実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

【保存版】「モーニングページ」のやり方と効果まとめ。書く習慣を味方につけて、スッキリと1日を始めよう。

スポンサーリンク

後悔のない人生を生きたい女性必見!
自分の本当の望みを明確にするワークセミナーを福岡で開催します。

早起き&朝活研究家のみのりです。

 

あなたは「毎日考えることが多すぎて、頭の中が整理できない!」と思うことはありませんか?

数年前のわたしはまさにそんな状態でした。

 

仕事と育児&家事の両立、人間関係、やるべきタスク、自分の将来についてなど…

 

色んな感情や思考で頭の中が一杯になっていて、ストレスフルな毎日を過ごしていたのです。 

 

グチャグチャな頭の中をスッキリと整理して、暮らしや人生を立て直したい!

 

そう強く思い、2015年から早起きや朝活をふくめたいくつかの新しい習慣を身につけ始めたことで、人生がすこしずつ良い方向に変わっていきました。

今日はそんな人生を変えてくれた習慣の中でも、特に頭の中を整理してスッキリさせることに役立った、「モーニングページ」という書く習慣について紹介します。

 

2年半、ほぼ毎朝のようにモーニングページを続けることで感じた効果と、その基本的な書き方&わたし流のやり方について、今までに書いてきた記事を全てまとめました。

 

  • グチャグチャな頭の中を整理してスッキリしたい
  • 前日の鬱々した気分を引きずってしまいがち
  • 朝の時間を充実させて、気持ちよく1日をスタートさせたい

 

そんな方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

【目次】

「モーニングページ」とは?

f:id:ookiminori:20180528161053j:plain

まずは「モーニングページって何?」というところから、簡単に説明しますね。

 

モーニングページとは、『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』という書籍の中で紹介されている、朝に行う「書く習慣」のことです。 

モーニングページについてひと言で説明すると、「3ページほどの手書きの文章で、意識の流れをありのままにつづったもの」と言うことができます。

 

この本の著者はモーニングページのことを「脳の排水」と表現しています。

 

なぜそんな風に呼ぶのかについては、次のやり方とルールについて読んで頂ければわかりますよ。

 

モーニングページの基本的なやり方とルール

f:id:ookiminori:20180527055905j:plain

 モーニングページの基本的なやり方とルールは、以下の通りです。

  • 朝起きてすぐにノートを開く
  • その時の自分が思いつくままに文章を書く
  • ノート3ページ分書いたら終了
  • 書いたノートは誰にも見せない
  • 自分自身も始めの8週間は読み返さない

 

「思いつくままに文章を書く」って、どういうこと?って思いますよね。

 

この言葉の通り受け取ってもらってOKなのですが、分かりやすいように例を挙げてみますね。

さっきおきて、珈琲飲んでホッと一息。それにしても寒い、とても寒くて指が上手く動かない…暖房早く暖まればいいのにな~あ~ちょっとでも動いたほうがいいのかな、動きたくないな…眠たいな、もっと寝ればよかった、睡眠時間足りてない気がする~でも色々やることいっぱいだから、どれから手をつけていこう、なんだか気が焦ってきたな~今日もたくさんやることあって…

どうですか?

頭の中で考えていることを、そのまま素早く文章化していくと、こんな感じでぐちゃぐちゃな文章になります。

 

でもそれでいいんです!

他人が読むわけではないので全く問題ありません!

 

大事なのは、その時考えていることをそのまま文章として吐き出してしまうこと

 

そうすることで、頭の中だけでグチャグチャとかきまぜていた思考が頭の外に出ていき、その分だけ頭の中がスッキリする感覚を味わえるようになります。

 

これこそが、著者のいう「脳の排水」という意味なんですね。

 

頭の中にたくさん詰まっているあらゆる思考を外に排水するためにも、本では「ノートは3ページ書く」ことを推奨されています。

 

確かに3ページも書くと、最後の方は書くことがなくなってきたりもしますが、そんな時でさえも

書くことが思いつかない、なんにもない、分からない、もうやめようかな、ご飯たべたい、あーー…

みたいな感じで書き続けることで、自分でも思わぬ感情や言葉がフッと出てきたりすることがあります。

 

そしてノートは誰にも見せないし、自分自身も8週間は見返さない

とにかく朝起きて、ひたすら脳の排水を行うことで、徐々に頭がスッキリしてくる感覚を得られるようになってきますよ。

 

わたし流、「モーニングページ」のやり方を紹介

f:id:ookiminori:20180209132351j:plain

まずは、モーニングページについて基本的なやり方とルールをご紹介しました。

 

ここではこのモーニングページを2年半続けているわたしが時間をかけてたどり着いた、続けやすくより活用しやすい「やり方」について紹介します。

 

わたし流のモーニーングページのやり方は、以下の通りです。

  • 朝起きてすぐに15~30分かけて書く
  • 書く分量はその日の気分で決める
  • 書きやすく管理しやすいPCで書く
  • 最初に、前日の素晴らしかったことを3つ書く
  • 気づきや行動のアイデアを付箋に書き留める
  • 必要を感じたら日中でもモーニングページをする

 

くわしい説明はこちらの記事で紹介していますので、興味のある方は読んでみてくださいね。

 

モーニングページで得られる効果とは?

f:id:ookiminori:20180209132835j:plain

「なるほど、とにかく朝一番に書くことで頭がスッキリするのね」

ということは、ここまで読んでいただいて分かっていただけたと思います。

 

ですがこれからモーニングページを始めてみようと思う人が、なにより一番気になるのはその「効果」ですよね^  ^

 

実はモーニングページは、ただ頭をスッキリさせるためだけのツールではありません。

 

続けることで人生全般にとても良い影響を与えてくれる習慣なのです。

 

実際にわたしが実感しているモーニングページの7つの効果はこちら。

  1. 頭の中がスッキリと目覚める
  2. 瞑想のように「今ここ」に集中することができる
  3. ネガティブな感情を整理して、癒やすことができる
  4. うつうつした気持ちを引きずらなくなる
  5. 今じぶんがすべきことがわかるようになる
  6. 過去のモーニングページに勇気をもらえる
  7. 直感が冴えてくる

 

モーニングページで得られた効果について、詳しくは下記の記事で紹介しています。

わたし以外のモーニングページ仲間からの感想も掲載していますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

 

また、わたしの朝活&モーニングページ仲間のゆきのさんも、モーニングページについてみんなのやり方を分かりやすく紹介してくれていますよ。

 

モーニングページは、これからもずっと続けたい朝の習慣

モーニングページの基本的なやり方&ルールと、わたし流のやり方、そして続けることで感じた効果についてまとめました。

 

わたしにとってモーニングページとは、寝ている間に頭の中にたまったホコリやゴミをほうきでサッサッと掃除していくようなもの。

 

続けるほどにじんわりと効果を実感しているので、わたしの日々の生活にはもう欠かせないものとなっています。

 

モーニングページに興味を持っているあなたにも、まずは気軽にはじめて見てほしい♪

ぜひ楽しみながら挑戦してみてくださいね。

 

↓モーニングページ関連本はこちら