読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

【服の断捨離】着るつもりで残していてもなぜか着ない服、それは「不要品」。

スポンサーリンク

先日、実家の断捨離(第2弾)にいってきました。

 

長年かけてためこんだ母の服と

一日かけて格闘する中で

わたし自身が持っている服についても思うところがあり。

 

自宅にもどった後

自分のクローゼットの中を見直してみたのでした。 

 

【目次】

厳選して残したはずなのに、着ない服がある

実はちょうど1ヶ月前に、服の断捨離をしていました。

服を減らしておしゃれになりたい。わたしが7着の服を断捨離した3つの理由。

 

残った服は自分に似合う&好きな服ばかり。

…のはずでしたが。

 

実家の断捨離にて

もう何年も着ていない服なのに、なかなか手放せない

母の様子を見ていてハッとしました。

 

厳選して残したはずのわたしの服の中でも

いちども袖を通していないものがあるな、と。

 

よくよく思い返してみると 

ここ1ヶ月でわたしが繰り返し着ている服は

トップスでいえば全部で10着以上ある中の半分以下だったのです。

 

着ない服には、それなりの理由がある

とりあえず、クローゼットの中から

1ヶ月間いちども着ていない服を取り出してみました。

f:id:ookiminori:20160614125946j:image

トップス3着と、ボトムス3着。合計6着です。

 

自分が好きで、かつ似合う服だけを残したつもり。

それでも着なかったのは何故だろうと考えてみると…

 

  • 色が派手でなんとなく落ち着かない
  • エリが大きく開きすぎて、着ると胸元が心配になる
  • やっぱり流行にあっていない

などなど

今まで無意識的に着るのを避けてきた理由が

ちゃんとあったのでした。

 

いま着ない服は、不要品

これは最近読んで刺激を受けたお片づけマンガ

マンガでわかる!片づけ+収納術にも書いてあったことですが

 

人はみんな、持っているワードローブの中から

目についたり手に取りやすい洋服を無意識に選んでる。

 

だからそれ以外の

いま着ていない服は、不要品。

なんですよね。

 

そのことを改めて実感しつつ

無意識的に着るのを避けていた、6着の服を手放しました。

 

おかげで夏物をかけているクローゼットには

かなり余裕が…。

 

服は少数精鋭のまま、アップデートする

f:id:ookiminori:20160614124819j:image

過去最少となったワードローブをながめて

不安どころか快感を覚えつつあるわたしです 笑

   

ひとまずこれをベースとして

夏までに最低限必要な枚数だけ、新しい服を買い足そうかと。

 

そしてそれを今ある服と入れ替えて

ワードローブは少数精鋭のままで

よりときめく服へとアップデートしていきたいです。

 

まとめ

  • 厳選して残していても着ない服には、それなりの理由がある。
  • 無意識的に着るのを避けている服は、不要品。   

 

【関連記事】

迷ったら「もしもこれを持っていなかったら、今からお金を出して買うだろうか?」と考えてみる。

【少ない服でオシャレになる】自分に似合う服は、前シーズンに活躍した服が教えてくれる。