読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、ひとり時間の使い方。

ミニマル子育ての朝ごはんは、この3つさえあればいい。

ミニマルな子育て
スポンサーリンク

我が家には5歳と2歳の子どもがいます。


彼らの平日の朝ごはんは、毎日同じ。


とっても簡単で、体にも良い。

基本の3つのものだけが食卓に並びます。

 

朝は「ご飯、納豆、みそ汁」さえあればいい。

f:id:ookiminori:20170216082937j:plain

ご飯、納豆、みそ汁。

 

子どもの(そして大人も)朝ごはんは
この3つさえあれば大丈夫だと思っています。

 

我が子達が通う保育園は
自然の中で体をめいっぱい使った遊びや活動を
大事にしてくれています。

 

なので、朝から元気に体を動かしても
お昼までエネルギー切れを起こさないように
お米をしっかり食べさせることを意識しています。

 

納豆はその日の気分で
シソや梅干し、じゃこや鰹節をなどを加えたりもしますが
卵と合わせたり、納豆オンリーの日もあります。

 

お味噌汁も前日の夜の残りだったり
その日の朝から作ったりと日によってまちまち。


ですが常に意識しているのは
みそ汁の具は3種類以上にすること。

 

そうすると納豆のトッピングとみそ汁の具だけでも
それなりの種類の野菜類を摂取できるので
おかずなしでも栄養バランスはとれると思っています。

 

平日は固定メニューで、休日は楽しむ

平日の朝食は
いつでもこの3つが食卓に並びます。

親にとっては朝食の用意がラクになるし
子どもにとってもルーティーンを守ることで
毎日の生活リズムがつきやすくなります。

そして保育園がお休みの週末は
子どもたちと一緒にホットケーキを焼いて食べたりして
休日の朝ならではの楽しみを満喫しています。

 

子どもたちは平日の朝ごはんも大好きですが
休日のホットケーキには特別感を感じるらしく、
毎週末楽しみにしてくれていますよ♪

 

ミニマルな子育ては子にも親にも優しい

我が家はモノを持ちすぎない
ミニマルな暮らしを好んでいますが
子育てに関しても、そのエッセンスを取り入れています。

 

ミニマル子育て」という本を読んで
改めて感じたことですが

今の世の中には、モノや情報があふれていて
大人ですら自分にとって本当に必要なものを
選び取るのが難しい時代です。

 

そんな中で、
大人以上に判断力の育っていない子どもに
多すぎる選択肢を与えるよりも。

 

選択肢を減らして一定のリズムを作ってあげることの方が
子どもが子どもらしく毎日を健やかに過ごすために
とても大切なことなのではないか。

 

そんな風に思っています。

 

そしてそんなミニマルな子育ては
親にとっても「あれもこれもしないと」という
やらねば呪縛から開放してくれるものでもあります。

 

子どもにも親にも優しいミニマル子育て、
これからもゆるゆると楽しんでいきたいです。

★ミニマルな暮らしと子育てのヒント満載(ブログ村テーマ)
ミニマムライフ 

子どものいる暮らし。 

+++ 心地よい暮らし +++

ミニマリストな生活 & シンプルライフ 

シンプルで豊かな暮らし 

笑顔になれる子育て