実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

わたしと夫は「正反対の相手」!? マヤ暦診断を受けて、わが家の夫婦関係が続いている理由について考えてみた。

早起き&朝活研究家のみのりです。

 

先日、ブロガー仲間でマヤ暦インストラクターでもある星野きいろさんに、わたしとわたしの家族に関するマヤ暦診断をしていただきました。

 

とても細かいところまで診断をしていただいたのですが、その中でも特にわたしと夫の夫婦関係において、びっくりするような気づきがありました。

 

今日はそこから考えた我が家のパートナーシップについて書きます。

 

【目次】

「マヤ暦(ツォルキン歴)」とは?

マヤ文明遺跡
まず最初に、わたしがきいろさんに診断して頂いた「マヤ暦(ツォルキン歴)」について簡単に説明をします。

 

マヤ暦とは、マヤ文明で有名なマヤ人が使っていた暦のこと。

 

その暦は10数種類あるとのことですが、今回マヤ暦診断をしてくださったきいろさんが使われているのは「ツォルキン暦(神聖暦)」というものだそうです。

ツォルキン暦は1サイクルが260日の暦で、1日1日に固有のエネルギーが流れています。日にちは「KIN(キン)」という番号で表され、KIN1~260まであります。

 

生まれた日のエネルギーはその人の特性や能力を表し、本来の自分を表すもの。そのエネルギーを知ることで、本来の自分を取り戻したり、役割や使命・方向性を知ることができます。

引用:きいろさんのマヤ暦ブログ「 毎日ごきげんwithマヤ暦」より

現在わたし達が使っている、1年が365日のグレゴリオ暦と違って、ツォルキン暦は260日で1サイクル。

 

1日をKIN(キン)番号という1~260の数字で表し、以下の3つの要素の組み合わせから成るそうです。

  • 太陽の紋章=顕在意識(表面に表れやすい)
  • ウェイブスペル(WS)=潜在意識(根底にあり見えにくい)
  • 音=その人の能力

 

わたしのKIN番号と生まれ持った性質

きいろさんの診断によると、1981年9月10日生まれの私のKIN番号は

【KIN230】

白い犬(太陽の紋章)

白い風(ウェイブスペル)

音9(音)

 

これはどんな性質を持った人間なのかということを、きいろさんに教えて頂きました。

正直で人間的な温かさがあるタイプ。

繊細な感性を持ち、何かを伝えるメッセンジャー的な役割も。

人を元気づけ、勇気や希望を与える側に立つのがおすすめです。
同じKINの有名人:野島伸司(脚本家)、ジェームズ・キャメロン(映画監督)

 
全体的に見ても、なるほどなーと思う内容ばかり。

 

特にわたしにとって「伝える」ということは、自分自身が一番情熱を注いでワクワクできることだと日頃から感じています。

 

なので、「メッセンジャー的な役割を持つ」と書かれていたことには心から納得しました。

 

さらになんと、「白い犬」というのは早起きが得意な紋章なのだそう!

 

きいろさんからも「朝活はみのりさんにぴったりですね」というお言葉をいただき、早起きの変態を自称している身としては、嬉しい限りでした(笑)

 

マヤ暦から見る、夫とわたしの関係性は「絶対反対KIN」

f:id:ookiminori:20180206194410j:plain

今回の診断では、わたしと夫や子どもとの関係性についても教えて頂くことに。

 

その中でも特に面白かったのが、わたしと夫との関係性についてでした。

 

わたしと夫の関係は、マヤ暦的に言うと「絶対反対KIN」という、260分の1の確率でしか巡り合うことのない「特別な出会い」と言われているものなのだそうです。

 

絶対反対KINとは具体的にどのような関係なのかと言うと…

最高の学びの相手。

地球の真裏に立っているような人で、自分が見えない景色を教えてくれます。260分の1というスペシャルな関係です!

とのこと。

 

自分とは全く違う存在なので、他の人よりも理解することが難しい(だからこそ学びが多い)場合が多いのだそうです。

 

診断をしてくださったきいろさんご自身も、わたしと夫のこのめずらしい関係性にとても驚かれたらしく…

 

「毎日が学びの連続なのではないでしょうか?」とコメントをいただきました。

 

さっそくその日仕事から帰ってきた夫に、この「マヤ暦から見るわたしと夫の特別な関係性」について話してみることに。

 

すると話を聞いていた夫のテンションはみるみるうちに上がっていき…

 

最終的には「ほら!やっぱりそういう運命だよね~!」と、「特別」という言葉に反応してとても喜んでいる様子でした…(笑)

 

正反対の相手なのに、パートナーシップを続けられる理由は・・・

改めて考えてみると、確かにわたしと夫は似ているところがほとんどありません。

 

趣味嗜好はもちろん、それぞれが持っている資質や能力も正反対というしかなく…

 

正反対なだけに、それぞれの主張に妥協点を見つけるのがなかなか難しく、毎日の暮らしの中でお互いに理不尽な思いをすることも頻繁にあります。

 

それでもわたしと夫が結婚してから6年以上、(日々ぶつかりあいながらも)楽しくパートナーシップを続けていられるのはどうしてだろう?

