実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

「記号」ひとつでゴキゲンな自分になれる、手帳の使い方を教えます。

スポンサーリンク

わたしが2017年の手帳として選んだ、
逆算手帳。

 

すでに2016年の今から活用中です。

 

今日は、最近改めてその効果を感じた
「手帳を使ってゴキゲンな自分になる方法」
について紹介しますね。

 

【目次】

「月間ガントチャート」で心の満足度UP

f:id:ookiminori:20161203051752j:plain

2017年の手帳として選んだ、逆算手帳。

 

この手帳には、月間ガントチャートという
今年の10月から書き込めるプランニング表があります。

 

わたしはこれを、今実践している
ゆる糖質制限ダイエットや、
毎日の仕事の進捗確認のために使っていますが

 

このガントチャートを使うようになったことで
同じような毎日でも、
自分の心の満足度が大きく変わることに気づきました。

 

「◯」が増えるたびにゴキゲンな気分になる

f:id:ookiminori:20161203051815j:plain

月間ガントチャートの左端に
自分が毎日の習慣にしたいことを書いておき、 
出来たかそうでないかを◯でチェックしていきます。
(記号の書き方に雑な性格が表れてますね…汗)

 

この写真の一番上3つは
「糖質制限(炭水化物を食べない)」の欄なのですが
制限できたときは「◯」を、糖質を食べたときは「/」を記入。

 

糖質制限は1日2回と決めているので、
1日のうち、◯が2つつけば
頑張ったなぁと自分を褒めてあげることができます。

 

これを2週間ほど続けてみて思ったのですが
◯印が増えていくのを目にするだけで
なんだか気分が良くなってくるんですよね。

 

やっぱり自分が前に進んでいるという実感が
カタチとして見えると、嬉しいんです。 

 

出来たときに◯と書くのも気持ちいいから
自然と習慣化したいことも続けられるんですね。

 

「×」はつけない

「◯」印の効果を大きく実感しているわたしは
「◯」がつかない欄でも「×」印はつけません。

手帳に「◯」が増えると
自分に自信がついてくるのと同じように

 

手帳に「×」が増えると、
出来ていない自分に目を向けてしまうから。

 

振り返りと反省はとても大事だけど
必要以上に「出来ていない自分」を感じてしまうと
前に進むやる気がしぼんでいく傾向がわたしにはあるのです。

だから、使う記号は◯か、/、たまに△。

 

これだと◯以外の記号でも
フラットな目で進み具合を確認して、
翌日以降の行動に繋げることができます。

 

「視覚」が思考にあたえる影響を自覚しよう

まとめると、手帳を使って
記号の使い方1つでゴキゲンな自分になる方法
以下の2つです。

 

  1. やりたいことを実行できたら「◯」を書く
  2. できなかった時に「×」は使わない

 

え、そんな簡単な方法で!?
と思われるかもしれませんが

 

無意識に視覚から受け取っている情報は
人が思っている以上にその人の思考に影響を与える。

 

そういうことを、
わたしは過去の経験からも実感しています。

 

だから、毎日ゴキゲンな自分で過ごしたければ
まずは無意識に目にするものから変えてみる。

 

そうやって一日いちにちを
より楽しいものにしていけたら良いなと思っています。

 

これは必ずしも手帳でなくても
カレンダーもしくは紙とペンさえあれば始められるので
ぜひあなたも記号の力、感じてみて下さいね^  ^

 

逆算手帳についてはこちらの記事もどうぞ。

書くことで「なりたい自分」を叶えよう。2017年の手帳は「逆算手帳」に決めました。 

【夢を実現する逆算手帳】手帳とノートをまとめて持ち歩けるノートカバーを購入しました。 

【夢を実現する逆算手帳】ライフビジョンを描いたら、人生で一番大切にしたいことが見えてきました。 

 

2018年度版の逆算手帳はこちらから