実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

「どこに、どれだけあるのか」把握できるモノしか持たない。

スポンサーリンク

ミニマムでスッキリした暮らしを目指して

日々断捨離を進めている我が家。

 

昨日、災害に備えて非常持出し袋の中身チェック

をしていた時に改めて感じたことがあります。

 

それは

「自分がきちんと把握できないモノは、持つべきじゃない」

 ということ。

持っているのかどうか把握できていないモノは、ないも同じ

f:id:ookiminori:20160419055323j:plain

今はクローゼット内の断捨離を進めていますが

「ないから買わないと」と思っていたモノが

クローゼットの奥から発見されることがしばしばあります。

 

非常持出し袋の中身をチェックした時には

クローゼット断捨離がだいぶ進んでいたので

 

「追加が必要な軍手は

昨日整理したクローゼットにあったな」というように

スムーズにモノの補充を行うことができましが

 

クローゼット断捨離に着手していなければ

本当は買う必要のない軍手を買ってしまっていたはず。

 

結局、

持っているかどうかさえ把握できていないモノは

ないも同じなんですよね。

 

自分でモノの管理ができてないゆえに

同じモノを何度も買い続けるなんて

買うためのお金も時間もムダにしているんだなぁと、

しみじみ思いました。

 

モノが増えて把握できなくなるからストレスが生まれる

モノをたくさん持っている人でも

何が、どこに、どれだけあるのか

全て把握しているのならそれはそれでいいのかも知れません。

 

でも私自身もそうですが

大体の場合はモノが増えれば増えるほど

それを把握できなくなりますよね。

 

それだとやっぱりモノが活かされない上に

探しものや、重複買いでさらにモノが増えるなどの

余計なストレスを生んでしまうんだなと。

 

モノは自分できちんと把握できる数しか持たない

だからわたしは家の中にあるものを

自分で把握できる数にまで減らしたいと思います。

 

今の時点で

私の「家の中のモノの掌握度」は85%くらい。

 

色んなモノをポイポイ入れ込んで隠していた

主要な2つのクローゼット内の断捨離が進んだことで

だいぶモノの把握が出来るようになりました。

 

残りは食器棚の中と

夫が主に使っている廊下の小クローゼット内。

 

夫のモノは勝手には触れませんが

家で使う日用品もいくつか入っているので

その部分はしっかりと整理して

モノの掌握度を高めていきたいと思います。

 

最終的には夫個人のモノを除いて

100%モノを把握できるようになりたい。

 

その上で、これからの暮らしに必要なモノだけを

厳選して我が家にお迎えしたいと思います。