読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

残っていた大型家具をついに断捨離。モノを手に入れる前に、手放すときのことも考えよう。

断捨離・片付け 断捨離・片付け-すっきりさせたモノ・場所
スポンサーリンク

半年間の断捨離で、モノが少しずつ減ってきた我が家。

 

実はまだ、手放すチャンスを逃していた大物が
寝室のクローゼットに残っていたのでした。

 

大型家具は断捨離するのも一苦労

f:id:ookiminori:20161013182749j:image

これは1年以上前にリサイクルショップで購入したローチェスト。

当時DIYにハマっていたわたしは
これをベースに子どもの絵本棚兼、おままごとキッチンを作るつもりでした。

 

しかし、あまりの大掛かりなDIYゆえに
重い腰がなかなか上がらず…

 

いずれ少しずつ着手しようと思いながら
リビングに置いておくと場所をとるので
結局クローゼットの中に移動することになりました。

 

その後、わたしのDIY熱もすっかり収まってしまい…

このローチェストはもう必要ない。

 

そう結論づいたものの、一人で運べる大きさではなく
その後さらに数ヶ月間、クローゼットの中で待機させることに。

 

そして今回、やっと断捨離する決心を固め、
夫が家にいるタイミングで運ぶのを手伝ってもらいました。

 

近くのリサイクルショップに持ち込んで
300円で買取してもらい、ついに手放すことに成功!

 

大きい上に重いので、運び出すのは一苦労でした。


でも、
ずっとクローゼットを占拠していたモノがなくなって
気分はとてもスッキリしました^  ^

 

モノは手放すときのことも考えて手に入れよう

モノを買うときは
このモノが暮らしをもっと楽しく、便利にしてくれるはず!
と期待に胸を膨らませているもの。


でもそれと同時に客観的にモノを見て
手放す時のことについても考えてみることは
とても大事だなと改めて痛感しました。

 

特に燃えにくい素材のものや、大きなものは
勢いで買う前に、その後のことをきちんと考えておきたい。

 

そうでないと今回のわたしのように、
手放すのに時間がかかったり苦労します。

 

わたしはモノを減らし始めてから
勢いでモノを購入することはなくなりましたが…。


これからもしモノを衝動買いしたくなったときは
一呼吸おいて、

  • このモノを長く使いきる自信があるか
  • 最終的に手放すことになったとき、どんなプロセスが必要か

など、冷静に考えた上で購入を決めたいと思います。

 

手にしたモノをムダにせず、生かしきるために。
今回の大物家具の断捨離は、とても勉強になりました。