読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

どれだけ本を読んだとしても、行動しなければ現実は1ミリも変わらない。

スポンサーリンク

シン…と静まった早朝の部屋の中で、
大好きな本をめくりながら、
止まらない好奇心を満たしていく。

 

わたしにとって毎朝欠かせない
とても大切なひとり時間です。

 

以前は本を読むだけで満足してしまい
自分の成長へと繋げる行動をしないまま
ただの娯楽となってしまっていた読書。


最近はそんな本に対する姿勢を見直して
本から得た学びを自分の暮らしの中に
実践として落としみたい、と強く思うように。

 

そのために、こんなことをしています。

 

【目次】

 

すぐにやることをフセンに書き出す

f:id:ookiminori:20170108080519j:plain

わたしは本を読んでいて
「これ大事だなぁ」と思った部分には
付箋で印をつけて後で読書メモを作ります。

それだけでなく、読んでいる途中で
「これやってみよう」と思ったら
机の上に常備している大きめのフセンにその場でメモ。

 

これを毎日使っている「逆算手帳」の
逆算ウィークリー・バーチカル 週間シート
貼り付けて、週間のスケジュールに入れ込み
とにかく実行することにしています。

書くことで「なりたい自分」を叶えよう。2017年の手帳は「逆算手帳」に決めました。

 

ハウツーだけでなく著者の「好き」に触れてみる

読書しながら「やることリスト」を作るときに
特に大事にしていること。


それは、本の中に書いてある具体的なハウツーだけでなく


著者が本の中で何気なく語る「好きな人、モノ、コト」などの中で
私自身が今まで意識していなかったこと。

 

それについても、すぐにできそうなものから
「やることリスト」に追加して、試してみること。

 

そうすることで、自分の視野が広がって
より自分にとってタイムリーな気づきや情報に出会える。
そんな経験がこれまでに何度もありました。

ちなみに、上の写真の「やることリスト」の元になった本はこちら。

最近はお金に関する学びを深めたくて
色んな視点からの「お金本」を読んでいます。

 

この本はわたしが最近意識して取り組んでいる
「感謝してお金を使う」ということについて
より新しく深い視点から気づきをくれるものでした。

 

井内さんのように、豊かさや自由も感じながら
お金に愛される人間になれるように。


「お金に関してやること」だけでなく
この方の「好き」のエッセンスも取り入れてみて
そこから自分が何を感じるのか。

 

そしてそのことが
どんな新しい気づきに繋がるのか、
じっくりと見つめていきたいです。

おわりに

先日の記事で、
「行動して続けさえすれば暮らしは変わる」と書きました。

暮らしを変えるきっかけは、小さくても、どこからでもいい。大事なのはこれだけ。


逆に言えば、
本やブログでどれだけワクワクする気づきを得たとしても
行動しなければ現実は1ミリも変わらない。

 

本を読んだだけで自分が変わった気になっていた、
そんな過去の反省を生かして。


これからも「行動」を起こすための第一歩を
常に意識しながら学び続けたいです。