実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

マイナスの出来事をプラスに変える方法。感情との向き合い方で未来は変わる。

スポンサーリンク

わたしが住んでいる地域で
参加しているコミュニティの
運営側が販売しているカレンダー。

 

すでに1部は購入すると決めたけど
資金集めと活動を広めるためにもう1部購入してと。

 

活動自体は良いものだと思っているし、
去年は2つ購入したけれど、
結局よそには配ることなく持て余したこともあり。

 

今年は1部で十分ですと伝えると、
思わぬ答えが帰ってきた。

 

【目次】

 

「他の人も買ってるのに…」

f:id:ookiminori:20161212150303j:plain

2つ目のカレンダーは買わないと言ったわたしに
その人はこう言った。

 

他の人達も2つ買ってるよ。

買わなくてもいいけど、自分が次に販促係になって売るときに、
「あなたは前回1つしか買ってないでしょ」
って言われてもいいんだね?

 

ありえないことだけど
そう言われて2部購入したわたしが
別の人に同じことを言ってる姿が目に浮かんで、
ゾッとして。

 

なおさら「買います」なんて言えずに断った。

 

湧いてきた感情と、じっくり向き合ってみる

たまーにあるこういう話。

今までなら、嫌な目に会ったなぁと思って
夫にひとしきり愚痴って終わり、だったと思う。

 

でも今回は、
その人とのやりとりで感じたモヤモヤを
愚痴と一緒に丸めてゴミ箱にポイする前に。

 

PCを立ち上げて、
起こった事実を文章に書き起こしながら
何がそんなに嫌だと感じたのか、
自分の感情をじっくりと眺めてみた。

 

「甘え」を感じる押し付けが嫌だった

良いものを宣伝したい気持ちは分かるし、
それがコミュニティの活動費に繋がるというのもよく分かる。

 

わたしも出来る限り力になれたらと思うけど
「みんなこれだけやっているのに」
という態度でこられるのが、わたしは嫌だったのだ。

 

わたしにとって、お金は貴重な資源。

それを投資するのなら、
自分が納得がいくものに、納得いく分だけ使いたい。

 

なにより、
「みんな頑張っているんだからあなたも頑張って」
という連帯責任を押し付けるような態度は
その活動の輝き自体を曇らせてしまうような気がする。

  

本当にそのカレンダーを使って
活動を広めつつ資金を得たいと思うのならば、
内輪の中だけで消費させようと思わずに
1部買ってくれる人を新たに増やす施策を考えたほうがいい。

 

もしくは2部以上購入する人にとって
連帯責任以外のベネフィット(得られる利益)を
明確に打ち出すべき。

 

それを考えもようともしないで
コミュニティに属している人間の中だけで
責任を押し付け合って結果を出そうというのは
単なる甘えなんじゃないか。

 

「甘え」はわたしの中にもあった

f:id:ookiminori:20161213135805j:image

そこまで考えが行き当たった瞬間に
これはそのままわたし自身にも当てはまる
という事実に、はたと気がついた。

 

きっとわたしも、環境や相手は違えど
同じように甘えた態度でいたことがあった。

 

私だって、みんなだってやってるのに
なぜあの人は同じことをやらないの?と

 

たとえ口や表情には出さずとも心の中で
大なり小なりそんな風に思った過去があることを
否定できない。

 

だから、あの人のことを一方的に悪くはいえないのだ。

 

今日のあの人の姿は、いつかのわたしの姿

「人の振り見て我が振り直せ」
とは、まさにこのこと。


ひとたびそれに気づくと、
その「振り」を見せたくれたあの人に、
イライラするどころか心から感謝したくなった。

 

これから先、わたしの中に
同じ種類の「甘え」が生まれそうになったとき
わたしはきっと今日のことを思い出して自戒するだろう。

 

でももしもこの出来事を
愚痴として吐き出しただけで終わらせていたら
わたしはこれからも折に触れて
「甘え」を発する人間のままだっただろう。

 

起きた出来事は自分自身の解釈次第で
天と地ほどにその後の未来に違いが出る。

 

面白いな、人生は。

もっともっと、怖れずに人や社会と触れ合って
たくさんの気づきを得たいと思う今日この頃。