実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

【シンプルライフの仕組み術】「献立の自動化」で家事のストレスから開放された3つの理由。

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。

 

在宅で仕事をしながら毎日の主な家事も担当しているわたしですが、その中で苦手意識を感じているのは「夕飯作り」。

 

今日は、そんな夕飯作りのある工程を「自動化」することで、毎日のプチストレスが解消出来た話について書きます。

 

【目次】

「献立の自動化」で、考えなくても済む仕組みを作る

f:id:ookiminori:20170830101217j:plain

「夕飯を作る」というタスクの中には、以下の3つのプロセスが含まれています。

  • 献立を考える
  • 食材の買い出し
  • キッチンでご飯を作る

 

ご飯を作っている時間自体はオーディオブックなどを聴きながらのインプットも兼ねているので、全く負担には思わないのですが…

 

わたしにとって特にネックに感じるのは、忙しい平日に食材を買い出しに行くことと、毎日の献立を考えること。

 

毎日仕事をしていても、合間合間に「今日のご飯は何にしよう…食材が足りなかったら買い物にもいかないと…」

なんてことを考えているのですが、実はこれが毎回小さなストレスになっていました。

 

そこで、先週末に実験的に試してみたのが、「平日のメイン献立を先に決めてしまう」という方法。

 

以前からわたしは平日のご飯作りの時間を短縮するために、週末におかずの作り置きをしています。

共働き主婦の悩めるご飯作りに。週末の「つくおき」で自分時間が作れます。

 

今までは週末含めて3日分くらいのメイン料理とサブ料理のつくおきをして、残りの曜日は当日に献立を考えて、必要であれば買い物に行っていたのですが…

 

先週末は食材をいつもより多めに購入し、自宅に残っている食材もフルに活用して、日曜日から金曜日までの夕食のメイン献立を事前に組み立てることに挑戦。

 

この「献立の自動化」がわたしにとっては思った以上に良くて、毎日苦手なことを考えるというプチストレスから一気に開放されました!

 

「献立の自動化」で、苦手な家事ストレスから開放された3つの理由

f:id:ookiminori:20170830101252j:plain

本日の夕飯メニューは「ネギだれ豚しゃぶサラダ(メイン)」と「ナスのピリ辛炒め(サブ)」。
朝のうちに作っておくと夕方の時間に余裕が出来るので、より楽ちんです♪

 

毎日のメインの献立だけでも自動化してしまうことで、わたしがストレスフリーになれた理由はこの3つ。

 

  1. 仕事の合間に献立を考える必要がなくなった
  2. 献立決めに頭を使わなくて良いので、仕事により集中出来るように
  3. 平日に買い物に行く必要がなくなり、無駄な時間とお金を消費しなくなった

 

週末に10分ほど使って献立を考えて、作った買い物リストを元に食材を買い出ししておくだけで、平日の家事と自分自身の頭の中にこんなに余裕が出来るとは!

しかも平日に買い物に行く手間や出費まで減り、いろんな無駄をなくして暮らしをシンプルにすることが出来ました♪

 

スーパー主婦にとっては常識かもしれないとても簡単な仕組みですが、元々料理について考えることが得意でないわたしにとっては、即効性のある効果的な方法でした。

 

まとめ

わたしのように、毎日の献立決めに悩んでいるあなたにこそオススメしたい、「献立の自動化」。

 

週末に少しだけ時間を作って自動化の仕組みを作ることで、平日の忙しいあなたの家事と頭の中がグッとシンプルに、楽になりますよ。

 

わたしは今週末も「つくおき」レシピをベースに、翌週の献立を自動化しようと思います。

共働き主婦の悩めるご飯作りに。週末の「つくおき」で自分時間が作れます。

 

時には便利な宅配サービスも上手に活用していきたいですね♪

毎日の料理がラクになるだけじゃない!献立のマンネリも解消できる「KitOisixおためしセット」が便利でした。