 

そう改めてて考えてみた時に気づいたのは、
「正反対だからこそ、自分が持っていない部分をリスペクトしあえているから」ではないかなぁと思いました。

 

常識や価値観を越えたところで、 私を信頼してくれるパートナー

f:id:ookiminori:20180206194517j:plain

暮らしの小さなことでさえ、それぞれの持つ価値観が正反対すぎる二人なので、普通に一緒に暮らしているとそれはもうストレスフルな毎日になっているでしょう。

 

それでも一緒にいられるのは、お互いにとって足りない部分を相手が補ってくれていることを分かっていて、それに関して絶対的に尊敬し、信頼できているからなのかな、と思います。

 

色んな面で正反対のわたしと夫ですが、たとえば性格の1つでいうとこんな違いがあります。

わたし:ちょう大ざっぱ

夫:ちょう細かい

なので日々の暮らしの中での家事やその他のルールに関しては、性質的に細かく何にでも実用性を求める夫に主導権を握ってもらうとスムーズに進みます。

 

反対に、将来的な家族のライフスタイルや生き方については、夫はわたしが描いている「もっと自由に、家族で楽しんで暮らしたい!」というビジョンを尊重してくれてます。

 

家事育児においては今でも夫婦で協力して行っていますが、近い将来的にはわたしをさらにサポートできるようにと、夫は日々の実践を通して家事や育児のスキルアップを図ってくれているのです。

 

わたしが今、好きなことやワクワクすることに毎日取り組めていること。

 

それは夫が世間の常識や価値観を超えたところで、わたしのことを(もしかするとわたし以上に)信頼してくれているからに他なりません。

 

そんな夫がいるからこそ、私はいつもできるだけ自分に素直に生きていくことができている。

 

そしてお互いのルールの違いも受け入れて認めあうことで(これが正直なかなか難しいのですが…汗)、人としての器を広げる学びを日々の暮らしの中で得ることができる。


そう思うと、マヤ暦的に「地球の真裏に立っているような相手」と言われるほど真反対の性質を持つ相手である夫というパートナーを奇跡的に得たこと。

 

それはわたしにとって、今までの人生の中で受け取ってきた数多くのギフトの中でも、特に大きなものなのではないかなぁと感じたのでした。

 

終わりに

実は1月半ばから2月のバレンタインデーにかけてはわたしの中で、夫婦関係について意識して考える「パートナー月間」という密かなテーマを定めています。

 

仲間と一緒に毎日実践している「らぶぎぶイベント」を通して、夫がいてくれることのありがたみをより実感できるようになりました。

感謝の気持ちをエネルギーに変換。「#らぶぎぶ2018」を通して感じた変化とは。

 

そして今回きいろさんから頂いた、マヤ暦を通しての我が家のパートナーシップについての気づき。

 

周りの人達からの思いがけないプレゼントによって、自分にとっての夫婦関係の大切さを改めて実感することができています。

 

とはいつつも、自分の真逆を突き進む夫の言動にいちいち反応してカリカリしてしまうことも多い、まだまだ器の小さいわたしなのですが…(笑)

(そういう面では夫のほうが圧倒的に器が大きいなぁと、改めて尊敬!)

 

これからも夫とのパートナーシップを通して、 より多くの学びを得ていきたいなと思います。

 

今回マヤ暦診断を通して、わたしににとても大きな気づきを与えてくださったきいろさんのマヤ暦ブログはこちらです。

一般読者の方へのマヤ暦診断サービスの開始については今のところはまだ未定とのことですが、こちらのブログではマヤ暦的な観点から見た毎日の過ごし方のポイントが分かりやすく解説されています。

 
ちなみに「自分のマヤ暦におけるKIN番号を知りたい!」という方は、こちらのサイトで簡単な無料診断をうけることが出来ますよ。

【無料】あなたの生年月日から誕生日占い | マヤ暦 神聖暦ツォルキン

 

また、きいろさんはシンプルライフについてもブログで発信をされています。

暮らしをラクに楽しくするための、家事や片づけの工夫などがたくさん詰まっているこちらのブログも、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね♪