読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

車1台を手放して半年。37万円の節約以外にも、大きなメリットがありました。

ミニマルライフ ミニマルライフ-モノを減らして満たされる
スポンサーリンク

以前は夫とわたしで
車を1台ずつ所有していた我が家。

 

以前勤めていた仕事で必要だったことや
田舎暮らしにはないと不便なことが2台持ちの理由でしたが
今年の3月にわたしの車を手放しました。

 

車1台の暮らしになって、はや半年が経ちましたが
思った以上に快適に過ごせています。

車が1台になったことで、柔軟性が身についた

車

現在はわたしは在宅で仕事をしていて、
夫も仕事では車を必要としていないので
基本的には車が1台あれば問題なく生活できています。

 

それでもたま~に
夫婦がそれぞれ車を使わなければならない用事もあり。

 

そんな時は、お互い事前に報告しあって
車を使う日や、乗る時間帯を譲り合っています。

 

夫婦のどちらかが車を必要としているなら
もう一方は徒歩か、もしくは予定を変更すればいい。


1人1台使っていた車をシェアするようになったことで

そういうおおらかさや柔軟性が
お互いに身についてきた気がします。

 

いざという時の選択肢が増えた

車を手放してからのこの半年はそんな感じで
大きなストレスを感じることなく過ごしてきました。

 

でもつい先日、
夫が仕事の都合で丸1日車を使わなければならなくなり。

 

子ども達の送り迎えなど
毎日の生活に車1台は必須なので
どうしよう、と思ったのですが…。

片道1時間の距離に住むわたしの実家の両親が
ちょうど旅行に出かけるとのことで
母の車を快く貸してくれることになりました。

 

今まではどちらかというと
家庭の問題はできるだけ夫婦で解決すべき
と思っていたわたしと夫。

 

今回の件で、周りの人に感謝しつつ
頼るのも悪くないなぁと思えたのでした。

でももし実家から車を借りれなかったとしても
タクシーを使うという選択肢も用意していたので
きっと問題はありませんでしたよ^  ^

 

手放すことで身についた「暮らし力」

2台あったときは何も考えず使っていた車。


それが1台になったことで
行動への柔軟性が身につき、
いざという時に考える選択肢が増えた。

 

毎日の生活を心地よく過ごすためのスキルや考え方、
いわば「暮らし力」が、わたしも夫も
この半年間で大きくアップしたことを実感しています。

 

車を手放したことで
車検代、保険、自動車税、ガソリン代など合わせて
年間37万円の節約
になりました。


でも夫婦の「暮らし力」が高まったことは

それと同じくらい大きな収穫でした。

モノがあるときには見えないことが
手放すことで見えてきたりする。

 

その過程を楽しみながら
これからもモノと向き合っていきたいと思います^  ^