりかつ整理されていない脳内がすっきりと目覚めて、元気に活動出来るようになりました。

 

わたしは朝3~4時に起きる超早起き生活をしています。

 

朝時間を毎日充実して過ごせるのは、最初にモーニングページで脳内をデトックスしているのも大きな理由の1つだと感じています。

 

効果②瞑想のように「今ここ」に集中することができる

わたしはときおり瞑想にも取り組んでいますが、「モーニングページは書く瞑想」だといつも感じています。

 

これについてはこちらの記事でも詳しく書いています。

毎朝モーニングページを書き進めるうちに
脳内の雑音のボリュームが小さくなっていくような感覚を覚えます。

 

溢れる思考を文章にのせてひたすらペンを走らせているだけで
プラスにもマイナスにも偏らないニュートラルな状態に
自分の心が落ち着いていくのを感じます。

 

記事の中でもこんな風に書いていますが、モーニングページは、過去でも未来でもない「今ここ」に向き合える貴重な時間。

 

日頃雑念ばかりに頭の中を支配されがちなわたしにとって、瞑想が出来ない時でも朝のモーニングページは欠かせないものになっています。

 

効果③ネガティブな感情を整理して、癒やすことができる

普段の暮らしの中では、ネガティブな感情をどうしても避けてしまいがちなわたしですが、毎朝のモーニングページの中ではあえてがっつりと対面するようにしています。

 

「不安」「恐れ」「焦り」「嫉妬」などなど…

 

前日の夜までに頭の隅で感じていたネガテイブな感情があれば、モーニングページを使って全て吐き出していきます。

 

そうすることで、徐々にではありますがこんなことが分かるようになってきました。

  • どうして自分はこの感情を感じたのか
  • この感情は自分の心の奥にあるどんな思い込みから来ているのか?
  • この感情を通して、自分は何を得たいと思っているのか

 

ごくまれにですが、モーニングページを書き進めていくことで感情の深いところまで入り込み、涙が出てきてしまうこともあります。

 

わたしにとってそれは、癒やしの涙

 

自分自身の感情にしっかりと向き合ってあげれたという安堵の気持ちともに、からまったネガティブな感情が整理されて、気持ちが晴れていくのを感じています。

 

【参考記事】

つらい感情は心の内側に押し込まないで。体と心で感じることが癒しになるという話。

 

効果④うつうつした気持ちを引きずらなくなる

モーニングページで「ネガティブな感情」を溜めずに出しきって、向き合うこと。

 

そうすることで「一見ネガティブに思える出来事があっても、それは自分が持っている思い込みを知るチャンスになる」と思えるようになりました。

以前はネガティブな感情と向き合うことを出来るだけ避けていたので、「なんとなく気持ちが晴れなくて、かなり長い間沈んで浮上できない…」ということがよくありました。

 

ですがモーニングページでネガティブな感情と向き合えるようになったことで、うつうつした感情を長く引きずることがなくなってきました。

 

効果⑤今じぶんがすべきことが分かるようになる

やりたいことややるべきことがたくさんあるような気がして、頭の中が「焦り」で一杯になっている時。

 

そんな日の朝にも、とにかくモーニングページで考えていることを全部吐き出していくことで

「今の自分がいちばんに取り組みたいこと、一番優先すべきことは何か」

を整理することができ、気持ちが落ち着いてきます。

   

効果⑥過去のモーニングページに勇気をもらえる

モーニングページには「最初の8週間は読み返さない」というルールがあります。

 

ですがその期間を超えてからたまに読み返すと、これがとても興味深かったり、楽しかったりします。

 

何かにストレスを感じて、ネガティブな気持ちを書きなぐっている過去のモーニングページを読むと、「この悩んでいた時と比べると、今の自分は少し成長したかな」と客観的に感じることが出来ます。

 

また、悩みながらも自分なりの答えを出して前進しようとしている過去の自分の姿をモーニングページで見つけることもよくあります。

 

自分が悩みを持っている時でも、そんな過去のモーニングページを読むことで勇気をもらえます。

 

「そうそう、わたしはいつもこうやって感情と向き合って整理しながら、一歩ずつ前進してきたんだよなぁ。だから、これからもきっと大丈夫だ」

 

と思うと、今現在の悩みの感情にもしっかり向き合って進んでいこうと思えるのです。

 

効果⑦直感が冴えてくる

自分の中から出てくる感情や思考をジャッジすることなく、とにかくモーニングページには何でも書き出すことを続ける。

 

