読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

エリサさん著『モノを減らすと幸せがやってきた』を読んで再確認した、「モノを減らす目的」とは。

スポンサーリンク

ブログ「魔法使いのシンプルライフ
を運営されている
エリサさんの新刊を読みました。

薄めで読みやすい構成ながらも、
カラー写真や部屋を片付ける具体的ヒントが満載でした。

今日はこの本を読んでわたしが再確認した
「モノを減らすことの面白さ」
「モノを減らす目的」について紹介します。

【目次】

「減らす」ことで、白色さえもカラフルに感じる空間に

f:id:ookiminori:20161124085451j:image

モノを減らすと幸せがやってきた』には
ミニマリストであるエリサさんのご自宅の中や
ワードローブの写真がたっぷりと掲載されています。

 

その1つひとつを見ているだけでも
エリサさんのモノや空間に対するこだわりが
伝わってきてとても面白い。

 

f:id:ookiminori:20161124085511j:image

エリサさんのブログでも拝見していましたが
沢山ある写真の中でも特に印象的だったのは、
色んな種類の「白」に囲まれたリビング。

 

エリサさんはモノだけでなく
部屋の中で使う色を減らし、白で統一されています。

 

それによって「白」にも色んな種類があることに気づき
白色をカラフルに感じるようになったそうです。

 

「減らす」ことで、
以前は見えなかった新しい世界が見えてくる。

 

その過程をエリサさんご自身が楽しまれているご様子が
写真から伝わってきて、
わたしも「減らす」ことの面白さ、奥深さを改めて感じました。

 

モノを減らすのは、夢を叶える空間をつくるため

f:id:ookiminori:20161124085525j:image 

モノと色を減らすことで広がったエリサさんのお部屋は
「夢をふくらませる場所」としても使われます。

 

バルーンアートの会社を経営されているエリサさんの
仕事中のお部屋の風景は、目を奪われるほどの鮮やかさ!

 

この見ているだけでワクワクしてくる写真は
家や部屋は、人がただ暮らすだけではなく
その人の夢をふくらませて叶えるための場所でもある

ということを教えてくれます。

 

わたし自身も物置部屋だった書斎を断捨離したことで
毎日集中して仕事に取り組むことが出来るようになりました。

 

以前はボンヤリとしか見えていなかった
自分にとって大切な人生の夢や目標の輪郭。


それがここ1年で鮮明に見えてくるようになったのは
モノを減らすことで広がった家の中の空間のおかげ。

 

そして同時に「夢を叶える空間を作る」ことこそが
わたしがモノを減らす最大の目的だったのだ
エリサさんの本を読んで再確認することが出来ました。

 

終わりに

モノを減らして作りたいのは、
夢をふくらませて叶えるための空間。

 

そのことを改めて教えてくれたエリサさんの本は
見ごたえのある素敵な写真で「減らす」ことの楽しさ、
奥深さを教えてくれるだけでなく

 

モノと向き合って暮らしに変化を起こすために
実践しやすい具体的なノウハウもしっかり詰め込まれています。

 

わたしもこの本で再確認した
「モノを減らす目的」を第一に
これからもミニマルで心地よい暮らしを探求していきたいです。

 

★こちらのトラコミュも参考になります

少ないモノで暮らす 

シンプル・ミニマルライフのファッション 

ミニマムライフ 

▶ 少ない服で着回す 

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし