読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

【実家の着物を買取】リアルな査定結果から学んだ、賢い着物買取のコツ。~実録・実家の断捨離⑲

断捨離・片付け 断捨離・片付け-実家の断捨離 断捨離・片付け-要らないモノは賢く手放す
スポンサーリンク

先月の実家の断捨離の際に
母が手放すことにした着物類。

 

母の着物を断捨離したら、親孝行の新たな目標が見つかりました。~実録・実家の断捨離⑰ 

 

そのまま捨ててしまうよりは、と
着物の宅配買取に査定依頼をしてみることにしました。

 

その経験からわたしが学んだことを
今日はお伝えしたいと思います。

35年以上前の着物を買取査定

f:id:ookiminori:20161218094552j:plain

今回買取に出したのは、
私の母が35年前に嫁入する際に作った着物類と
数年前に亡くなった祖母が残していた40年以上前の着物類。

 

着物や浴衣、反物、ショールなど
あわせて50点を着物買取のヤマトク を利用して
無料宅配買取してもらいました。

 

ヤマトクに査定を依頼した理由は2つ。

  • ネット広告でよく見かけていた
  • 出張査定がメインの「着物買取」の中で、気軽に宅配査定ができた

 

申し込みフォームに必要事項を入力して送信すると
着物用の段ボールキットを無料で送ってくれ、
詰めた着物を無料で集荷してくれました。

 

覚悟はしていたけど、やはり残念な結果に…

着物をヤマトクさんに送ってからしばらくして、
査定結果がメールで届きました。

 

古い着物ばかりなので
ほとんど値はつかないだろうということは
母もわたしも覚悟していましたが…。

 

メールの本文に書いてあったのは

「今回送っていただいたお品は、
素材や状態などから、
お値段をお付けする事ができませんでした。

との文面。

 

値段がつかない…。

 

そうだろうと頭の中では分かってはいたものの
母にとっては思い出の着物もあっただっただけに
正直すこしショックだったようです。

 

こちらで返却送料を負担するのなら
査定をキャンセル出来るとのことでしたが
お金を出して家に戻ってきたところで
これからその着物たちを活用できるわけではない。

そう考えると、
タンスの中に死蔵品として眠らせておくよりも
着物のプロに引き取ってもらい循環させたほうがいい。


母もすぐにそう納得したようで、
引取手続きを完了させました。

 

どんな着物だったら値段がつくのか

とはいえ、そのまま「はい」と
返事をして引き取ってもらうのもなんなので

「どんな着物だったら買取可になったのか」
ヤマトクさんにメールで質問してみました。

 

すぐに戻ってきた回答は、

  • 正絹(絹100%)のお品
  • 比較的新しいお品
  • お色、柄行きの素晴らしいお品

着物の状態にもよるので確実とはいえないけれど、
この3点が揃っているものは、比較的値段がつきやすい、
とのことでした。

 

今回査定に出した着物は
母によると正絹のものも多かったそうですが
一番の問題はやはり、古い着物だったことだと思います。

古い着物は母のように親世代の家に溢れているので
需要と供給の関係で
よほど価値ある品でないと値段はつかない
ということを改めて感じたのでした。

 

着物や毛皮などの古物は出張査定がアリかも

f:id:ookiminori:20161121152502j:plain

今回は宅配買取で査定をしてもらいましたが、
残念ながらお値段つかず。


それでも質問への迅速な回答をしていただいたこともあり
母も納得した上で着物を手放すことができました。

ですが、この経験から学んだのは
実家によくあるこういった着物や毛皮、切手など
古物の買取については
出張査定に来てもらうのも1つの手かなと、いうこと。

 

実は着物とは別に、少し前に
母が親戚からもらって持て余していた古い毛皮を
「スピード買取.jp」というところで
出張査定をお願いしたのです。


出張査定というと、押しの強そうな人が来て
買い叩かれたり…なんてことを想像していましたが
拍子抜けするほどそんなことはなく。


玄関先でスピーディに査定をしてくれた上に

「ご納得頂けなければ
もちろんお断り頂いて大丈夫ですよ~」

 

と向こうの方から言って下さったので、
価格が気に入らなければ気軽に断れるんだな、
と、とても安心したのでした。

 

【詳しい体験レポートはこちら】
【実家の断捨離】着物や毛皮の買取に。「スピード買取.jp」に査定依頼した体験談をレポートします。 

 

我が家は今回、宅配買取で着物を手放しましたが
「スピード買取.JP」さんは着物の買取もされているので


こちらにまず出張査定してもらっても
良かったかもしれないと思ったのでした。

 

出張査定だったとしても
同じくお値段がつかなかったかもしれませんが

引き取ってもらうにしろキャンセルするにしろ
対面で査定して説明を受けたほうが
納得度はより上がるのだろうなぁと。

 

なので、
これから古い着物類などの断捨離を検討される方は
査定にもキャンセルにもお金のかからない出張買取に
まずは依頼してみる

というのも1つの手だと思います。

 
「スピード買取.jp」について詳しくはこちらから
スピード買取.jp[着物買取]

 

まとめ

  • 古い着物の買取は、値段がつかないのを覚悟の上で。
  • 査定依頼もキャンセルも無料の出張買取に、一度問い合わせしてみるのもあり。

 

「着物は高価なもの」と思っている
親世代の方は多いと思います。

だからこそ、
簡単には手放せないというのもよく分かります。

 

もちろん品物によっては高値がつくこともありますし
我が家のようにそうではなかったとしても。

持っていても活用できないものを
この先何十年も場所を使って眠らせておくよりも


スッキリと循環させて
新たな空気を家に呼び込んだほうが

暮らしは断然ラクに、軽やかになる。

 

そのことを
わたしは実家や自分自身の家の断捨離を通して学んできました。

暮らしを見つめ直すために
古いものの断捨離を進めていきたいと思う方に
わたしと母の体験談が参考になれば嬉しいです^  ^