そうすることで、以前よりも直感が冴えてきた気がしています。

 

たまにモーニングページを書いている途中やモーニングページの後で…

それまでの文脈とは関係なく、直感的なヒラメキやクリエイティブなアイデアが降りてくることがあります。

  • 新たにこんなことをしてみたらどうだろう?
  • 今度◯◯に行ってみよう
  • これはもうやめてもいいかも

などなど。

 

そしてそんな直感に従って行動すると、自分にとってワクワクする出会いや体験に繋がることが多々あります。

 

もちろんいつでも直感がひらめき放題というわけではありませんが…笑

モーニングページ中やその後にふっと湧いた直感は、自分の中のワクワクの種だと思うようにしています。

 

なのでそんな直感が降りてきた時はふせんに書き留めるように。

 

そして出来るだけ早くそのアイデアをカタチにするための小さな一歩を踏み出せるように意識しています。

 

「モーニングページ」の効果、みんなはどう感じてる?

f:id:ookiminori:20180122050334j:plain

ここまでわたしがモーニングページを続けることで感じた7つの効果について紹介しました。

 

実はわたしの朝活仲間の中には、同じくモーニングページを毎朝の習慣として取り組んでいる方が多くいらっしゃいます。

 

今回はそんなモーニングページ仲間のうち5名の方に、やってみての感想や感じた効果について教えてもらいましたので、一気に紹介しますね。 

ふんわりしていたり、何度も繰り返し頭の中に浮かぶ、今、頭の大半を占めていることが明確になる。

書きだすことで、頭に余白ができる感じがすること。繰り返し同じことばかりが頭の中に浮かばなくなる。他のことに頭を使える感じがする。

ほとんどの悩みの答えは、自分の中にあるということが、よくわかること。書いているうちに、悩みの答えを書いていることが多い。

淡々となるので、まさに脳の排水。書いている内容はとりとめない。
ただ、そんな中、時々キラリと光る閃きがあることも確か。

なんとなく書いたことなのに、感謝する気持ちが芽生えたり、気づきがあったりすることも。

今ある感情を書き出すうちに感情が浄化したり、俯瞰して自分を見つめることが出来るのが良い。

書くとその日にやることが明確になる気がする。

基本、やりたいことであふれているので、いっぺん整理をしている感じかなと。

もやもやや悩みが大したことないと気づく、自分なりの解決方法が見つかる気がする。

前日に感じたこと(よかったことも嫌なこと)を書いてることが多い。改めて、自分はこう感じてたんだな~と気づく。そして、感謝できるようになった気がする。

「頭がスッキリするので、もうモーニングページやめられない」というくっきりはっきりした感じではなく、やっているとなんとなく調子良い感じがするから続けている。

大きな変化はないかも。でも毎日のイライラが絶対的に減って、ポジティブになれてる。

 
「書いているとなんとなく調子がいい、自然と前向きになれるから続けてる」という人が結構多かったです。

 

他の人の感想を読んで、改めて感じたのですが…

モーニングページとは「ハイテンションにスッキリする感じというよりも、淡々と脳内に落ちている小さなゴミを拾ったりほうきで履いていくような感覚」に近いのかもしれません。

 

即効性はないけれど、続けていくうちに自然と思考の整理が出来るようになってくる。

 

そんなじんわりした、でも確実な効果を、わたしも含めてみんなで共通して実感しているのではないかなぁと思いました。

 

終わりに

f:id:ookiminori:20180122050357j:plain

モーニングページを続けることで、わたし自身が感じた効果と、同じくモーニングページを実践している方々が感じていることについて紹介しました。

 

モーニングページは続けることで、少しずつ頭の中を整理して身軽にしてくれるツールだとわたしは感じています。

 

この記事を読んでモーニングページに興味を持ってくれたなら、自分なりに続けやすいやりかたで、楽しみながら取り組んでみてもらえると嬉しいです。

▼モーニングページについてのまとめ記事はこちら

またモーニングページだけでなく、このツールを紹介している本「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」に書かれているワークにも取り組んでみると、より多彩な変化を感じることができるかもしれません。

自分の中の創造性を取り戻すための、とても興味深い(でもかなり骨が折れる…笑)ワークが12週にわたって紹介されています。

 

わたしも過去に何度か少しずつ実践したことがありますが、機会があればもう一度しっかりと取り組んでみたいと思っています。

 

興味のある人は、本もぜひ読んでみてくださいね!