読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

子持ちミニマリストの週末の過ごし方。予定7割で作る「時間の余白」が心地よい。

スポンサーリンク

週末がやってきましたね。

 

先週末に家族でお出かけした時に

「朝一出発はオトクだ!」と思った記事を書きました。

【週末レジャー】子連れのお出かけは、朝一番の出発が絶対にオトクだと思う3つの理由。 

 

実はもうひとつ

週末の過ごし方で気をつけていることがあるんです。

 

それは

「楽しみたいからといって予定を詰め込みすぎない」

ということ。

遊びの予定も詰め込み過ぎると心から楽しめない

f:id:ookiminori:20160604050158j:plain

せっかく家族がみんな揃う週末。

いろんな場所にお出かけして楽しみたい!

 

そんな気持ちからついつい欲張って

予定を詰め込みすぎて失敗した経験は数知れず…。

 

特に子どもがまだ小さい我が家。

お昼寝や夜の就寝時間など

子どもの生活リズムを無視ししたスケージュールを組んでしまうと

 

子どもが眠さからくる不機嫌で

出先で超絶イヤイヤモードになってしまったり…。

 

またはお出かけした翌日以降

風邪をひいたりすることがよくありました。

 

楽しむためにお出かけしているのに

結局出先でも、帰ってからも親子ともに疲れてしまうのは

なんだか本末転倒のような気がしたのです。

 

週末のお出かけは予定7割でストレスなく楽しむ

f:id:ookiminori:20160604052210j:plain

そんな失敗経験を経て、週末のお出かけは

1日の内の7割を超える予定は立てないようになりました。

 

そして朝一で行動することで

遅くても夕方5時くらいには自宅に帰ってきて

平日と同じ時間にご飯を食べて寝れるように。

 

生活リズムが安定していると

子どもはムダに疲れることなく元気でご機嫌に過ごせます。

 

親自身も疲れないし

眠さと疲れでグズグズイヤイヤになった子どもに

気をもんだりイライラしたりすることもなくなるんですよね。

 

予定を7割以下に抑えるようになってからは

週末のお出かけをストレスなく、心から楽しめていると感じています。

 

空間と同じで、時間にも余白が欲しい

f:id:ookiminori:20160604050443j:plain

「空間の余白は心のゆとりにつながる」

というのは

わたし自身が家にあるモノを減らしだして気づいたこと。

 

でも、これって時間に対しても一緒なんだなぁと。

 

時間一杯にやりたいことをつめこむより

「これをしたい!」というものに絞ってあとは捨てる

 

そうすることで、心に余裕が生まれるし

あえて選んだやりたいことだけに集中して

じっくりとその瞬間を味わうことができるんです。

 

「瞬間を味わう」ことはわたしにとって

なによりも幸せを感じることができる行為なので

【▼参考記事】

自分の本当の望みが知りたい?ならまずは「今、この瞬間」を味わおう 

 

これからも空間だけでなく

時間の余白を大事にしていきたいですね。

 

まとめ

  • 週末のお出かけは、予定7割でミニマムにストレスなく楽しむ!
  • 時間に余白を作ることで、「今この瞬間」を味わえる。